ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

スモモの収穫とジャムつくりが終わったらブラックベリー(2015/6/30)

2015年06月30日 | 家庭園芸
先週は二種のスモモの収穫に追われた。といっても収穫が追いつかないのではなくて、食べるのが追いつかない。短期間に赤くなって、油断していると過熟で落果する。



白いかごに入れた「不明種」のほうは少し色付いたときに収穫するのがいいようだ。収穫後赤くなってすぐに食べ頃だ。



ところが右のボウルに入れたメスレーの方は樹上でどんどん赤くなって、収穫後には1~2日で赤紫色になって過熟の状態になっていく。どこかに持っていくにしても足が速すぎる。

 そういうこともあって、メスレーのほうはジャムを作ることにした。



皮つきのまま鍋に放り込んで少量の水で煮ていくと、果汁が出てきて鍋の上まで真っ赤な果汁が上がってくる。



メスレーは果肉も赤いが皮の赤みがいい色を出しているようだ。また皮の部分が酸っぱいのでジャムの酸味を出すのにちょうどいい。マッシャーでつぶしてさらに木べらでかき混ぜ、皮と種をざるで漉してから砂糖を入れて煮詰めていく。



これぐらいで出来上がりかな。


 実を取りながらメスレーの葉裏を観察すると、案の定いました。緑の悪魔こと「いらが」。



こんなコロニーを4つほどつぶしたが、残っていたら大変だ。これからブラックベリーの収穫時期だから殺虫剤を散布するわけにも行かない。

 いよいよブラックベリーの収穫時期になってきた。



このブラックベリーの収穫が北海道への出発まで続く。

コメント

帰ってきたらスモモが食べごろ(2015/6/20)

2015年06月20日 | 家庭園芸
 昨年は6月に東北に出かけて、帰ってきたのが6月24日。スモモの不明種のほうが半分以上落果したり樹上で腐敗していた。今年はそれよりは少し早いので、この不明種も少し歩留まりがいいようだ。




さらに赤くなっているのに腐敗しないでつやつやしている。これはジューシーだ。

 メスレーのほうは落果するものは僅かで、収穫にはちょうどいい時期のようだ。樹上で真っ赤に色づいている。



こっちのほうは小粒だし甘みが少ない。しかしいかにもスモモという独特の味わいがある。


 ブラックベリーはまだまだこれから。収穫は7月に入ってから。




 ラズベリーは今年もすべて実が腐って枝の先で干しぶどうのようになっている。これは残念だがしかたない。




 一方野菜のほうは、昨年北海道に出かけていたために8月に収穫できなかったゴーヤ。こぼれた種が下に落ちたのをそのままにしていたら、つるが延びてきている。これは勝手に生えて実って、食べられることなくまた種が下に落ちることになるのかな。




 もう一つこぼれ種。ラズベリーの前側で春まで水菜を育てていたが、大きくなったものを花が咲いて実ができるまで放置していた。その後引っこ抜いた水菜の株を転がしておいたところに、水菜の芽がびっしり出ている。梅雨に入ったので程よく雨が降ったおかげだ。


これは面白いな。少し面倒だが間引いておひたしにしたら、日本酒のつまみによさそうだ。




コメント (6)

たびは終わり、今日はいつもの道を帰る(2015/6/20)

2015年06月20日 | 2015/6 信州に行こう
 奥が早く帰ろうとというので、昨日は頑張って下道の大阪越えで340キロを走って、笠岡で朝を迎えた。ここは野菜だけではなく海産物も地元であがったものが出ている。9時の開店まで待って買って帰ろう。





野菜は春キャベツ、青梗菜など。奥は例によって小物をあれこれ買っていた。魚は形のいいキスがあったので買おうと言ったのだが、気乗りしないようだったのであきらめた。

 ここから先は国道2号線を西に走るだけで、残りの距離は130キロくらいだ。途中の道の駅「三原神明の里」にも立ち寄ってまた野菜を仕入れる。

 東広島から広島に降りてくると暑い。いままでずっと涼しかったので窓を開けて走っていたが、ここで今年初めてエアコンを入れて走った。
 帰ってきたのは午後1時50分ごろだ。
本日の走行は136.7キロ、燃費は10.2Km/L。
今回のたびの総距離は2,470キロだった。

  
コメント

関宿の旧街道で江戸時代にタイムスリップ、その後343キロ走って笠岡に(2015/6/19)

2015年06月19日 | 2015/6 信州に行こう
昨夜はずっと道の駅の前の国道を大型トラックがうなりを上げて走っていた。名阪国道が無料なので大阪方面に行く車はみんな名阪国道を通るだろうと思っていたのが間違いで、ここは東海道、国道1号線沿いの宿場なのだ。国道1号で京都方面を目指すトラックも多いということだろう。

 今朝は嬉しいことに雨が上がっている。昨日売店で関宿の案内図を頂いていたので、早速地蔵院口から出かけてみた。関宿は東海道五十三次の47番目。



宿場の通りに入ると圧倒される。



何がって、本物の江戸時代が生きている感じがする。これまで見てきた宿場町は馬籠にしても妻籠にしても観光客用というか不自然な感じがする。いやその地方ならではの素朴さに心惹かれるところはあるが、そこにある建物にしても宿もあるが観光客用の土産物中心で何かつくりものの感じだった。









