中野笑理子のブログ

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

残念なお知らせ

2017年05月21日 | 日記
ブログ読者の皆様方

突然ではございますが、明日からしばしのお休みをいただきます。
再開は3日後になるか、1週間後になるか、1ヶ月後になるか、はたまたもっとかかるのか、わかりませんが必ず再開致します。
再開致しました折りには、また覗いていただけましたら嬉しく存じます。
いただいたコメントへのお返事も、当分の間は出来ないと思います。
自分自身とても残念なのですが、どうかよろしくお願い申し上げます。

中野笑理子拝
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

今日も今日とて靴下ちゃんと

2017年05月20日 | 日記
最近宵っぱりで、朝はなかなか会えない靴下ちゃん。
今日の猫おばさんはバタバタ忙しくて昼間も夕方もゆっくりマッサージをする時間もなく、「後でね~」という言葉をちゃんと覚えていたのか?
22時過ぎ帰ってくると、植木の中から飛び出してきました。
金カップかつおを食べた後、マッサージに目くその掃除にと小1時間。
堪能したのか、夜の見回りに出発しました。

ちゃんと覚えているわよ!
な、靴下ちゃん。
やっぱり猫は夜行性なのですね。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

半袖

2017年05月19日 | 日記
今日、今年初めての半袖を着て出勤しました。
朝の空気はまだ少し冷たくて、カーディガンを羽織ってでしたが、昼間は半袖が気持ち良かった。

二の腕が気持ち良いのと言ったから
5月19日は半袖記念日
(めちゃくちゃ字余り)

ナンノコッチャ!
コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

見返り美犬

2017年05月18日 | 日記
歩いているとマンションの入り口に犬の置物が置いてあった。
道路に背を向けたお座りの姿勢で、首だけをひねってこちらを見ている格好の置物。
ご丁寧にリードもついている。
なんであんな所に犬の置物が? と思いながら近づいて行くと耳がピクリと動いたのでビックリして見てみると、本物の犬だった。
しかし見返りの姿勢はそのまま、目玉だけをこっちに向けて淋しそうにこちらを見ている。
他人(犬)事ながら、首が痛くならないのかしらと心配になったが、通りすぎたあと振り向いて見ても、犬はそのままの姿勢だった。

一軒家の2階部分のベランダの柵が檻のようになっている家があり、そのベランダの左右に2匹の大型犬がいて、外を見ていた。
近づいてよく見ると、1匹は本物の犬だったが、もう1匹はシェパードの置物だった。

最初の見返りわんこは本人(犬)の意志でそうしていたのだろうけれど、後に見たベランダの犬の飼い主は一体どのような意図で愛犬と一緒にシェパードの置物なんかを置いているのか?
もしかしたら私の目がおかしくて、置物だと思ったシェパードも本物の犬だったのだろうか。
いや、あれはツルツルのピカピカで、どう見ても置物だったと思う。

今日は急いでいたので気になりながらも通り過ぎてしまったけれど、休みの日にでももう一度、真相を確かめに行きたいと思う。
もし全部置物だったら、私は怪異を見てしまったのかもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

全国漫遊の旅

2017年05月17日 | 日記
朝刊の読者の発言コーナーに載っていた84歳男性の方の投稿。
タイトルは「カード1枚で全国漫遊」。
テレビを見てごろ寝していると息子夫婦に国内旅行を勧められたとあり、杖にも頼らず一人歩きが出来るので、ご夫婦で人生最後の全国漫遊の旅に出ることにしたとのこと。
驚くべきことにそのプランは47都道府県を1県1週間滞在する329日間の長旅で、旅装束も普段着で汚れると捨て、手荷物は一切持たず懐中に郵便局のキャッシュカード1枚忍ばせるだけの身軽旅。
ゴールデンウィークに旅立ち、師走半ばに帰宅できる予定だそう。

なんとお元気な!
眠気まなこで読んでいた目が思わずパッチリ開いて、ある種感動に近い思いをしたのでありました。
旅を勧めた息子さんご夫婦もすごいと思うけれど、勧められてこんな長旅に出ようと思い立つこのご夫婦もまたすごいと思う。
旅先で珍品を見つけると宅配便で家族や友人に送り、旅先の宿も素泊まりにすると経費節減で予定を上回る長旅ができるとも書いてあり、最後は「二度とない人生だから歩けるうちは旅を続ける」と結ばれている。

高齢者の明るくないニュースの多い今日この頃だけど、こんなお元気なご夫婦もいらっしゃるのだなぁ。
旅打ちがしたいと思っていたけれど、こっちの旅の方がずっと良さげに思えてきました。
高級列車が次々と出て来て優雅な旅の報道が多い昨今ですが、数日間の豪華列車でウン十万円使うよりもこちらの方がはるかに楽しそう。
いいなぁ、いいなぁ。
私もいつか、こんな旅がしたい。
何だか元気をもらえたような、嬉しい朝の通勤中のヒトコマでありました。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加