ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

のんびり帰着

2013年07月23日 | 2013/7 二度目の九州
 道の駅みとうですこしぶらぶらしてみた。敷地の裏側は小さな川を整備して親水公園を作っている。特筆すべきは観光案内所で山口県全体の観光パンフレットをあれこれそろえている。自分は道の駅までは来たんだけど、どこかいいとこないかな?ということがよくあるのでこういうところはありがたい。
 さて、お目当ての野菜類はかぼちゃ、きゅうり、なす、ピーマンを買った。キャベツ、レタスの類がないのは産地ではないということだろう。やたら大きなスイカを3,000円で売っていたが、あんなのを買っても夫婦二人では食べきれないとあきらめた。
 あとはナビの指示とおり山口市を通って防府から国道2号を他の車に合わせて走る。途中でレーダー式ネズミ捕りに出くわしたが、反対車線の車が1台ライトで教えてくれたので余裕で通過した。(ユピテルのナビには要注意ポイントとして登録してあった)
 さて、帰ってきてからが忙しい。荷物の積み下ろしの前に、庭の水遣り。ブラックベリーの収穫。クルマにたまったごみのとりまとめ。
ああ、一息ついて早くビールが飲みたい。

コメント

今日は家に帰ろう

2013年07月23日 | 2013/7 二度目の九州
7月9日から2週間にわたるたびも今日で終わりにする。明日歯医者の予約を入れている。
道の駅おふくで朝食を食べてから、道の駅みとうまできた。まだ8時30分なので店の開店まで少しある。ここで野菜を買ってから帰ることする。昨日のおふくでは、手ごろな野菜がなかったので、かまぼこを買った。ここはどうだろうか。
コメント

角島から於福温泉

2013年07月22日 | 2013/7 二度目の九州
 太宰府天満宮にお参りすれば、これまでとあわせて九州北半分については、自分の興味のあるところはおおむね回りきった。ということにしてそろそろ帰りかたを考える。高速道路をすっと帰るのも芸がないので、山口県内でどこか温泉に浸かることを考えてコースを考える。
 まず、昔行ったが記憶が薄くなっている下関火の山展望所。その昔、巌流島を見て心躍らせたような記憶がかすかにある。その時はロープウェイであがったと思うが、今回は火の山パークウェイという自動車道路。
上まで来ても日差しは強く、強烈に暑い。その中を火の山公園内の散策路のようなところをぐるり回った。幸いなことにガラス張りの冷房付き展望所がある。3Fが展望台、2Fが展望レストランという造りになっている。今回は自分に用があるのは3Fのみ。


次に行くところは下関から北上して角島大橋を渡って角島灯台。以前行ったときは冬だったので、夏の景色が見たかった。
途中にあった道の駅北浦街道豊北に立ち寄る。ここはすごい道の駅だ。食事も食材も海のものから野菜までいっぱい、おみやげも外の出店も充実している。裏側はすぐ漁港だし、観光名所として成り立ちそうだ。
 自分としては近くの温泉とセットにしてここに泊まるのも悪くないと思う。でも今回はまだ昼前なので、角島で食べるお弁当を買って角島大橋を渡る。運転するのがうらめしいとはこのことだ。風もあってクルマがふらつくので余所見は出来ない。でも前を見ていていても十分楽しめる橋だ。


 せっかく行ってきたので角島灯台の写真を


灯台から歩いて島の突端まで行く。よくある断崖絶壁ではなくて、転石と岩礁の広がる浅い海岸が延びている。午後1時を過ぎるころに地元の漁師が三々五々軽トラックやカブさらにはシニアカーでやってきて、海に入っていく。深く潜るのではなく腰までの深さの海底のうにやあわびをとる漁のようだ。これなら生涯現役、楽しく生きていけそうだ。


帰りがけに角島大橋の中間点から写真を撮った。最初の写真もその一枚。


 これからどこに行くが迷ったが、温泉のある道の駅おふくにした。来てみると、ここはいますぐ食べる食材はそれほど多くない。まわりにコンビにもなく8キロ南のスーパーまで買出しに行った。
また戻って、その後は涼しくなるまで温泉にゆっくり浸かって、ここで沈没だ。

コメント

大宰府天満宮に参る

2013年07月21日 | 2013/7 二度目の九州
 今日は大宰府天満宮にお参りする。その天満宮のちょっと手前で九州国立博物館の看板が目に入った。これはこの機会を逃したらもう見る機会がないだろうと思い、駐車場に乗り入れた。


国立だけあって建物は立派。ちょうど中国の古代から唐の時代までの主として発掘された文物を中心とした「中国王朝の至宝」展を実施していた。常設展も見たが、九州を中心としているとはいえ本家東京と比較すると内容が薄いように思えた。それでも久しぶりに勉強した。(今は酔っ払ってみんな忘れた)

 さて、クルマはそのままに、エスカレータと動く歩道でつながっている大宰府天満宮に向かう。参拝客も多くきれいだが、厳かという感じがない。これも天神様の特色なのかな?