ところがここはどうだろう。建て替えをしたり、銀行がそれらしい建物になっているのはあるにしても、そのまんま江戸時代の町人文化が生きている。


江戸時代初めから両替商を営む橋爪家。貨幣経済の発達した江戸時代では本両替は豪商。この家屋だけ他と異なり妻入り。威勢の象徴かな。




上の二枚は旅籠 玉屋。関宿を代表する大旅籠。二階の塗籠の格子上の鏝絵はここだけしかなかった。


創業370年の銘菓「関の戸」の菓子司 深川屋。これは京に向かう側から見たもの。


江戸に向かう側から見ると看板に違いがある。
江戸に向かうは漢字の硬い感じ、京に向かってはかなの柔らかい感じになるよう使い分けているそうだ。(これは犬と散歩していた人からレクチャーを受けた)看板の上の屋根もなかなかいい。



高札場の後ろが現在は郵便局というのも面白い。郵便局も建物は江戸風。




地蔵院は鐘楼と共に国の重文。本堂はしっとりした感じで鐘楼は周りを囲われた珍しい造り。


これは山車(だし)倉で関宿には最盛期16基の山車があったそうだ。この山車が狭い関宿を練り歩くのはこれ以上は無理という意味で「関の山車(やま)」という言葉が生まれたそうだ。7月20日を過ぎる土日が祭礼。(今年は7月25、26日)

 まだまだ見所はあったが、戻ることにした。戻ってきたところはJR関宿駅。


これもいい感じだ。そして隣が道の駅「関宿」




 さて朝食を済ませたら出発する。
名阪国道を走り、伊賀上野からは国道163号で木津川から門真、そして万博記念公園の横をかすめて宝塚から三木、加古川に抜ける山の中コース。あとは国道2号線を走って今は岡山県の西の端で道の駅「笠岡ベイファーム」に来ている。

 途中の倉敷で温泉に入ってきたら渋滞につかまって時間がかかってしまった。



倉敷の温泉、「蔵のゆ」\410(内湯のみのさっぱり入浴コース)。ちょっと肌がつるつるするのは投入してある炭酸水素ナトリウム剤のせいなのかもしれない。一応温泉で成分総計は0.74g/Kgと表示があった。


今日はよく走った。走行は342.6キロ、燃費は11.3Km/L。伊賀の山越え、生駒山越え、西宮名塩の登りと3つの山越えがあったにしてはいい燃費だ。


















 
コメント

名古屋を通り越して道の駅関宿に着いた(2015/6/18)

2015年06月18日 | 2015/6 信州に行こう
伊那谷の道の駅「花の里いいじま」では昨夜の雨は上がったが、東西の山はガスに閉ざされている。残念だが出発。道の駅で仕込んだ情報では近くの与田切公園で越百(こすも)の水という名水を汲むことが出来るようだ。行ってみると公園の入口に越百の水という看板は出ていたが、駐車場内にある場内の案内図には表示がない。隅の方の「井戸」と書いてあるのがそれかと行ってみたら、先客が沢山のPETボトルを並べて入れている最中だった。



どうやら井戸の水をポンプで汲み上げているようだ。冷たいし柔らかで美味しい軟水だ。今後の飲用に10Lほど入れて帰ってきた。

 いよいよ伊那谷から三山くらい越えて豊田市に行く。ところが行けども行けども長野県、つくづく長野は広いと思った。主として走ってきた国道153号線は山越えのルートにしては全線センターラインありで2速にすることもなく走り易い道だった。

 四日市に入るあたりで雨が降り出した。そして雨の中をそのまま道の駅「関宿」に到着。今日はここで車中泊。





この雨では関宿の町並みを見て歩くのも億劫。明朝雨が上がっていたらすこし歩いてみよう。

本日の走行距離は245.0キロ、燃費は10.8Km/L。
コメント (4)

せっかくの野辺山高原も八ヶ岳は見えず(2015/6/17)

2015年06月17日 | 2015/6 信州に行こう
 今朝の道の駅「上田道と川の駅 おとぎの里」の駐車場ではバンコンやワゴン、軽ワゴンなど10台くらいが車中泊していたようだ。



道の駅の裏側は川の駅でヘリポートがあって、その隣の芝生広場にテントがけで「全国陶器市」というのをやっていた。さらに千曲川の河川敷に降りていくと川の駅の遊歩道が少しだけ延びている。

  

国土交通省の仕事にしては珍しく不安定な丸太の橋が人工中洲に架かっている。川の遊歩道としても、川に親しむ仕掛けとしても中途半端に感じた。

上田から木曽路を行くか伊那路を行くかを考えたが、八ヶ岳と南アルプスを見たくて野辺山経由で伊那路を南下することにした。道中の天候も晴れと曇りなのでそこそこの景色も期待できると思って出発した。ところが野辺山の手前から雨が激しくガスのために一里四方が霧の中だ。当然山の景色など望むべくもない。



雨や曇りを繰り返し今日の温泉は松川町営の信州まつかわ温泉 清流苑 \400。ここは屋内競技場、温水プール、テニスコート、パターゴルフ、宿泊施設、レストランに温泉施設など町内の総合レクレーション施設だ。田舎の小さな町はこんなところがあっていいなと思う。





