広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

コチャエの武田さん

2006-07-29 20:40:40 | Weblog
楽しい折り紙集団コチャエの武田さんが来た。伝統的な模様の入った正方形の色紙を説明書の通りに折ってゆくとあ~ら不思議福助の出来上がり。この他にもいっぱいある。
コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

安藤忠雄さん

2006-07-27 18:01:41 | Weblog
建築家の安藤忠雄さんがいらっしゃいました。今日は倉敷公民館で18時より講演会があります。演題は「文化の力」

コメント (1)   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

乾正雄先生

2006-07-06 17:32:38 | Weblog
東京工業大学名誉教授で武蔵工業大学教授の乾正雄先生に御自身の著書「街並の年齢-中世の町は美しい」をいただいた。6月29日、東京である会合に出席した際に、親しくお話しさせていただいた。日本とヨーロッパの街並みを比較し、美しい街並みとはどのようなものかを問う先生のお話しに深く感銘を受けた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

かもめ食堂

2006-07-05 00:44:38 | Weblog
小林聡美、もたいまさこ、片桐はいりの日本人女性3人がいるフィンランドの小さな食堂、かもめ食堂。
 小林聡美の手の所作がとても美しい。ものをテーブルに置くとき、そっと置く。そして、料理がとても上手。自然が育んでくれた収穫に対する畏敬の念を表すため、慎んで料理する。北欧フィンランドの優れた代表的デザインの家具や食器、ファブリック等が効果的にそこここに使われている。
 おにぎりは間宮兄弟の兄ちゃんの作る塩むすび(ぬか漬けつき)のほうがうまいかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

カーズ

2006-07-03 17:21:54 | Weblog
古き良き時代のアメリカ、高度成長期時代のアメリカ、エンターテイメントのアメリカ、その価値観をそのまま反映させている。資本主義社会では当たり前の強い者が評価される世界、実質社会主義の日本人には理解されにくいストーリーかもしれない。しかしアメリカも着実に自然への回帰、モータリゼーション発展への疑念、ヒューマニティロマンティシズムへと着実に向かっている。楽しませてもらった映画でした。      
(@。@)まちこ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加