ビジネス書の厳選情報を毎日お届け 「ビジネスブックマラソン」 バックナンバーズ

アマゾン元バイヤー、土井英司による厳選ビジネス書評メルマガ。ベストセラー分析と本当に読むべき珠玉の一冊を提供しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『ウェブ人間論』

2006年12月15日 | Weblog
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106101939

本日の一冊は、芥川賞作家、平野啓一郎さんと、ベストセラー『ウ
ェブ進化論』の著者、梅田望夫さんの夢の対談により作られた、注
目の新書です。

※参考:『ウェブ進化論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4480062858

議論のテーマは、「ウェブ進化によって、人間はどう変わるのか?」。

最初は、予定調和的な議論になるのでは、という危惧を抱いていた
のですが、いい意味で期待が思いっきり裏切られています。

テクノロジーの進化や、それに伴う人間の変化、社会との関わり方
などに、お互いのインターネット体験の違いや立場の違いが見え隠
れして、じつに刺激的な議論になっています。

「おわりに」の梅田さんの言葉を借りれば、

「社会がよりよき方向に向かうために、個は何ができるか、何をす
べきか」と思考する平野さんと、「社会変化とは否応もなく巨大で
あるゆえ、変化は不可避との前提で、個はいかにサバイバルすべき
か」を最優先に考える梅田さんとの違いが、明確に出ています。

人間や社会、メディアがこれからどのように変容していくのか、わ
れわれはその中でどうやって生きていけばいいのか。

生き方や自己研鑽のヒントをくれる、貴重な一冊だと思います。

----------------------
■ 本日の赤ペンチェック
----------------------

利便性というのは、基本的には一人の人間が、たった一つの身体に
物理的に拘束されているという条件からの解放なんだと思う(平野)

テクノロジーの進歩は人間の本質を変えることは出来ない、人の
「心」は変わらないんだ、という考え方を表明する人が、特に保守
的な思想の持ち主の中に見受けられますが、やっぱり、変わるでし
ょう(平野)

自分がやってること、面白いと思っていることの専門性とか固有性
を、リアル世界で制約された環境では誰もわかってくれないし話す
相手もない。でもそれがネットにのった瞬間に変わる。オープンソ
ースの原動力って、結局そういう個々の承認感動にある(梅田)

人間のアイデンティティは一つに固定されたものではなくて、他者
との関係によって色々と変わるものだとは考えつつも、現実的には、
顔の同一性がどうしても人格の複数性を抑制してきた(平野)

「膨大=ゼロ」と考えてみる(中略)全部オープンになっていると、
逆に誰も全部は読まない(梅田)

言葉による自己類型化には、安堵感と窮屈さの両方がある(平野)

今の世の中は、他者に対して極端に無関心だし、不寛容になってし
まっている。そうした時に、島宇宙的な世界に属していることの安
住感というのは、その外側を存在させなくなってしまうんじゃない
か。僕はやっぱり、現実が嫌な時には、改善する努力をすべきじゃ
ないかと思いますけど(平野)

たまたまリアル世界で充実していて幸福な人はいいですよ。でもそ
うでない環境にいたら、そこに留まっていてはいけない。新しい情
報によって動いて、行動して、自分の居場所を見つけていく人だけ
が幸せに生きることが出来る。だってネットは、働きかければいろ
んなことが返ってきて、それによって変化できるんですから(梅田)

「教養って何?」という問いの答えは、やっぱり若い時に身につけ
るべき記憶とその処理をめぐる力ということで、人脈だろうが、情
報だろうが、そういうものはネット上で全員にほぼ共通に開かれて
いて、それらを、若い時に身につけた「教養」という力で情報処理
する仕方で、個人差が決まってくる(梅田)

------------------------------------------------
『ウェブ人間論』
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4106101939
------------------------------------------------

■目次■

はじめに 平野啓一郎
第一章 ウェブ世界で生きる
第二章 匿名社会のサバイバル術
第三章 本、iPod、グーグル、そしてユーチューブ
第四章 人間はどう「進化」するのか
おわりに 梅田望夫

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
~出版・ビジネスPR・自分ブランド確立を応援~

■ベストセラークラブ会員募集中!
http://eliesbook.co.jp/bestseller/
■エリエス・ブック・コンサルティング
セミナー・講座開催中!
http://eliesbook.co.jp/seminar/
■ご意見、お問い合わせは、
bbm@eliesbook.co.jp
■マガジン登録、変更、解除
http://eliesbook.co.jp/bbm/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『図解 フリーランスのための... | トップ | 『プロフェッショナル原論』 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
「ウェブ人間論」書評 (追憶の手帖)
 「ウェブ人間論」を読んだ。あちこちで書評がなされているのを見て一昨日に買ってき
『ウェブ人間論』(梅田望夫、平野啓一郎)@生きるヒント。 (今日、僕が学んだこと。~一歩ずつ愚直に前進、プチファイ・ライフ~)
知のせめぎあいを通じて、よりよく生きるヒントを得る。 ・・・ちょっと大げさですが、そういうことなのです。 『ウェブ人間論』(梅田望夫、平野啓一郎) 『ウェブ進化論』の梅田望夫さんと、芥川賞作家