 さて温泉だが無色透明なアルカリ性単純温泉。成分総計は0.6g/Kgに満たないが炭酸水素イオンがその半分以上を占めている。不思議なことにさらっとしているのに指を揉み合わせるとヌルヌルする。本日は露天風呂から中央アルプスの雄大な姿が見えないのが残念。

 今日の車中泊は道の駅「花の里いいじま」駐車場の傾斜も少なくいい感じだ。ここからは中央アルプス、南アルプス両方が見えるはずが本日は全く見えない。






本日の走行は211.5キロ、燃費は10.2Km/L。




コメント

洗濯をしてからイオン上田店でショッピング(2015/6/16)

2015年06月16日 | 2015/6 信州に行こう
今日は洗濯日と決めていたので、天候はともかくまずコインランドリー探し。今日は上田方面に走るので国道18号線沿いでGoogle Mapで検索したら長野市の川中島近くの「ふわふわハローコール広徳店」という店があった。洗濯から乾燥まで一気に出来る機械が4台あって、かなり大量の洗濯物があったが\1,000で70分。80度の高温乾燥だそうで気持ちよく乾いている。

 お昼はファミレスのランチ。
 温泉は戸倉上山田温泉の「万葉超音波温泉」。名前だけ聞くと自分としては胡乱な感じで敬遠するが、今回は「まっとうな温泉」の無料入浴温泉手形があったので行ってみた。戸倉上山田温泉とは千曲川を挟んで反対側にある。



  

一見ゴチャゴチャした感じだが、無料の足湯はあるしコインランドリーもあってなかなか実用的。洗濯している間に温泉が楽しめる。その温泉も\350。看板には「大衆浴場 万葉温泉」と書いてある。入口を入ると自動券売機はあるが、受付がない。仕方なしに男湯ののれんをくぐると番台があってそこで入浴手形に印を押してもらった。浴室に入るとすぐに硫黄臭がして嬉しくなった。浴槽は源泉が溶岩の石組みから流れ落ちている源泉かけ流し浴槽とそこから溢れたお湯が入ってくる中浴槽、さらにあふれたお湯が入る浅い浴槽の3つで、中浴槽には底から泡を吹き出している。源泉のお湯は熱めで2分ぐらいで降参、中浴槽は適温ぐらいになっている。
 源泉の湯口にはコップが置いてあるので、飲用できるということだろう。硫黄泉らしいゆで卵の味がした。
 超音波の由来は、かつてここが自噴の温泉だった頃、温泉に含まれていたガス分が気泡となって湯面で弾けるとき超音波が発生するために、入浴者の体温が内部からすこし高くなるという某博士の研究成果に基づいて、超音波温泉と称しているということだそうだ。いまはガスを含有していないので人為的に中浴槽に空気を吹き出して超音波を発生させているということらしい。そんなことをしないでもいい温泉だった。

 次の写真は川向こうの戸倉上山田温泉。



 温泉から上がったあたりで雷とともに雨が降り始め、しばらくすると激しい雨になった。梅雨の雨というより夏の夕立だ。

 車を走らせてイオン上田店にかけこんで、しばし買い物。

 今日の車中泊地は道の駅「上田道と川の駅 おとぎの里」。名前が長いのは新しい道の駅かな。



 本日は走行78.1キロ、燃費は9.5Km/L。


コメント

志賀草津道路を通って再び信州に、志賀高原四十八池を散策(2015/6/15)

2015年06月15日 | 2015/6 信州に行こう
 草津の名水を調べてみたらなんと道の駅の裏手で石尊水という名水が汲めるようだ。草津の今朝は快晴だ。山に上がっていくのが楽しみだ。



まず道の駅「草津運動茶屋公園」に行って名水を汲む。今日は月曜日なので駐車場も空いている。土産店の右に回り込んでいくと案内看板があって、

  

これが石尊水だが、出ている水量が僅か。一杯だけ飲んでみるにはいいが、量が多く必要な場合はここから右側の階段を少し上がると塩ビパイプからどんどん出ている。



今日は10L×2+20L+2L×7を奥と二人で合計5往復、冷たくて美味しい水だ。

 いよいよ志賀草津道路だ。白根山の噴火を警戒して湯釜から半径1キロに入る区間は駐停車禁止、さらに夜間通行禁止になっている。

 道路を上がっていくとだんだん天気が悪くなってきた。殺生河原駐車場までは規制外で白根火山ロープウェイも規制範囲外なので運行している。これで上に上がっても湯釜は見えないと思うけど。



 ゆっくりとしか走れないので走りながらモニターも見ずに写真を何枚か。

      

 白根山レストハウスは素通り。

 信州に入って渋峠でカップ麺の昼食。というのは食堂に入ってメニューの写真を見ているとあまり美味しそうには見えなかったため。



たっぷりのレタスにお湯をかけて、レタスラーメン? これでもその辺のドライブインのラーメンと遜色ないと思うけど。


景色はいいが、残念なことに天候が今一つで視界が効かない。





 硯川まで降りてきて、ここから志賀高原の散策ルートを歩く。四十八池までの池めぐりコースを往復する。



登山口からしばらくはスキーコースの迂回ルートのようなところを歩いて、リフトの上側に出てくる。

早速出迎えてくれたのがこの花。根子岳にもたくさん咲いていた。



上は湿原になっていてこれはワタスゲだな。





あとは歩きながら探すが花はなかなかみつからない。

  