さらに、参道を逆にたどって大宰府駅の方まで行ってみる、こちらは賑わっている。


本日はこれまでにして、道の駅いとだに向かう。ナビによると到着が17時30分だから閉店まで余裕がない。
何とか時間とおりに到着して、今夜の食事を確保した。ここも国道のそばの駐車スペースは騒音がありそうだが、奥のほうに未舗装の駐車スペースが広がっている。そこは芝の上にプラスチックのブロックが敷き詰めてあり、アスファルトの駐車場よりも夜間の温度が低いのではないか思い、そちらに車中泊場所を定めた。

コメント

道の駅おうとう桜街道にて

2013年07月21日 | 2013/7 二度目の九州
 おうとう桜街道で目を覚まして、駐車場を眺め回してみる。目に付くのはバイクの3人。駐車場にテントを張って寝ていたようだ。ほかにキャブコンが1台、1BOXワゴンが3台、大型トラックが遠くに1台。
 昨夜は温泉が賑わっていたから遅くまで駐車車両も多かったのだが、今は閑散としている。
 食事とトイレを済ませ、昨日書き漏らしたブログを書いて、今日はどこに行こうと考えていると、ノートPCの電池残量警報が出た。そうだついでにサブバッテリーの電圧はと見ると、24V。ワッ、残量が25%ということだ。昨夜エアコンを3時間使ったし、昨日は英彦山登山に時間を使ったため、あまり走っていなかった。そのため走行時間が不足して充電量が少なくなっていたのだ。急いで本館の前に止めていたクルマを駐車場の隅に移動して、アイドリング充電する。充電電流は27A。
クルマの電圧モニターは中心より低め、このまま走行してエンジン回転が2000rpmを超えると、恐らくサブバッテリーの充電回路のブレーカが落ちてしまうだろう。


このまま9時過ぎまでここにいて、お世話になったこの道の駅で買い物をしてから出発だ。

コメント

英彦山に登る

2013年07月21日 | 2013/7 二度目の九州
 昨夜は英彦山の登山で体力を使い、書いている途中で寝てしまったので、昨日の記録。
 昨日は道の駅水辺の郷おおやまで気持ちよく目覚めた。国道212号線のすぐ横といっても、夜間に大型車がガンガン走るわけでもなくおおむね静かな夜をすごすことが出来た。駐車場所も大型車は道の駅に近い便利なところに指定されており、小型車専用の場所には入りにくくなっていた。この夜の車中泊車は自分のほかにはトヨタのノアが一台、ほかに大型トラックが一台いつの間にか泊まっていて朝7時に出て行った。
 さてこの日は英彦山に登ることにした。どんな行程にするかは、近くまで行ってからガイドマップなり手に入れて考えることにした。走っていく途中で「日本の棚田100選 竹地区の棚田」という看板があったので、そちらに入っていった。どんどん行くとJR日田英彦山線の筑前岩屋駅のところから道がぐっと狭くなった。このままいくと身動きつかなくなる恐れがあったので筑前岩屋駅の駐車場にクルマを止めて歩いていった。1キロも歩いたところで上のほうに棚田が広がっている。さらに500メートル上のほうには立派な駐車場付の展望台まであった。


 ふたたび英彦山に向けて走る。途中の道の駅小石原に立ち寄った。ここまでの道の脇に小石原焼きという看板や窯元の建物が多くあったので、焼き物の産地だなとは思っていた。道の駅はその小石原焼きの展示販売会場のような状況だった。この道の駅で山賊むすび2個入りを買って、英彦山に向かう。
 別所駐車場に観光案内所があるようなので、そこを基点にする。観光案内図を手に入れ、まず石段を奉幣殿まで行って中岳山頂の上宮まで登り、下りは北岳経由で豊前坊経由別所駐車場まで12.8キロのコースに決めた。


 奉幣殿までは英彦山に来る人は誰でもいく。ちょっときつめの石段積みの参道だ。


 ここからが苦難の山登り。写真の右側の鳥居のところを登っていく。この写真のように最初は石段が続いているので普通の参道かと思ったが、すぐになかなか結構な山登り。前を登っていく人や下山してくる人はきちんとした登山の格好にストックを2本突いている。自分は小さなメッセンジャーバッグに水500ml、靴はタウンシューズ。これで大丈夫かと不安になるが、それでもあきらめずに休み休み登る。幸いほとんどの行程が林の中を行くので日差しは避けられた。

