エルシエナ・マンドリンアンサンブル

千葉市を中心に活動する、エルシエナ・マンドリンアンサンブルのブログです。練習・活動報告などをアップしていきます。

道後温泉旅行記

2017-04-25 23:58:44 | その他
週末を利用して、「道後温泉」に行って来ました。
温泉通の人なら、一度は訪れたいと願う場所です。
あまりにも有名ですから、興味はありました。

なお、私の母方の祖父は神戸で「建築士事務所」を
構えていたとはいえ、元々は四国出身なんです。
ですから、私のルーツでもあります。

私が幼かった頃に出会った、偉大な祖父で尊敬と畏怖の念を
いだかせたお初の人でしたが、私が5歳で亡くなっちゃったんです。
祖父からの教えは、守っているつもりです。

「いずれ女の時代が、絶対来る!!
いいか、だからちゃんと勉強もしなければいけないが
何より、人の気持ちを分かる人間になれ!!」

さて、前置きが長くなりました。

**********************************************
<1日目>



東京は、どんよりしていました。
ただ、ここのところ強風が吹き荒れていた訳で、この日は
風もなく、定刻に出発。ホッ

●道後温泉駅


松山空港から、バス移動40分程で到着です。
但し、土曜日でしたから1時間はかかりました。
かなり渋滞していました。

千葉と比べ、暑い!!
初夏のようでした。

●ぼっちゃん列車


パック旅行ではない訳で、自分でキチンと調べていかなければ
「旅」を楽しめないわけなので、事前にかなり念入りに調べつくしてはいますが、
でも、出たとこ勝負的発想がなければ厳しいかも。

写真は、展示さてていたもので、乗車可能ですが。。
但し、本数が少なく高いので乗りませんでした。

●坊っちゃんカラクリ時計


駅前にあります。

BY代表








この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート23

2017-04-22 00:23:10 | その他
長々と書いてきました、本タイトルのブログは
本日が最終版です。

<7日目続き>

●デュッセルドルフ空港(ドイツ)


全ての観光を終え、16:30には空港へ移動しました。
45キロですから、1時間もかかりませんでした。



国際空港ですから、広いです。
でも、ハブ国際空港ではないので(アムステルダムのように・・)
そこまでではありませんでした。

最後の最後まで、お天気に恵まれていたことには
神さまに感謝しましたーー!!



ANNですから、久しぶりの日本食で、とっても美味しいでした!
フライト時間は、11時間30分です。
長いフライトも、大分慣れてきていますが、でも疲れますわねぇ。。

<旅の総括>

美術館と教会が大好きな方にはお勧めなプランでしたでしょうか。
これにご興味ない方は、少し退屈されるかも分かりません。
個人的には、ベルギーがとっても気に入りました!!
個人旅行で行きたいかも。

BY代表

この記事をはてなブックマークに追加

オランダ・ベルギー・ルクセンブルク・ドイツ4カ国旅行記パート22

2017-04-20 23:06:49 | その他
<7日目続き>

●アーヘンの街並み




兎に角、ステキでしたーー!
「ドイツ1カ国周遊、検討入れましたわ。笑

●ケルン大聖堂<世界遺産>


アーヘンからバス移動、1時間で到着です。

添乗員さんから、
「橋から撮影して下さいね!」
と言われていましたので、シャッターチャンスを待ち構えていました。



「ケルン」は、古くから香水の製造で有名ですよね。
二つの塔が特徴的でした。



ここも、素晴らしいステンドグラスですね。



とっても広いでした!







荘厳な雰囲気が漂っていました。

BY代表




この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート21

2017-04-19 23:39:22 | その他
<7日目>

モーニングコール=6:00
出発=7:45

●アーヘン(ドイツ)へ移動


アムステルダム国際空港が、こんな近くで。。
ちらりと、エルシエナイタリア公演を思い出しました!
アムステルダムで乗り継ぎだったので。。

●アーヘン

バス移動、3時間でした。




何となんと!!
アーヘンって、温泉があるそうで。
温泉が、蛇口から。
草津温泉と同じ泉質で、硫黄泉でした!!!笑

●アーへン大聖堂<世界遺産>







ミニチェアさえも、すごく立派ーー!!



内部は、写真撮影は有料でした。
いくらだったかは記憶にありませんが、そんな高くはありませんでした。



素晴らしい!!





すごいパイプオルガンですねーー!
海外の教会、けっこう訪れてはいますが、
この教会は、言葉で表現出来ないぐらいの感動を私に与えてくれました。

ちなみに、「ドイツ一周旅行」でも、なかなかコースには入らないそうです。

BY代表




この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート20

2017-04-18 23:21:21 | その他
<6日目続き>

●アムステルダム国立美術館


オランダらしい絵画ですね。





フェルメール・レンブラントなど、すごい作品群ですが
時間がなく駆け足でした。残念!