渋池に来たが、ワタスゲが少し。



案内図がある。



このあとも遊歩道は広く、気持ちよく歩くことができた。最初は明るい広葉樹林。



しばらく行くとコメツガやオオシラビソなどの(自然の)高山帯針葉樹林になってくる。大きな木でも杉や檜の人工林とは空気が違う気がする。



ところどころ雪も残っている。また防熊鈴もいくつかあり、見つけるたびに大きく揺らして音を立てた。この単管パイプを切って加工した鈴はカリン・キリンといい音がする。

    

 小一時間で四十八池に到着。





ここは標高1,880メートルの湿原で、池は60個程度のようだ。この木道を歩いて行ったが、まだ花には早いようで少ししか見ることができなかった。

     

それでも誰もいない静かな湿原をじっとして眺めていると時間を忘れそう。



 現実にはそうもいかない。奥がクルマで待っている。

帰り道で散った花が苔の上に落ちていた。ただそれだけのこと。



 クルマに戻ってからは湯田中に向かってどんどん降りていく。昔に比べると道路が格段に良くなっている。

 湯田中駅に着いて今日の温泉は駅前温泉の楓の湯\300。駅前温泉どころか湯田中駅の旧のホームの上に建っている。

  



温泉の建物の隣は旧の湯田中駅を残している。

この温泉のお湯は無色透明。ナトリウム、塩化物、硫酸塩温泉の名のとおり、塩素イオン、ナトリウムイオン、硫酸イオンが多い。源泉が91.7度なので加水しているがかけ流し。街中の小さなお風呂で風情はないが、露天もあるし旅行者が気軽に入るにはいいところだ。

 ここから中野のイオンに行って買い物、再び湯田中に戻って道の駅「北信州やまのうち」に来た。ここは国道292号線の両側に広い駐車場があるが、どこに停めても斜めの傾斜になる。それでも道の駅「高野」ほどではないので、レベラーを出すことなく適当に折りあいをつけて寝る事にしよう。

 本日の走行は68.9キロ、燃費は8.8Km/Lだった。




コメント (6)

草津温泉の地蔵の湯に入って、湯滝通りの三國そばを食べる(2015/6/14)

2015年06月14日 | 2015/6 信州に行こう
朝の目覚めは屋根を打つ雨の音。午前5時だがこれは困った。今日は志賀高原に上がるつもりだったのだ。珍しく奥も起き出してきて雨だから洗濯日にしようと言っている。
そこで改めて雨雲の動きや週間天気予報などを見ると、今日の雨は間も無く止みそうだ。そしてここまで来ておいて天下の草津温泉を素通りするのは勿体無いということで、今日は草津DAYとした。

西の河原の大露天風呂も魅力的だが、やはり街の中の共同浴場が草津らしいと思うので、地蔵の湯に入ることにした。草津の真ん中、湯畑観光駐車場の前に来たら、小型車2時間\500とあるので、それなら入ろうとしたら入り口で「キャンピングカー は\1,000ですと言う。」なんだかバカバカしくなって飛び出して、西の河原公園の先にある天狗山第一駐車場に入れた。

 ここは無料だが地蔵の湯まで2キロと距離がある。坂道なので自転車も難がある。西の河原公園の中を通って歩て行く。最初は普通の公園だが坂を下りていくと温泉が川になって流れているし、あちこちの池の底から温泉が湧き出している。これはなかなか面白いところだ。他の温泉地では源泉の場所は硫化水素ガスなどのため、○○地獄などといって中にははいれないことが多い。





 公園を出るとすぐに商店街に繋がっている。



 ここをだらだらと下っていくと湯畑に出る。何だか硫黄臭に感じなくなっている。湯畑、これはこれですごいと思うが、もっともうもうと水蒸気が上がっているのを想像していたので、ちょっと期待はずれのような感じだ。そうかあの水蒸気は冬の写真だったのか。



 奥はこの付近のお土産屋さんで買い物をするので、自分は地蔵の湯に向かう。





鍵の手になった角にあって周りは思っていたより広々している。正面左が足湯、右が地蔵の湯でのれんの奥は休憩スペースのようになっていて、正面に小さな男湯の入口がある。入っていくと思いのほか小さな浴室に浴槽。脱衣スペースも浴室の中だ。日曜日ということもあるのか、かなり混雑していた。

 湯口から離れたところに入ったのでお湯は思っていたほど熱くはないが、5分ぐらいが限度。硫黄臭が少しで無色透明なお湯だ。ただ昨日の根子岳登山の際に日焼けした首筋がピリピリと痛い。3回ぐらいお湯に出入りしたが、ゆっくりするような状況には見えないので、出てきて休憩スペースにあるベンチで風に当たった。
表示された分析書によれば、酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉(低張性酸性高温泉)で、pHは2.08、硫酸イオンが多く、塩素イオン、硫酸水素イオンがそれに次ぐ。成分総計は1.67g/Kgとあった。