たどり着いた中岳山頂で上宮に参った。入り口の戸をあけて、さらに中の板戸越しに参るという形で、なにやら参拝の感じがしない。気が抜けて写真を忘れた。山頂からの景色も感動はなかった。

 北岳に行く途中で思い出して中岳の写真を撮った。

山頂の上宮が写っている。

 下りがまた大変だった、鎖場が何箇所かあってずっと急傾斜の岩場をほとんどまっすぐ降りていく。これが登りだったらとてもやってられない。
 で無事下山して、クルマに戻る。汗でびしょびしょ、体はへとへと。早く温泉につかりたい。道の途中の英彦山温泉しゃくなげ荘で立ち寄り湯。1時間湯に浸かって半分生き返った。あとの半分はビールと睡眠。

その夜は道の駅歓遊舎ひこさんで車中泊の予定だったが、すでに営業時間外で食品がない、近くにコンビニもない。しかたがないのでどんどん走って行って、ここ道の駅おおとう桜街道まできた。途中のコンビニで食料品を仕入れたので、後は駐車場所決めをしてビールだ。
 この道の駅は温泉が併設されている。駐車場も広い。トイレも本館の中で、きれいで気持ちがいい。今度この方面にくることがあればここが車中泊の最大候補だ。今度は早く来て温泉でゆったりしたい。



コメント

ポインタの迷走が解消

2013年07月20日 | アラモの快適化
たびのはじめから頭を悩ませていた中古ノートPCのポインタの迷走が解消した。このクルマでは350Wと2KWのインバーターを装備している。350Wの方は12V系と連動してスイッチが入るようにして、テレビやプレーヤ等の小物、携帯機器の充電などに利用している。2KWの方はエアコンや電子レンジなどに使う電源で必要に応じてナイフスイッチを手動で操作して起動している。ノートPCは350Wの方にACアダプタを差し込んで使っていたわけだが、コンセントからはずしてみたらポインタの迷走が解消している。
最初はウィルスか?次にハードウェアの故障、さらに手のひらをトラックパッドやキーボードに近づけると迷走が始まるので静電気の仕業かとあれこれ考えてきたが、どうやら電源系からの高周波信号?要は雑音の回り込みのようだ。
このノートPCは中古で買ったのでバッテリーがへたっており、充電しても30分も持たない。このため充電しておいてアダプタをはずして使うわけにもいかない。だめもとと思って2KWのインバータにつないだら、正常動作する。でも2KWのほうは小電力を使うときは効率が悪い。負荷がなくても1A、24W消費する。どうしたものか?
コメント

日田でのんびり

2013年07月19日 | 2013/7 二度目の九州
今日は一日、日田でのんびりして過ごした。朝9時にせせらぎ郷かみつえを出発して日田にやってきた。ここまで来る間に2つのダムを横目に見てきたがいずれも水がない。日田天領水というくらい水の多い地域だからダムに水がなくても心配がないのだろうか。治水目的のダムなら普段は水位が低いほうが安全ということかもしれない。
さて途中で道の駅水辺の郷おおやまに立ち寄ったが、宿泊には手ごろな感じだ。すぐそばの国道212も大型トラックが夜中にガンガン走る雰囲気でもない。ほかに候補が見つからなければ、あとでここに戻ってきて停泊することとする。
日田の観光は天領時代の街並みということで、豆田町を訪れた。ナビにしたがって入っていくとすぐに市営「無料」駐車場があった。すばらしい、観光地の街中の一等地です。歩き始めて店先に案内マップがあるのに気づいた。日田全体と豆田町エリアの案内がうまくまとまっている。食べ物屋さんの案内が多いのはスポンサーの関係か。
豆田町内では残せるものは残していくと感じの町並み保存のようだ。事業者はそれなりのことが出来る。個人の出来ることには限界がある。その中で努力されていると感じがした。




豆田町の酒屋さんを覗いていたら、熱心な店主の勧めに抗しきれずに地元の麦焼酎「初代 百助」というのを買った。後で飲んでみたがほんのり甘くておいしい。これは○だった。

この後、案内マップを見て、いいちこ日田工場の見学に行った。焼酎といえども近代的な工場だ。ただ運転手なので試飲が出来なかったのが残念だ。
ふたたび道の駅水辺の郷おおやまに戻って、昼食バイキングと温泉入浴セットで1500円に引き込まれて注文した。食べて温泉で2時間半ものんびりして、今夜は水辺の郷おおやまで「初代 百助」を飲む。

