ビジネス書の厳選情報を毎日お届け 「ビジネスブックマラソン」 バックナンバーズ

アマゾン元バイヤー、土井英司による厳選ビジネス書評メルマガ。ベストセラー分析と本当に読むべき珠玉の一冊を提供しています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『成功はどこからやってくるのか?』

2004年11月24日 | Weblog
http://tinyurl.com/4p28f

本日の一冊は、成功者に共通する「待つ力」の重要性を語った一冊です。「目標を紙に書く」「プラス思考」といった従来の成功法則の危険性を指摘し、飛躍するためのヒントを提示しています。

著者は、大ベストセラー『会社にお金が残らない本当の理由』『あなたの会社にお金が残る 裏帳簿のススメ』を書いた、岡本吏郎さん。

参考:『会社にお金が残らない本当の理由』
http://tinyurl.com/5fpjm

参考:『あなたの会社にお金が残る 裏帳簿のススメ』
http://tinyurl.com/64lov

税理士という立場で、神田昌典さんをはじめ、数多くの成功者を見てきた著者だけに、語る資格は十分です。

では、実際にどんな内容に仕上がっているのか。さっそくポイントを見て行きましょう。
-----------------------------------------
 本日の赤ペンチェック ※本文より抜粋
-----------------------------------------
大抵の成功法則を成功者は実行していません

私たちの脳は、「しなさい」と言われると「したくない」という反応をするようになっています。(中略)”無理”に「プラス思考」になろうとしても、かえって「マイナス思考」になってしまう(中略)結局、「プラス思考」とは結果論でしかありません

誰もが疑わない説には案外根拠がないという事実は押さえておかなくてはいけません

『知の欺瞞』著者・ソーカルの指摘
・有名な知識人が科学的概念や述語を繰り返し乱用してきた
・科学的概念を何の断りもなく、その通常の文脈を完全に離れて使う

参考:『知の欺瞞』
http://tinyurl.com/54rhy

全部がウソならカンタンです。ところが全部がウソという方が難しい。どんなものにも少しは本当があるのです。(中略)二元的にモノを考えないことは生きる上での重要な知恵です

結局、世の中に流布する考え方の中には、「たくらみ」があるということです。城野宏さんは、「資本主義は要するに”かっぱらい”だ」と喝破しました。そういう資本主義の世の中に生きている私たちは”流通するもの”には、少し用心して付き合うべきです

奇跡を求める願望、近道を求める願望、楽な方法を求める願望、不思議なものを求める願望、何かに依存したいという願望……。そういったものが受け手の心にあるはずです。実は、受け手にこういった心がある限り、どんなに素晴らしいノウハウも役には立ちません

九九.九九九九九九度までは液体なのに、一〇〇度になると突然気体になる。逆もそう。(中略)私はこの物質の構造に注目している。私たちの人生も同じだと思う。多くの人は一〇〇度になると世界が全て変わることを知らずに一〇〇度になるまで待つことができない

成功者の共通点は、ストイックな準備と気楽な実行力です。失敗者はこの逆です。いいかげんな準備と用心深い実行。失敗者の行動パターンは常にそうです

彼(エジソン)の「九九%の努力と一%のインスピレーション」という言葉。エジソンの真意は「ひらめきを得るためにこそ努力が必要だ」つまり「”創発”を発生させるために努力が必要だ」と言いたかったようです。しかし、人々は彼の言葉を単純な努力論としてとらえてしまいました

みんなが「偶然を待つ力」がないから何か必然的な方法で治そうとして、全部失敗するのです。ぼくは治そうとなんかせずに、ただずっと偶然を待っているんです(河合隼雄)

成功者は、この「偶然を待つ力」を持っています。そして「直感」と「シンクロニシティ」といわれる偶然を最大限に利用していきます。彼らはそれらをかなり確信的に使っていますから「偶然のマネジメント」と呼んでもよいレベルにあります

同じ本を読んでも同じ話を聞いても、そこから浮かぶ質問は人によって違います。その質問が人生を決めているとしたら、あなたはどうしますか

私たちが計画を立てるにあたっては、この「二念をつがない」行為が大変重要になります。どれだけ、客観的に「あるがまま」を見るか、これがちゃんとできなければ計画なんて立てられないのです。あくまでも、「見たくない現実」を見切ってから「打ち手」を考える。そういう思考が大切です

「画期的な方法」「誰でもできる」という手のものは、資本主義社会では価値がないのです。ただし、自分だけがその「画期的な方法」を知らないのでは、それはそれでヤバイことです

世の中を変えるようなバカなことを考える暇があったら、まずは自らの足元をしっかり固めることです。それが世の中を変えることになるのです。どういうことかと言えば、私たちはいつでもどこでもさざ波として、世の中に関わっているということです(=バタフライ効果)

たくさん良いことが書かれていましたが、印象としては岡本さん、「やっちゃったなあ」という感じです。著者が「おわりに」で述べているように、この本のコンセプトは、「著者が読者の成功を本当に願って書いた初めての成功本」です。そのことは本当に素晴らしいと思うのですが、実際には、「この本に書かれていることが実践できたら、みんな成功者になっちゃうよ」なのです。大衆受けしない、地味な「真理」がどう受け止められるか。ある意味楽しみです。