 入浴しているときから草津節などが聞こえていたが、入口ののれんの左側の建物が時間湯のお湯で、ちょうど湯長の指導のもとに湯もみや時間入湯をしていたようだ。休憩スペースで休んでいる間も号令やオーという掛け声などが聞こえていた。

 地蔵の湯を出て右側の木の柵の中が地蔵の湯の源泉が湧き出ているところだ。底からプクプクと気泡が上がりながらお湯が出ている。底は湯の花で真っ白になっている。



今度は別の道を歩いて湯畑に出た。目の前に共同浴場の白旗の湯があった。ここは源泉が違うのでお湯の感じも違うかなとは思うが、奥との待ち合わせ時間もあるので連湯は諦めた。



 そのかわり待ち合わせ場所の足湯に入っておいた。ところが熱い。



我慢のしどころと入っているところで奥もやってきた。奥は熱すぎると言ってちょっと足をつけただけでやめてしまった。自分はといえば足が真っ赤。

 ちょうどお昼どき。来るときに奥が目をつけていた湯滝通りの三國家で三國そばをたべることにして、店の前に行ったら、行列ができている。代表で並んいる人もいたので、実質20人以上だった。



    

三國そば\950は2.5人前とあるが、食べてみたら3人前ぐらいある。これに汁は別で、田舎汁\400 天種汁\450は温かい。そばのつけ麺という感じで、面白くもありそこそこ美味しいそばだった。ただそばがぷちぷち折れて短くなるのは残念。



  

この三國そばだけで二人とも腹一杯になってしまった。


クルマに戻り、道の駅「草津運動茶屋公園」に行ってみた。なんと車が一杯だし、国道292号線に沿って長く延びている駐車場で落ち着かない。奥はしばらく買い物、自分はアイドリングで充電。



 この後、再び天狗山第一駐車場に戻ってきた。ここはトイレは新しく落ち着いた気持ちのいい場所だ。ワンボックス車の横にテーブルを出してくつろいでいる家族がいたりするのは頂けないが、見ないことにしてここで車中泊としよう。

今日の走行はほんのわずかな13.0キロ、燃費はアイドリング充電もあり4.0Km/L






コメント (2)

菅平の根子岳に登る(2015/6/13)

2015年06月13日 | 2015/6 信州に行こう
今日はまずまずの天気だ。天気予報も晴れ。そこでかねてから(35年前)登りたいと思っていた根子岳に登ることにした。35年前だが長野に住んでいた頃、何度か奥と一緒に菅平まで来て峰の原の別荘地の一番上に車を停めて根子岳を眺めながら、そのうちあの山の頂上に立とうと思っていた。

 あの時の場所はよくわからないが、今回は峰の原のこもれびホール(峰の原高原集会所)前に車を停めた。ここにはトイレもあるし、登山届のポストも置いてある。奥はここでお留守番。



ペンションの並んだ道路を少し歩いて、登山道に入る。

  

登山道を進むと牧場に出て、そこに管理小屋がある。ここで入山料\200をポストに入れる。ここの登山道は私有地のため、通行料のようなものだ。



 ここからしばらくは右は牧場、左はゴルフ場の間の石がごろごろの道を登る。牧場越しに見る根子岳はどこまでもなだらかな山容なのだが。




    

      

    

 この朱色というか赤橙のツツジはれんげつつじというらしい。登り口のペンション街で庭の花の手入れをしていた方に「庭の花が見事ですね」と挨拶したら。「根子岳は今れんげつつじが綺麗ですよ」と返された。それがこの花。根子岳のどこでも遠目にもわかるくらい咲き誇っている。

      

    

   

      

  
 もうすぐ山頂。



山頂の社に2207mと書いてある。かたわらの石碑には「禰固岳霊社」の文字が。



ここで昼食を食べてから、しばし周囲の景色を楽しむ。



菅平高原はスキー場が多い。そのスキー場の下部のなだらかなところにも白く見えるビニールハウスが並んでいる。冬には撤去すればいいのだが、何を作っているのかと思う。(あとでこれはビニールハウスではなくてシルバーのマルチングのシートだとわかった。)それにしてもスキー場といえば牧草地か牧場、普通は何もない原野だが、夏の間は畑になるというのは驚いた。



これは四阿山。こちらからの登山道を(縦走で)やってくる人も多い。



こちらは志賀高原方面。左の奥に笠岳の右側で霞んでいるがなだらかで高くなっている山が横手山だろう。その頂上直下を志賀草津道路が横切っている。

そのまま北側の斜面の下を見ると薄い朱色の葉と白い花が咲いている木がある。あれはもしかして山桜かな。そうだとしたら吉野の奥千本よりも二月も遅い。



そろそろ帰ることにする。同じ道を戻る。





帰り際にちょっと小根子岳に寄り道。



牧場まで帰ってきたら、牛がお出迎え。




 クルマまで戻ってきたが、菅平高原には車中泊するのにむいている場所が見つからない。いろいろ考えた結果、明日は志賀草津ルートを走って再再度信州入りすることにして、今日は群馬県の道の駅「六合」に行くことにした。



