エルシエナ・マンドリンアンサンブル

千葉市を中心に活動する、エルシエナ・マンドリンアンサンブルのブログです。練習・活動報告などをアップしていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

祈祷

2013-05-31 01:47:56 | その他
関西練の翌日、関西メンバーのフルート奏者Sさん達と
待ち合わせていました!

★玉造戎神社八阪神社



Sさんの嫁ぎ先の神社で、息子さんが宮司を務められていると
聞き及び、かなり以前から、祈祷をお願いしていました。
1、000年の歴史ある由緒正しき神社です。

★祈祷



1.イタリア公演成功祈願
2.参加者全メンバーの安全祈願
3.エルシエナ第9回定演成功祈願

とまあ、厚かましく3項目の祈願をしてきました!!

これで、絶対大丈夫だわぁ。。
と、努力は惜しまない私ですが、最後の最後は、やはり神頼みです!

この1年、どんだけ神社仏閣巡りしたことでしょうか・・。

by代表


この記事をはてなブックマークに追加

5/26関西合同練習

2013-05-30 01:29:33 | 練習報告
<5/26関西合同練習>

前日に関西入りしました。
阪急神戸線に乗り、芦屋過ぎたあたりから六甲山が見えてくると、
ああ、故郷に帰ったな~と、いつも思います。
何しろ、六甲山のふもとにある中高大で過ごしたわけなので・・。

関東合同を2回終えたとはいえ、恩地先生との初合わせは
私なりに燃えていました。
何しろ、中学生の頃の私の憧れの先輩だったからです。

また、関西メンバーも温かく、エルシエナメンバーを歓迎体制で
迎えていただき、心より感謝しています。

さて、後2回の関東での練習しか残されていません。
気合い入れ、ガンバだな!!

★合同練習後・・

坂野先生、細野先生と「小林駅」の飲み屋さんへ。。



お客さん要望で、坂野先生は10曲サービスしましたね。。
お二人先生、関西人のノリにハマっちゃったかも!
というか、このノリを理解してはじめて私を理解してもらえるかもと
思った一瞬でした。。笑

by代表


この記事をはてなブックマークに追加

熱い大阪

2013-05-27 00:37:39 | 練習報告
忙しい一日でした。
JR千葉駅発5時53分発総武線快速で品川へ。
7時7分発「のぞみ203号」で いざ大阪入り。
残念ながら富士山はお目にかかれませんでした。

環状線でガラシャゆかりの「大阪カテドラル聖マリア大聖堂」のある「森ノ宮」駅へ。
途中、どの電車に乗ったらいいか尋ねた方が長岡京市の方で、長岡京市では
毎年市の若い美女が選ばれ「ガラシャ祭り」が執り行われているそうです。
その方は同行者がいらっしゃったのですが「森ノ宮」で私が降車時まで
ガラシャの話題を提供してくれていました。関西人、熱すぎ~。

残念なことにミサ中だったので中の見学ができず、暫く聖堂の外からの拝観でした。
賛美歌と共に聞こえてくるパイプオルガンの音色に聴き入っていました。

  ガラシャの石像

  ガラシャの辞世の句碑

張りきりすぎて練習が始まる午後には集中力も途絶え惨憺たる練習成果。
成果?は なし でしたね。
O先生も呆れて二の句がつけなかったのでは???

申し訳ありませんでした。

  by G/T

この記事をはてなブックマークに追加

関西での合同練習♪

2013-05-25 00:44:22 | その他
いよいよ、待ちに待った「関西での合同練習」が
明後日に迫りました!!

思えば、1年前の5月に、琵琶湖「竹生島」で参拝終え
恩地先生宅へ向かいました。

このイタリア企画の相談にです。
あれから、早1年かぁ。。

長いようで、アッという間の怒涛の1年だった気がします。
感慨深いものがあります。

何事も粘り強く、絶対絶対諦めず、プラス思考でやらなければ、
何事も成し遂げられないという事を、この1年で学んだ気がします。

三浦雄一郎氏に学ばなければならない事、一杯ある気がします。
やる気さえあれば、年齢など関係ないって事を、日本人に
体張り示して下さったからです。
すごい人だわ・・・!!

私もガンバだなぁ。
分野は違いますが、音楽を追求する団体であり続けたいかな。
夢を追いかけて~~!!

by代表

この記事をはてなブックマークに追加

タラ・レバ物語

2013-05-23 17:35:29 | その他
たらとレバーの煮物を作ってみました。
日頃はレバーだけで作りますが、はたして相性はどうでしょう。



レバーは生姜の千切りとお酒とお醤油で(水はいれない)コトコト煮込みます。
圧力なべを使わないところがミソです。あくまでもコトコトと・・・です。
煮汁が少なくなったところで、レバーは容器に移し たらを鍋に入れて火を通します。
(たらはあらかじめ酒を振りかけておきます。)

「たら」は、ほとんど脇役に徹するニクイ奴なのです。
かと言って 「たら」自信に主張がない優柔不断ではありません。
気働きのできる奴なのです。
ハーモニー創りの名人かも・・です。

低音系の音に癒しを求めて今に至っていますが
最近、がっかりの低音系に出会ってしまいました。
空気が読めないと言うか・・なんだか主張しっぱなしなんだよね。
楽器を始めた時から 「縁の下の力持ちに徹する事」、
いかにドリン系を引き立たせるかに気持ちを入れてきて
聞き捨てならない「最低の音」なのです。
その内 マジ切れ してしまうかも・・・。(物騒な話です~)
もう二度と「氷の世界」はごめん被ります。


あこがれは、ドラの音色です。


  byG/T

この記事をはてなブックマークに追加