ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

道の駅にクルマを置いて自転車で一走り (2017/4/18-2)

2017年04月19日 | 2017/4 四国のたび 8
道の駅「たからだの里さいた」の表側駐車場は樹木があるので暑い時期は日陰が得られていいのだが、キャブコンの場合は枝がキャビンに当たるので気を遣う。また国道側になるので大型車の走行音がかなりうるさい。



 裏側の駐車場は、全体的にほぼ水平で車の出入りが少ないので表側よりも静かだ。そしてまわりに遮るものがないので、ソーラーのためにもいい環境だ。



 この草っぱらの向こうが道の駅の裏口になる。道の駅の売り場を見ると野菜がたくさん出ている。今日急いで買うこともないので、見るだけだ。タケノコがたくさん出ている。他にわらびはいいとして、イタドリまである。



 子供のころ酸っぱい茎の所をかじったり、割れ目を入れて花のように開かせて水車を作って遊んでいたよ。ここで買って帰った人は何か料理に使うのかなあ。

 先ほどの草原に自転車を出して組んだら、その辺を一走りしてこよう。



 この道の駅は山のふもとの丘陵地帯にあるので、どちらに走って行ってもアップダウンは避けられない。そこらあたりを適当に走っていたら「香川用水記念公園」というのがあった。讃岐といえばため池というくらい、用水の不足している地域なので、南の山の向こうからトンネルで水を送ってきているわけだ。そのトンネルから出てきた用水を東西に分岐する場所のようで、立派な公園と記念館ができている。ただ駐車場には車もひと気もない。



 それほどの距離を走ったわけではないが、坂道が多いのでなかなかきつい。かなりの汗をかいて道の駅への上り坂を帰ってきた。走行距離は21キロだが疲れた。こういう時にすぐ横に温泉があるのはありがたい。ゆっくりと露天風呂につかって疲れを取ったら、そのままここで車中泊だ。




 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« ガイド本には出てこない「や... | トップ | しばらく敬遠していた「やま... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。