この道の駅には応徳温泉「くつろぎの湯」\400がある。



これが思いのほかいいお湯で、硫黄臭がする薄い白色のにごり湯でなめるとゆで卵の味がする。白色のにごり湯は湯の花が白く濁って見えるわけだが、ここの湯の花は黒くて細い糸くずのようなものが漂っている。露天風呂がないのが残念。成分総計は1グラムだが、硫酸イオンが410mgでかけ流しのなかなかにいいお湯だった。
 国道に面した表側の駐車場はかなりの斜めの傾斜になるが、裏にある下の駐車場に行けば左右の傾斜はあまり気にならない。また下の駐車場の片隅に無料の足湯もある。


 本日の走行は82.7キロ、燃費は8.3Km/Lだった。





コメント

戸隠森林植物園を歩き回って宝光社で戸隠そばを食べる(2015/6/12)写真と記事追加

2015年06月12日 | 2015/6 信州に行こう
 今朝は雨。上がるまで道の駅の入口の産直野菜などを見ていた。結局大きなレタス、人参、山うどを買って出発。
 黒姫から戸隠に向かい、戸隠森林植物園の駐車場に車を入れた。



植物園といっても自然のままの植生を保護しているエリアに、道や木道をつけて観察できるようにしている。まだ時期が早いのか花は少ないが、気持ちよく歩くことができた。







      

    



ここでは水芭蕉は完全に時期遅れで大きな葉だけが茂っている。

    

    

    

 森林植物園の中を歩き回って、戸隠奥社の参道に出た。ちょうど随身門手前あたり。ここからは戸隠奥社参拝の人も多い。






 奥社まで行って参拝した。





ここの参道の杉並木もすごい。約400年の樹齢だそうだ。



 奥社から戻ってきたら既に14時近く。お昼も忘れて歩いていた。

 バードラインを長野方面に走って。戸隠宝光社の宿坊「築山」で遅い昼食を摂る。





お店に入ったところのテーブル席に囲炉裏が切ってある。

もちろん戸隠そばのざる。ぼっち盛りでお願いした。これでないと戸隠そばらしくない。



これは大盛りで\1,000だが予想を超えた量だ(奥は並で\850)。そして美味しいそばだ。ここまで来た甲斐があったというものだ。おまけにそばの実入りのご飯まで出てきて、遅い昼食でもお腹いっぱいになった。



 善光寺は何度も参詣しているのでパスして、長野市内を横断して今日の温泉に向かう。

 今日は高山村の蕨温泉にした。村営の温泉で\300。



お湯は無色透明で成分総計2.2グラム/Kg。硫酸イオンと塩素イオンが多いが、温泉らしさがあまり感じられなかった。露天風呂は屋根のかかったテラスで、前面が田畑になっている。

 再び千曲川の方におりてきて、今日の車中泊は道の駅「オアシスおぶせ」。ここは上信越自動車道のPAと共用の施設になっている。小布施の総合公園の園内にあって時間があれば散歩に向いている。



本日の走行距離は81.3キロ、燃費は9.1Km/L。



今日はしなので買ってきた山うどの調理で時間が取られてしまった。でも酢味噌和え、枝葉の胡麻和え、皮の部分のきんぴらで全部食べられる。

コメント

謙信の春日山城を歩いて、燕温泉の露天湯に浸かる(2015/6/11)

2015年06月11日 | 2015/6 信州に行こう
今朝は信州ではなく越後の能生で目を覚ました。今日も日本海は波静かで、まずますの天候。昨夜は静かに眠ることができた。

  

 道の駅の裏側(日本海側)の駐車場は表側の国道8号線の音がほとんど聞こえない。さらに車の出入りの少ないので、車中泊には好都合だ。

表側の糸魚川寄りにはカニと海産物の店が数軒ある。今カニを買うわけにはいかないので、今夜のためのヒラメの刺身用と自宅用に冷凍の味噌漬けの魚などを買った。

 

 道の駅を出てしばらく走ると筒石という漁港がある。地図に「断崖下の集落」と書いてあったので、気になってちょっと手前の筒石漁港の入口にあった公園にクルマを停めて見学に行った。
浜のメインの道路よりも一つ山側の狭い通りの両側にぎっしりと家屋が並んでいる。



これらの家屋の多くは3階建て、中には4階建てのものもある。しかし崖を背にしてぎちぎちに家屋があるのではなくて、崖側も海側も3軒位は奥行がある。要するに一戸あたりの敷地面積が小さいので上に伸びているという大都会並みの集中度になっているわけだ。



こちらは漁港から離れたところの家屋群で先に行くと崖を背にして一列に3階建てが並んでいて、まさに「断崖下の集落」。それでもあまりインパクトがない。やはり前の道が広いから?