●アンネ・フランクの家

午後4時から、3時間半の「自由行動」でした。


第2次世界大戦時に、アンネ・フランクが隠れ住んだ家。



しかし、長蛇の列!!
約3時間待ちという事で、断念しました。
いつもこんな感じで、すごい人気があるようです。

●アムステルダム街歩き



ベルギーとは、街並みが違いますねぇ。



アムステルダム中央駅に戻ってきました。



いやぁ、駅内部は素敵でした!!

BY代表


この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート19

2017-04-18 00:07:59 | その他
<6日目続き>

●昼食




とてもオシャレなお店でした!!







メインは「カツレツ」でした。
ミラノで食べた「ミラノ風カツレツ」並みにとっても美味しいでしたわ。

●アムステルダム国立美術館



1885年に開館し、世界屈指の中世絵画の傑作を収蔵。



美術館でのステンドグラスは、珍しいかも??

BY代表



この記事をはてなブックマークに追加

4/16練習報告

2017-04-17 00:48:08 | 練習報告
<4/16練習報告>

本日の千葉は、もう夏日に近いでしたー!
四季があるはずの日本が、だんだん亜熱帯に近づいている証拠ですかね??!

詳細報告前に。
本日の練習風景は、定演3か月前かしら??
という程、白熱していました!
何故なら、次回は、今回定演メインである共演者との
初合わせがあるからです。

ああでもないこうでもないとメンバーで意見交換しながら
音楽を創っていけるエルシエナは、私の理想形であり
それは、とりもなおさず、私の中高時代と重なります。
音楽追求だけに、指揮者と議論を戦わしたあの甘酸っぱく
若かりし頃を彷彿とさせてくれるのが、今のエルシエナです。
メンバーに感謝の私です。。

また、私が一番大事にしていることは、
メトロノーム状態に、合わせる事ではありません。
少々崩れようと、そこに、

●思いを・・・
自分たちの独自音楽を伝えたいという熱い熱い熱い思いが
込められてこそ、お客様に、やっと客席に届くのであるという事を
絶対忘れてはならないという事です。
お客様を感動させられるかなんて、そんなたやすい事ではないという事を
奏者は、肝に命ずる事が必要だと、私は考えています。
それには、おごることなく、ひたすら努力するしか方法はなしと思っています。

音楽を語ると長いんで(温泉を語るぐらいに・・笑)
ブログでは書かないようにしておりますが。。

***************************************************************
●パラディオ

日本のマンドリン団でこれを演奏するのは、恐らくですが
お初だと考えています。
共演曲につき、本日は40分程格闘したかと。。

●イタリア協奏曲

本曲、家練するのあたり、コンマスとして、メトロノーム禁止と致しました。
エルシエナは、この最近「アンサンブル」を2部でやっておりますので
「相手パートを聴いて入る」ことには
だいぶ慣れては来ていますが、バッハ曲では、これが出来なくては
致命傷となります。
指入れも大分出来てきた今の状態だからこそ、ここが浮き彫りとなった
本日練習だったかな。
これを乗り越えられれば、やっとバッハ演奏が出来るかな。。
いや、なんとしても乗り越えなければ!!
ガンバだっ!!

●シンフォ二ア

時間切れで、最後の4分の1だけ根つめてやりました。
最後をどうまとめるか、どういう音楽にするかだけに
いろいろと試して、方向性だけは確定しました・・。ホッ
最後が決まれば、全体像が、個々人で見えてくるはずだと
考えましたので。

この練習方法、間違ってはいないかと思います。

BY代表



この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート18

2017-04-15 21:34:43 | その他
<6日目>

モーニングコール=6:30
出発=8:15

●朝食


ホテルには2連泊でした。
アムステルダム国際空港のそばです。



ランクが良いので、オムレツも・・。



さすが、オランダ!!
自転車がずらりと。。

●アムステルダムの「運河クルーズ」<世界遺産>



写真は、「アムスレルダム中央駅」です。
ここから、クルーズが始まりました。



165の運河と、1300あまりの橋があるそうです。





なかなか良い写真が撮れた気がします~!



写真は、有名な「マヘレのはね橋」
船が下を通る時に、中央から二つに分かれて持ちあがるらしいです。

BY代表





この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート17

2017-04-12 23:49:41 | その他
<5日目続き>

●マウリッツハウス王立美術館







全てオランダ人の作品だそうです。
ざっくり1時間の自由鑑賞でした。
もう少し時間がほしかったかも。

●夕食

アムステルダムへバス移動、1時間半でした。





店内の飾り付けですー!



まずは、「クロケット」
コロッケです。
とっても美味しいでした。



メインは、サーモン料理。



デザートは、「ババロア」

こちらも甘くなく、美味でしたよ。

by代表


この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート16

2017-04-10 01:09:54 | その他
<5日目続き>

●キンデンダルク<世界遺産>



ロッテルダムの南東約13kmに、
オランダ最大規模の風車が集まっています。



1740年前後に造られた19基の風車が
レク川、ノートル川の両側並んでいて、壮観でした!!