コメント

阿蘇山上から大観峰に

2013年07月18日 | 2013/7 二度目の九州
阿蘇山上での日の出を諦めて山を下りる。阿蘇パノラマラインを下る途中の米塚。登ってみたいと思うような山だが、、現在は登山禁止だそうだ。


阿蘇市内まで降りてコインランドリーで洗濯をした。また立ち寄った道の駅阿蘇で手に入れた「阿蘇導遊地図」(中文繁字体版)でお勧めの阿蘇神社と周辺の「湧泉飲水処巡遊」に行く。
阿蘇神社は風格があって立派。楼門は日本三大楼門に数えられる二層の楼門だった。


ここの駐車場にクルマを止めて、ぐるっと1.5キロぐらい回る間に20箇所以上の湧水場所がある。店の前だったり道の角だったり、ポンプで汲み上げているのかもしれないが、冷たくて美味しい水だ。ミネラルウォーターの空きボトルを持って行って2箇所の水をいただいた。


神社に戻ってきたら神社の参道にも給水用のホースが用意されていた。ありがたく10リットルタンクに水をいただいた。

さて本日のメインのポイントは大観峰だが、その前に内牧温泉に立ち寄り湯。本日は内牧荘で300円。設備は古いが温泉は源泉掛け流しだそうだ。
いよいよ大観峰に上がって行く。後ろに軽自動車6台を従えてガーガーとエンジンをうならせて3速で走る。ついた先で見えた景色は雄大の一語。中岳から見る景色よりもさらに阿蘇カルデラの大きさが実感できる。


この写真はあまり出来がよくない。最後のところでパノラマを載せてみる。

この辺で車中泊して今夜の夜景や朝日を見たいと思ったが、今夜から明日の朝の天気予報は曇りなので諦めた。
そういうこともあって今夜の宿泊地を 道の駅せせらぎ郷かみつえ ということにして走ってきた。
ここは山の中の寂しいところだ。周辺に民家が5軒ぐらいあるが、道路を走る車もほとんどなくしずかだ。
そうこう考えていたら、突然の夕立。これで気温も下がってエアコンなしで寝ることができるかな?





コメント

阿蘇はガスの中

2013年07月18日 | 2013/7 二度目の九州
寒い、ここは阿蘇山ロープウェイの駐車場。涼しい山の上が気に入ったのと、ここからの夕日、星空と中岳から昇る朝日を期待して、中岳火口を見てそのままここで車中泊することとした。夕日は一旦雲に沈み、その後雲の下から出て草千里の谷に消えていった。


日が沈むとたちまち雲が出てきて、星は一つも見えない。広い駐車場には人っ子一人いない。9時ごろになって車が一台やってきて、若い人たち男女4人ぐらいの声が聞こえていたが、それも30分ぐらいで出て行った。静かだ。
朝、6時の室温は20.3度、外は19.0度だ。周りは一面のガスで視界は300mぐらいだ。もちろん中岳から昇る朝日など望むべくもない。
コメント

阿蘇山

2013年07月17日 | 2013/7 二度目の九州
今朝は阿蘇 高森町の月廻り公園駐車場で目を覚ました。6時の室内温度は21.3度だ。

駐車場からの阿蘇の遠望

昨夜はエアコンは使わないでルーフベントを一晩中回していた。寒いくらいの気持ちのいい朝だ。起きてからノートPCの調子をみると、USBマウスをPCから離して操作すると何とかカーソルが思い通りになるが、手をキーボードやトラックパッドに近づけると途端にカーソルが迷走を始める。どうやら自分の身体からの静電気に起因していると思われる。

仕方なしにIPADを出したら、最初はうまく行っていたが、文字を入力するとキーと無関係の文字がどんどん出るようになった。試しにクルマから下りて公園のベンチでは通常とおり使える。このキャンカーの居室はFRPなので身体に静電気がたまりやすいのかもしれない。

これより阿蘇の火口を目指す。

米塚園地という駐車場からの阿蘇山

ロープウェイの駅の所の駐車場まできてしばらく車の脇でIPADを使っていたが、暑いのでロープウェイ駅1階の売店横のベンチに移ってきた。思いついてノートPCを持ってきたが、ここに来るとトラックパッドの暴走も収まってきた。

先ほどまでロープウェイ脇の遊歩道を歩いて噴火口まで行ってきた。ロープウェイのほかに有料道路もあるが遊歩道を歩いていく人が大勢見える。そのひとたちはどうやら外国人観光客のようだ。国内の観光客と思った人も声高に話す言葉から韓国の人たちのようだ。観光バスからおりて元気に歩いて登っていく。日本人は観光バスから降りたら、忙しくロープウェイに乗っていく。個人客は車で有料道路をすっと上がっていく。


