中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

共感しすぎるのもツラいのよ

2017年03月28日 | 日記
会社帰りの電車の中で読み始めた小説が、始まりからかなり暗いお話で、読んでいるうちにどんどん気分が落ち込んできまして、困ったなぁ……なのであります。

小説の中の季節もちょうど今時分の春先で、そしてまた今日は夕方から冷たい雨が降りだしたりして、小説の舞台装置かと思うほど、どよんとした気分にはまりこんでしまいました。

昭和の終わりのバブル前夜の頃の大阪が舞台で、出てくる地名も全部知っている所で、読みながらいたたまれない気持ちになってきて、でも本を閉じることができない。

これはもう作者の思うつぼ、どっぷり共感してしまっている、ということなんでしょうね。
これは小説やで、作り話やで、嘘やで、ともうひとりの自分が懸命に囁きますが、わかっていてもズブズブにハマってしまう底無し沼のような小説の世界。

これは作者の技術によるものなのか、それともこの小説のような暗い闇の素地のようなものが私自身の中にあるからなのか、湯船の中で考えてみましたが、答えは出ませんでした。
きっと両方なのでしょう。

けれども、ただ技術だけで、想像だけで、ここまで書けるものなのか、それともそれができるからプロなのか。
考えてみますと、どうも技術だけでも想像だけでもないような気がするのです。

ある小説家の方が「小説は根も葉もある嘘」と仰っていました。
書いていることすべてが経験したことではないけれど、まったく経験したことのないことは書けないと思うのです。
まったくの事実ではないけれど、それに似た経験がきっと作者にはあるのでしょう。
そう思うと、主人公である作者自身が可哀想というか、愛しいというか、またもや共感の底無し沼に沈みこんでしまうのであります。

太宰治のような自分が生まれる遥か前の暗さとは違う、もしかしたら主人公と梅田ですれ違っていたかもしれない、と思う身に覚えのある暗さ。

まだ序盤ですが、ここまで疲労困憊してしまう小説は、久しぶりです。
この先、一条の光のような希望が差すのか、それともこのまま、さらに重く暗く終わるのか、どうしよう、疲れているのにやめられません。


コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

かわたれの花見をしてみたい

2017年03月27日 | 日記
かわたれは夜明け前のまだ薄暗い時間のことでありますが、そこに人がいてもはっきり見えずに誰だかわからない状態の「彼は誰」であります。

夜明け前の薄暗さが、だんだん明るくなってゆくさまは、それだけでも心震えるような瞬間だと思うのですが、そこに満開の桜があったら、それこそ一生に何度も見れるもんじゃないと思うのです。
場所は公園なんかじゃなくて、できれば山の中とか人工の造形物のあまりない所がいいなぁ。

けれど考えてみると、山の中の夜明け前にその場所に立つには、真っ暗な夜のうちに出発しないといけない訳で、それはちょっと怖いのです。
美しい夜明けの桜をみる前に、とんでもない怪異に出会してしまったりして。
それはそれで良いではないか、とも思うけれど、やっぱり怖い。

かわたれに対して夕方の薄暗い時間はたそがれ。「誰そ彼」であります。
語順が違うだけで、その時刻が変わる日本語って、すごく風情があると思います。

そしてやはり、黄昏時よりあけぼのの桜の方が美しいと思うのです。

どなたか私と、夜中出発のかわたれの花見にご一緒して下さるお方はおられませんかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅安先生の所へ行きたい

2017年03月26日 | 日記
暑さ寒さも彼岸まで、とは言うものの、なかなか暖かくなってくれない春先です。
身体もなんだか今一つ調子の出ない様子。
こんな時は、梅安先生(池波正太郎先生の小説「仕掛人・藤枝梅安」の主人公の鍼医者)の所へ行って、鍼を打ってもらえたらなぁと思います。
そんなスッキリしない週末でしたが、嬉しいことがふたつありました。

ひとつめは、22年ぶりの新横綱での優勝をきめた稀勢の里関。
実家で母と一緒にテレビを見ていましたが、昨日の一番のこともあり、まさか照ノ富士関を下して優勝決定戦に持ち込むとは、思いもしませんでした。
田子ノ浦部屋の大阪場所の宿舎が会社の近くで、幕内に入ってすぐの頃、近所の寿司屋で偶然お隣になって少しお話ししたことがあり、以来密かに応援していました。
今日の一番、そして優勝決定戦、見ていてじーんとしてしまいました。

ふたつめは、雨の中、咲いていた桜の花一輪。
家の周りには桜の樹が多いので、もうすぐ桜の花がもりもりと、青空を覆うことでしょう。
晴れた陽の光の中を舞う桜吹雪や、その下にできる花筵、水面に浮かぶ花筏。
そんな光景を想像すると、ちっとは体調も良くなりそうです。
楽しみがあるって、良いことですね。

雨の中の桜。
今年も咲いてくれてありがとう!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

身体の神秘

2017年03月25日 | 日記
午前中病院へ行き、問診と熱を計っただけで、大丈夫なのか一抹の不安はありますが、ノロウイルスではないでしょうとのことで一安心。

しかし身体ってスゴイなぁと思うのです。
何かヨクナイものが体内に入ったら、すぐにそれを外に出すべく反応して、守ってくれる。
食べない方が良いときは食欲が湧かず、休息が必要な時は眠くなるなど、絶妙に機能してくれている。
有難いですね。

念のため、実家と自宅に手指の消毒ジェルを置きました。
母の世話をして、介護施設に来週の入浴セットを持参したら、フラフラになってしまいました。

それでは少し早いですが、身体の声に従って休むことにします。
コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

何故なんだ

2017年03月24日 | 日記
一晩ぐっすりと眠って、喉の痛みもおさまり、今日は金曜日。
今日1日頑張れば、明日明後日はお休み。
やれ嬉しやと、なんとか1日働いて家路についたのですが、それまで何ともなかったのに、家に着くなりお腹の急降下。
特におかしなものも食べていませんし、どちらかといえば用心してお昼も温かいお蕎麦を食べたのです。
なのに腹痛も感じることなく、いきなりのゲイリー・クーパーというか、シャーリー・マクレーンというか。
トイレに駆け込み、事なきを得ましたが、家で良かった。
これが駅や外だったらと思うと、ゾッとします。
そして後からお腹がしくしく痛み出しました。
一体全体、どうなっているんだ。
明日は1日お粥さんだな。
「おかゆネコ」をもう一度読んで、レシピを選んでみようと思います。
尾蘢な話で大変失礼致しました。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加