私の網膜(フィルム)に写るもの

そこに印象を添えて写し表わすのが写真?...音は好きなイメージで貴方が

最高責任者の弁

2017年03月08日 | note
『果たし合いに出かける昔の侍の気持ち』と大見えを切って臨んだのではなかったか。
更に
『座して死を待つつもりはない』 とまで
1時間後の会見で繰り返したのは、部下や専門家に任せきりで、自分は追認しただけと言う釈明だった。



これが小説『天才』田中角栄元首相を書いた人の発言か。

その角栄氏の大蔵大臣就任時の挨拶は有名だ。『私は素人だが、いささか仕事のコツを知っている』『できる事はやる。できない事はやらない。しかし全ての責任はこの田中角栄が負う。』
〜新潟日報 社説〜

素人、セコイ人…極端な人が都政の最高責任を負う結果となった。
現都知事は豊洲移転をどうするか、の議論を見せずなにをしようというのか…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いただきもの | トップ | やさしい光が »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

note」カテゴリの最新記事