さて阿蘇の噴火口。大きい!現在も噴気をあげている火口のはるか底は泥の池のように見える。そのほかの旧火口もつらなって、巨大な火口になっている。


コメント

過放電始末

2013年07月17日 | キャンピングカー
出発前にサブバッテリーを増設して、24V 200AHにした。そこに家庭用ウィンドエアコンを取り付けた。エアコンはコロナの1613というタイプで、運転電力は525Wだ。サブバッテリーからの消費電流はインバーターの損失を考えて25A程度だろう。実際取り付け後の試運転でインバーターへの流入電流をクランプメータで確認したら、20-25Aだった。エアコンは間欠運転するので、消費電力量は4時間で50AH程度と見ていたが、それはちょっと甘かった。
今回のたびで、家を出るまでに満充電にして出発した。初日は下松SAで車中泊としたが、いよいよエアコンの出番。うまく動いているが、冷気が後部ベッド下の空間に止まったまま、前の方は中々冷えない。設定温度を22度にして連続運転になった。そこで4時間のタイマーをセットしてぐっすり就寝した。朝もルーフベントは動いていて、窓からは涼しい風も入っている。
朝になってビーアシストの電圧計で電圧を確認すると、24Vをちょっと超えた辺り。これは電気を使い過ぎた。
10日は高速道路も含めて6時間以上走行する予定だったので、これでも十分フル充電できると思っていた。ところが夕刻になって冷蔵庫が動いていない。また集中スイッチを切ってしまったのだろうと思ったら、スイッチは入っている。エンジンをかけると冷蔵庫も動く。
いろいろ調べてみると、電装BOXの中のブレーカーが落ちていた。このブレーカーは140Aもあるので、消費電流でそこまで流れるとは考えにくい。またショートした形跡もない。ともかく冷房を兼ねてアイドリング充電を2時間行った。その時の充電電流は35Aだったので、効率100%なら、70AH入ったことになる。その日は道の駅大和だったが、エアコンは封印してルーフベントで過ごした。
次の日は車のメーターパネルの集中情報パネルを電圧計モードにして走行した。走り出してしばらくすると、電圧の指針が真ん中より右よりを指すようになった。電圧も上がってどんどん充電していると気を良くして走った。
立ち寄り先でブレーカーを確認したら、何とまた落ちている。どうやらエンジン回転が上がってオルタネータの電圧が上昇すると、充電電流が過大になってブレーカーが落ちるという仕掛けのようだとわかった。でもALAMOのオルタネータは80Aのはずだけどと、疑問は深まるが、電圧計を注意しながら走ることにした。


コメント (2)

出発前の快適化

2013年07月16日 | アラモの快適化
出発前にこれまで感じていた不具合などを、。A to Z さんに改修してもらった。一つはバンクベッドの長さ不足、次に売り物のビーアシストのスイッチの操作性やメータの視認性の改善、充電器の操作性など、併せて左右後部のスカート下の空間に収納庫を設置してもらった。

これだけのことをするのに、21日間かかっている。

その後の大きな快適化は、1.サブバッテリーの増設と2Kwインバーターの設置、2.ウィンドエアコンの設置、3.後部ベッドに登る梯子の制作、4.多目的室(トイレルーム)へのソーラーベントの設置などだ。これらは今後個別に記録しておくとことにする。

コメント

旅の空

2013年07月16日 | 2013/7 二度目の九州
久しぶりに旅だ。と言っても、いまは阿蘇 高森町に来ている。7月9日の18時に広島を出発して、吉野ヶ里、有田、伊万里、平戸、長崎、島原、雲仙を回って口之津からフェリーで天草に渡り、熊本を経てここまで来た。今回も毎日投稿するつもりで中古のノートPCを買って載せてきたが、トラックパッドが勝手に暴走してポインタが画面上をあちこち走り回った挙句、色々なアプリケーションを起動したりWEBページを開いたりして、他人にPCを乗っ取られたのかと思った。
すぐにWIFIのアダプタを外したが変化なし。いよいよウィルスかと覚悟をしてウィルス検出アプリケーションを立ち上げようとしたが、ポインタが勝手に動くので起動できない。処置無しとなった。IPADを使って同様の事例を調べてみたら、どうやらトラックパッドのハード故障のようだ。
平戸の家電量販店でUSBマウスを買ってきたが、キーボードも勝手なキーを押しているようで今回はノートPCからの投稿が出来なくなった。これで元気が出なくなってしまった。
それでも思い起こしながら記録しておくことにする。
コメント (4)