 思うにここの漁港の水揚げが昔から大変良好なので、多くの人たちがこの狭い土地に住んでいる。さらに収入も多いので3階建ても大きな負担ではないということではないか。

  

その崖を上がると山側の道路がある。この道路に面して2階建て、下の道路に面してさらに2階下がって合計4階建てというのもある。上から見ると都会のように数軒の家がそれぞれ壁を共有している。

 この上の道路の横は旧北陸本線の線路だったようで、今は自転車・歩行者道路になっている。





上から筒石漁港を望む。今日は静かな海だ。

 ここから新筒石駅に行ってみる。急な坂道を500メートル位上がっていくと、筒石駅まで100メートルという看板が見えてくる。

  



筒石駅は駅舎から階段を40メートル下にホームがあるトンネルの中の駅。さらにこの駅で駅員が常駐らしい。



行った時には駅員は列車の到着に合わせてホームに出ていたようだ。地元の要望で駅をこんな形で作って駅員までいるとなれば、筒石の住民は車など使わないで列車優先なんだろうなと思う。それにしても下から歩いて上がってくるのは大変だった。



 帰り道の路端の花。


 国道8号線を進んでちょうどお昼時なので、道の駅「うみてらす名立」に立ち寄った。



ここは海産物は能生ほどではないが、食事を出す店がフードコートのようになっていてなかなかいい。受け取った食事をテラスに持ち出して食べることも出来る。「かにちらし」\900と奥は「うに丼」\950(税抜き)。

  

うに丼は感動の美味しさだったようだ。カニはちょっとすかすかした感じでカニの足が細い。よく考えてみると小さなカニの足の身を丁寧に抜き出してぎっしり並べているので、技ありというところか。

テラスの前は中庭になっている。夏はプールになるようだ。



 
 しばらく走って上杉謙信の居城だった春日山城に行く。下から上がって少しいったところに駐車場がある。かなり大規模な山城だ。



春日山神社の石段下の駐車場から歩く。まず春日山神社に参拝してから尾根筋を上がっていく。





この尾根筋のところどころを平地にして家臣の屋敷や二の丸、三の丸を設けて最上部に本丸と天守台、そのすぐ下には夏にも枯れることのない井戸があり、さらに谷筋は極めて急峻とくれば攻めるのは極めて困難な堅城だ。中世のことなので砦のようなものだろうが、山城のお手本のような城だと思う。







本丸からのパノラマ。



 帰り道の石垣の上に立つ謙信像を最後に春日山城を後にした。




 夕食を買って温泉に行く。今日は妙高の最高所温泉、燕温泉の露天湯「河原の湯」に行ってみる。

    

 日帰り入浴の車は温泉街の少し下の駐車場まで。ここらあたりで外に出ると硫黄臭がプンプンする。
温泉街を登りきって登山道を歩いて10分、吊り橋がある。



この吊り橋を渡って左の谷を奥に行けば「河原の湯」だが、吊り橋の床版がない。要するに修理中で渡れないので、吊り橋の脇の崖を降りて沢を渡ることになる。

  

 そこにありました。この脱衣小屋の向こうが目指す「河原の湯」。



ところが脱衣小屋は泥水が入り込んで使えそうにない。誰もいないので外で脱いで入ってみた。お湯は白濁した硫黄泉でこれぞ温泉という好みの感じだが、いかんせん浴槽の中が綺麗ではない。湯の花以外の浮遊物やごみがふわふわ漂っている。





湧いている温泉は熱いが底と周囲の崖から冷たい水が出ているので、かなりぬるくなっている。5分ぐらい入ってマイ湯おけで肩からお湯をかけていたが、あまりくつろげないのであきらめて出てきた。

 
また元の道をてくてく戻り、今度は温泉街の外れを左の急坂を登り薬師堂の脇を抜けて「黄金の湯」に向かう。





ここからは妙高が見える。



こちらは男女別の露天湯。入ると底から湯の花や虫の死骸などが沸き上がってくるが、これならかなりマシだ。お湯はちょっとぬるめでゆったり入っていられる。



ちょっと青みがかった白濁したお湯は硫黄臭が少しする。いい温泉だなと思う。
十分楽しんでクルマに戻り、今日の車中泊場所は道の駅「しなの」

  

本日の走行距離は85.4キロ、燃費は8.0Km/L。


コメント

栂池自然園は雪の中(2015/6/10)

2015年06月10日 | 2015/6 信州に行こう
 今朝の道の駅「池田」はいい天気だが、西方向の常念岳などの北アルプスの山はガスに隠れている。ここから北に向かって山の天気が良ければ、栂池のゴンドラ、ロープウェイを乗り継いで栂池自然園に行くことにした。

 大町のあたりから山もきれいに見えるようになってきた。木崎湖、青木湖もパスして国道を快調に走る。途中の道の駅「白馬」で休憩だが、奥がなかなか戻ってこない。色々と買い込んでいるようだ。





 栂池の第一駐車場\500にクルマを停めて、ゴンドラリフト「Eve」で上に向かう。



  

標高差743メートルを20分で上がっていく6人乗りのゴンドラだ。



正面奥が八方尾根スキー場の上のほうだから、それに続く正面右奥は唐松岳かな。

 「Eve」を下りたら少し舗装道路を歩いて栂池ロープウェイで標高1,829メートルまで上がる。



さらに舗装道路を400メートルほど歩くと栂池ヒュッテ、ビジターセンターに到着。このビジターセンターが栂池自然園の入口ゲートになっている。

 到着して唖然。目の前に湿原があると思っていたら、雪原がずっと広がっているだけ。木道はほとんどが雪の下だ。





雪原上のピンクのリボンをつけた杭を目印に進んでいく。水芭蕉の群落だけはあった。





あとはただ雪原散歩。このまま1時間半くらい歩けば展望台に着くらしいが、歩きにくい、変化がないのであっさりと帰路に着いた。帰りのロープウェイ駅に着くとジャージに運動靴姿の高校生がいっぱい上がってきた。下の駅にも溢れていたが修学旅行の一行らしい。あの格好でズブズブの雪原を歩くとどうなることやら。それもいい経験だろう。