のどかな田舎景色に、心がほっこり。

●ハーグ


ハーグまでの移動(約1時間)中の車窓景色です。
ベルギーとは異なりました、建物が。。

※ビエンホフ(国会議事堂)



中には入っておりません。
パチリと写真撮影しただけです・・。

※マウリッツハウス王立美術館



17世紀のオランダ領ブラジル総督、ヨハン・マウリッツ伯の邸宅だった
建物だそうです。



有名な、フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」です!!
これ、見たかったんですよね!!

もう、ガラガラの状態で、時間かけて鑑賞出来て幸せでした!!

by代表




この記事をはてなブックマークに追加

春爛漫

2017-04-09 00:59:19 | その他
本日は、「旅行記」を一時中断しまして・・・。

本日土曜(昨日かも?)エルシエナメンバーと
イタリア公演時、メチャ大変お世話になりました、テノール歌手さん宅
へ・・・。

**************************************************


おお、桜が満開!
久しぶりに都内に出た私は、お上りさん的(笑)だったかも。



3年ぶりぐらいの再会を、まずは乾杯ーー!
このスパーリンクワイン、美味しかったです。
おつまみ等々もご用意くださっていて・・・。



ワイングラスもステキ!





応接間の調度品は、まるで海外に来た感じになり
ウットリです。



最後は、カプチーノ。
いろいろとお気遣い頂いて、恐縮でした。。





小林透君のギターソロで、閉会としました。

再会を約束いたしました。
次は、M君の「白鳥」セロソロかしらん??!

by代表


この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート15

2017-04-07 23:23:37 | その他
<5日目続き>

●昼食


ベルギーでの最後のお食事となりました。





メインは、「チキンのオアテルゾーイ」
ま、クリームシチューのようなものです。
デザートは、アイスクリームでした。



おお、ベルギー風な感じのマックでしょうか??!

<オランダへ移動>

●キンデンダイク<世界遺産>


バス移動、45分で到着でした。
おお、如何にも、オランダって感じですね。



ここで、風車群の観光が始まりました。

by代表

この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート14

2017-04-06 23:16:41 | その他
<5日目>

モーニングコール=6:30
出発=8:30

●アントワープ


「ブルージュ」で2泊した後、バス移動1時間半で到着しました。



「アントワープ」は、毛織物交易の中心地として発展した
ベルギー第2の都市です。

写真は、「マルクト広場」で、市庁舎です。
素敵ですねー!

※ノートルダム大聖堂<世界遺産>


ゴシック様式の大聖堂。
1352年建設が始まり、高さ123mの北塔が完成するまで
169年の年月を要したそうです。



ここも、すごいステンドグラス!
日本じゃ、絶対見られませんね。



ため息が出るほど立派な、パイプオルガンです。



フランドル絵画の巨匠ルーベンスの傑作絵画の数々を
時間をかけて鑑賞しました。
上野の美術館と違って、本場で見ると、空いていて
ゆっくり堪能出来るから良いですね。。

by代表


この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記パート13

2017-04-05 23:20:46 | その他
<4日目続き>

●ブリュッセル

※グランプラス<世界遺産>




オプショナルツアーの次の目的地でした。
有名な、石畳の広場ですが、もう人・人・人。。

※セルクラースの像


腕に触ると幸運に恵まれるとか。。
勿論、触りましたわよ。笑

※小便小僧


四国の「大歩危・小歩危」と同じでした!

●夕食

ブルージュに戻り、夕食は自由行動でした。


ブルク広場の有名店へ。





「ムール貝」です!!
小ぶりのバケツ??!で出てくるとは聞いていましたが。
食べても食べてもなくならない!

もうメチャ幸せでした!
ビールを飲んで25ユーロ。安いでしたわ。



広場に出ると、どこかで聴いた音楽が。
「白鳥」でした。

もうゾクゾクする程上手かったです!!

by代表





この記事をはてなブックマークに追加

ドイツ・オランダ・ベルギー・ルクセンブルク4カ国旅行記

2017-04-02 01:26:06 | その他
<4日目続き>

●ゲント観光



写真は、「聖ニコラス教会」です。
残念ながら、時間の制約があり中には入っておりません。。

※聖バーフ大聖堂


ここに、15世紀フラドル絵画の最高傑作とされる
「神秘の子牛」を収蔵。
この絵画等々、1時間かけてじっくり、現地ガイドの説明を受けました。
素晴らしかったですが、残念ながら撮影禁止でした!

※運河クルーズ


元々は、ツアー内容に入っていませんでしたが・・。
が、が、が。。
皆が乗りたいっーーっていう我儘を、添乗員さんが受け入れて下さいました。
こういう臨機応変な対応が、添乗員さんに求められる訳ですから
大変なお仕事だなと、いつもいつも感謝しています



ツアーメンバー、テンションはマックス!!
現地ガイドさんによれば、
「こんな快晴も、この時期はかなり珍しいのですよ。」との事。





もう最高の気分でした。
元々は、オランダでの「運河クルーズ」だけだった訳です。
いろんな意味でラッキーでした!

by代表


この記事をはてなブックマークに追加