ビジネス書の厳選情報を毎日お届け 「ビジネスブックマラソン」 バックナンバーズ

アマゾン元バイヤー、土井英司による厳選ビジネス書評メルマガ。ベストセラー分析と本当に読むべき珠玉の一冊を提供しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人』

2004年11月05日 | Weblog
http://tinyurl.com/675og

本日の一冊は、そんな堀さんが書いた、本格キャリア論です。堀さんのお知り合いや仕事で出会った方々のエピソードをたっぷり盛り込んで、一億円人材になるための心構えとノウハウを説いています。

今後20年、30年の経済動向を見据えて、ビジネスパーソンとしてあるべき姿を説いた点はさすがで、独立するにしろしないにしろ、参考になる考え方が示されています。

どんな教訓がおさめられているのか、さっそく見ていきましょう。
----------------------------------------
 本日の赤ペンチェック ※本文より抜粋
----------------------------------------
これからは、仕事さえできれば役員にも社長にもなれるし、起業して自分の会社を持つこともできる。古い慣習に手足を縛られた、くだらない会社だと思ったら、転職して新天地を求めてもいい。逆に、これまで手本にしてきた先輩上司のようなサラリーマン的生き方を真似ようと思ったら、あなたには間違いなく悲惨な人生が待っている

IBMの取締役は、たった一人の人間に、自分の生殺与奪権を握られている。ところが中古自動車販売店のオヤジには、絶対に逆らってはならない人間などはいない。どうしてもおもしろくない客だったら、喧嘩してもよいのである

これからは転職や起業を自己実現のカードとして持ちながら、自分の天職や適職を捜し求める時代になる

転職の目的は、あくまで希望の仕事かどうかとワザの磨きがかかるかの二点に絞るべき

補充が利く人間ではなく、いまの日本企業に絶対的に不足している、アントレプルニアルな精神を持った人こそ、会社が求める人材

アントレプルニアルな人材の条件
1.仮説が構築できる人
2.実行力がある人
3.みんなと力を合わせて仕事ができる人

会社に害をなす人間、できれば排除したい人間
1.マイナス思考の人
2.デマを飛ばす人
3.ヤル気のない人

学習する意欲は大切だ。学歴は不要だが、強い学習意欲を持って学びを積み重ねていくことは、これからのビジネスパーソンには絶対必要な条件となる

これからのビジネスパーソンの給料は、その人が会社にいるのと、いなくなるのと、そのトレードオフポイントで決まる

一億円プレーヤーになるための基本条件
<>> 何か一芸に秀でている
<>> 強烈な目的意識を持っている
<>> 常に原因自分論で生きている
<>> 絶対に諦めない
<>> 表現力が身についている
<>> 信用がある
<>> 真の仲間がいる

あなたの会社が持っている子会社、なかでも誰も行きたがらないような赤字の子会社に、なるべく早いうちに志願して行くことである

いつの時代も、最後に勝負を決するのは、企画力・発想力・提案力にほかならない(中略)もっといえば、、企画力・発想力・提案力などすべてを包括するものとして、「表現力」がいちばん大切

これからは、いま以上に「信用」を大事にしないと、何をやってもうまくいかなくなる。信用を得る最大のコツは、約束を守ることである。守るべき契約はいろいろあるが、煎じ詰めれば「時間」と「金」に絞られる

過去にうまくいったことを続けていても、成長し続けることはできない。いつか必ず失敗する。だからリーダーは、いずれ失敗するという前提に立って、次のやり方、新しいビジネスを準備しておく必要がある
----------------------------------------
あまりにチェックポイントが多いため、今日のご紹介は本当にエッセンスだけです。基本的にキャリアについて述べた本ですが、経営者にも役立つ、示唆にとんだ内容です。

というわけで、本日の一冊は、

『会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人』
http://tinyurl.com/675og

です。これからの自分のキャリアを真剣に考えたい人には、ぜひお
すすめしたい一冊です。

目次
序章 人生の計算が狂ったエリートたち
第1章 いままで出世した人・しなかった人
第2章 会社がほしい人・いらない人
第3章 これから出世する人・しない人
第4章 一億円プレーヤーになるための訓練
第5章リーダーシップを鍛える方法
━━━━━━━━━━━━━━━
■ご意見、お問い合わせは、
eliesbook@yahoo.co.jp
■マガジン登録、変更、解除
http://eliesbook.co.jp/bbm/
━━━━━━━━━━━━━━━
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『中国経済大予測』 | トップ | 『県民性で謎を解く 儲けの法... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
kazunoblog (kaz)
2004-12-08 02:46:15
TBありがとうございます。

堀さんらしい本でしたね。

考えさせられること多かったです。
Unknown (ヨロン/竹内富雄)
2004-12-09 20:24:49
こんにちは。ヨロンです(^_^)。

TBありがとうございました。

堀さんの本は好きでよく読みます。

この本も仕事人には必須ですね。

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人 (ビジネス書感想文)
「会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人」という本の書評です。 オススメ度:★★★☆☆ 《良いところ》 「今まで」のサラリーマン像・「これから」のビジネスマン像を対比させながら、これからどう仕事に取り組んでいくべきかを述べた本です。成
やる気を失った時に読む本:『会社が放り出したい人・1億積んでも... (電気羊:新婚コンサルの読書&映画感想文)
堀 紘一著『会社が放り出したい人・1億積んでもほしい人』。めげそうな出張の飛行機の中で、元気を付けるために読んだもの。堀氏は、年収1億円を超える人達の「1億円クラブ」を作ろう、と説く。そのココロは・・・