下りのロープウェイの乗務員に話を聞くと、ロープウェイの下の駅の付近に少し花も咲いているとのこと。降りてから周辺を歩いてみた。

    

  



栂池自然園は7月以降がいいようだ。今は時期が早すぎた。今の時期なら八方尾根の方がよさそうだ。

 本日の行程はここまで、国道148号線を北上して道の駅「小谷」で温泉に入って車中泊のつもりが、本日は休業だった。おまけに駐車場が国道のすぐ脇なのでかなり騒がしい。


 
 しばらく考えたが北上して新潟県に入り、道の駅「能生」に来た。ここは国道側の駐車場の他に建物の裏手に日本海を目の前にした駐車場もあって、こちらは静か。(海が荒れているとしぶきがかかるかも)

 本日の走行は110.8キロ、燃費は11.9Km/L。







 





 
コメント

大王わさび農園と道祖神巡りその2 (2015/6/9)

2015年06月09日 | 2015/6 信州に行こう
 昨夜はかなりの雨が降った。その雨も9時頃には上がり、道の駅にも買い物客が大勢来ている。朝食の後、野菜を少し買ってから大王わさび農園に行く。



 奥は早速わさびソフト。一口もらったが何とも新しい味だね。



 5メートルぐらいの谷の底が砂利敷でそこがわさび田になっている。谷はびっしりと寒冷紗がかかっている。



見学道の脇に何体かの道祖神がある。どこかに祀られていたものを譲り受けてここに置いたのだろうな。そこにも歴史がある。



わさび田の湧水は最終的にまとまってこの川になって犀川になり千曲川に合流して日本海に注いでいく。この付近のグーグルマップを見たときに数多くの池のような表示があったのはこのような伏流水が作る川だったのか。



    

この伏流水は日本名水100選の水だそうで、園内の蛇口から汲むことが出来る。



 ちょうどお昼どき。園内の蕎麦屋で信州そばをいただく。大王の伏流水で2段締めをしたそばに、わさびはもちろん大王印の生おろしわさび。

  

大ざる\1,030とざるおやきセット\930。そばがきゅっとしておいしい。わさびもつゆに溶くのがもったいないので少しずつそばに絡めて食べた。まろやかな辛さでこれもいい。

 大王農園から外に出てすぐ左側に安曇野市の観光案内所がある。ここで道祖神のガイドマップについて尋ねたところ、穂高駅を中心とした道祖神巡りのマップを出してくれた。実はこれはこの後に穂高駅前の観光案内所で入手しようと思っていた地図だった。
このまま駅近くのショッピングセンターに行って折り畳み自転車を出して、道祖神を訪ねるポタリング。奥はショッピングセンターで買い物。実はセカンドシートを一番後ろに下げて後ろ向きにしたら、ダイネットの足元は狭くなるが折り畳みの自転車が何とか入るスペースが出来たので、いつものふとん袋に入れて自転車を持ってきたのだ。




 走り始めて最初に目に入ったのは道祖神ではなく、マンホール。表示からすると流域下水道の幹線マンホールのようだ。



以下はどんどん走って色んな道祖神に出会った。

    

   こちらは「水色の時」で有名な道祖神だそうだ。

このあたりは湧水をあつめた水路が網の目のように流れていて、道も曲がりくねって思わぬ方向に行かされてしまう。



    

      

      

  

 穂高駅近辺の道祖神をほぼ巡り終わって、奥は「岩崎ちひろ美術館」に自分はすぐ隣にある「馬羅尾天狗岩温泉すずむし荘」の温泉\500に入る。



 単純弱放射能線ということだが、主な成分として炭酸水素イオンが0.4g/Kgあってそこそこのものだ。すこし肌がつるつるするかな。

 今日の車中泊地は道の駅「池田」。県道の両側に駐車場があるがハーブガーデン側の隅に停めた。

  

ここならトラックが近くに来ることはなさそうだ。
本日の走行距離はわずかに35.1キロ、燃費は10.2Km/Lだった。


コメント

安曇野の道祖神を訪ねて 1 (2015/6/8 その2)

2015年06月09日 | 2015/6 信州に行こう
 道の駅「アルプス安曇野ほりがねの里」に到着したのは17時少し前。ここまで少し急いできたのは、ここ道の駅に来れば周辺の道祖神の案内マップが手に入るだろうという目論見だった。ところが案内書にはこの周辺の観光案内の類が全くない。

 仕方なしに安曇野市のWEBページを見て近隣の道祖神の所在を紙に描いて、積んできた折り畳みの自転車で出発した。ゆっくりしていると雨だ。



アルプスの山も姿を隠しつつある。

 この近辺は細い道が網の目のように入り組んでいて、わかりにくい。大まかな方向で走っていたら何体か行き合うことができた。

    

    

      





 この辺の田んぼはちょうど田植えを終えたところだ。また半分位は麦を作っている。小麦のようだが何にするのだろうか。讃岐なら「うどん」とすぐに思い当たるが。

コメント