というわけで、本日の一冊は、

『成功はどこからやってくるのか?』
http://tinyurl.com/4p28f

です。余談ですが、著者が土井と同じ読み方で本を読んでいるのには、ビックリしました。

目次
はじめに
プロローグ
第1章 常識で考えてみる
第2章 ノウハウを求める底の浅さ
第3章 生命から考える
第4章 まずはマイナスをゼロに戻そう
第5章 偶然を待つ力
第6章 ジャパニーズ・ノウハウは地味だが強力
第7章 同質化という引力
第8章 一番大切なこと…
第9章 「空間」ということ
おわりに
━━━━━━━━━━━━━━━━
■ご意見、お問い合わせは、
eliesbook@yahoo.co.jp
■マガジン登録、変更、解除
http://eliesbook.co.jp/bbm/
━━━━━━━━━━━━━━━━
コメント (5)   トラックバック (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『痛快!クルマ屋で行こう。』 | トップ | 『ニッポン型上司が会社を滅... »

5 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (tomo)
2004-12-06 21:35:06
トラックバックありがとうございます。

なかなか読み込んでいるのですね。

それにしても岡本さん人気ですね。

僕も好きですけど。
Unknown (ハジー)
2004-12-06 22:33:03
「大衆受けしない地味な真理」にハマッてしまったハジーです。

そうですね、この考え方が果たしてどれだけ受け入れられるか?とても興味深いものがあります。

でも出来ればあまり受け入れられない方が助かるのですが…(^-^;
Unknown (NERO)
2004-12-06 23:51:41
トラックバック,どうもありがとうございます。

「大衆受けしない地味な真理」だけど「真理」だなぁと思います。

この本を通じて、自分の底の浅さをもう一度見つめなおすことができたと思っています。きっとまた何度も読むことでしょう。BOOK OFFには売らないぞ。
TBありがとうございます (MasaGon)
2005-01-16 20:02:59
TBありがとうございます。



私の中でも、この本は多くの成功法則本の中でも異質のものです。多分この本を読んでも、理解できない人は多いはず。



共鳴できた人は、そもそも自分の中に既にそれを受け入れる準備が出来てたって事かもしれないのかなぁ、なんて思っています。



でも、短期的にでも成功している人から言わせれば、長期的成功途上にある人は「つべこべ言わず、ノウハウ通りやれ!」ってな話になるんでしょうかね。あな恐ろしや。

TBありがとうございます! (IKE)
2005-01-17 23:52:32
土井さん、TBありがとうございます。

辺鄙なところなのに、よく発見されましたね。

ハジーさんやNEROさんのお名前があったので、そのつながりで発見していただいたんでしょうか。



土井さんはamazonで働いていらっしゃったんですね!ちょっぴりうらやましいです。

IKE■

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

6 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
成功はどこからやってくるのか? (賢者は先人に学ぶ!by1日1冊の読書)
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~ どうやら各書評の大絶賛の本。 私もこれに遅れまい読んでみました。 皆さん、成功哲学の本は好きですか? そしてこの本はもう読まれましたか? 「成功哲学の本が好きで、   かつこの本をまだ読んでいな
『成功はどこからやってくるのか?』/岡本吏郎 (人は感情の生き物だ!)
■「最近、成功本を読んでもワクワクしなくって…」という症状にジワジワっと効きます!■ 先日も書いたように、読書メモにまとめるのがすんごく難しかった本。 読了感としては「とても深いものを学んだ」と思えたのだが、いくつかの箇所を引用しつつ読書メモを書き...
★★「成功はどこからやってくるのか?」岡本吏郎、フォレスト出版... (一日一冊:人生の智恵)
「成功はどこからやってくるのか?」岡本吏郎、フォレスト出版(2004/11)¥1,470(評価:★★☆☆☆)もっと詳しく●この本は2部構成されています。ひとつは、最近の溢れる成功本や 成功セミナーには限界がありますよ、ということです。 ・「成功の法則は確かにあるけれ...
【7冊目 成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~】by岡本 吏郎 (凡人の逆襲日記!!)
久しぶり(10日ぶり?)に紹介する本。 ようやく教習も路上に出れたんで、定期的に更新できそうな予感・・・。 今日紹介するのは、「成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~」 いまどこの本屋に行っても、「自己啓発」「成功法則」コーナーが
【読書メモ】成功はどこからやってくるのか? 岡本吏郎 (レバレッジ投資実践日記)
今年181冊目。おススメ度★★★☆☆ <本書の結論> 人がしないでいることをする
「成功はどこからやってくるのか? ~『成功法則』の取扱説明書~」 岡本吏郎 (23:30の雑記帳)
成功はどこからやってくるのか? ~「成功法則」の取扱説明書~ 巷にあふれかえるビジネス本とはひと味もふた味も違う印象。 どこが?と言われると、要するに大概の成功法則本は 「楽をして」とか「苦労せずに」という冠詞がつくのだけれど、 この本にはそれがな...