ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

アラモのソーラーがまったく役に立っていないのでこうしてみた (2017/7/16)

2017年07月16日 | 日記
 大雨が過ぎ去ったと思えばいきなり猛暑がやってきた。過去3年間はこの時期に北海道に渡っていたので、夏の暑さを忘れていた。

 それにしても北海道でも猛暑というのはどういう事だろうかと思う。一転して本日は、北海道で観測史上最も激しい雨に見舞われているようだ。大きな被害が出ないように祈りたい。

 さて広島方面はすっきりとした晴れではないが、薄い雲の向こうから太陽がじりじりと照り付けるような天候で、蒸し暑い。マイアラモでは今は通風のためにルーフベントを回している程度で、ソーラーは午前9時にはアブソーブモードからフロートモードになっている。(現在のソーラー設定はSUB1のSMF27MS-730を満充電にするためにアブソーブ電圧を29.8Vに設定して、SUB1のみ充電している)

 それにしてもソーラーの発電設備がモッタイナイ。

 そうだ、自宅のエアコンをアラモのソーラーとバッテリーで運転しよう。



 とりあえずカーポートから近い部屋にアラモのインバータ出力を引き込んだ。



 よしよしうまく動き出したぞ。



 3番目がSUB2のLIBでインバータはここにつながっている。2番目がSUB1でソーラーからここに給電してさらにSUB2に流れるようになっている。



 SUB2からの電流の流出は20.9Aだ。電圧が26.2Vあるので余裕だ。


からの流出電流が大きいので、バッテリー電圧の監視を怠らないようにする必要があるぞ。

 

 ところが、運転開始後15分にはSUB2からの流出は9Aになってきた。インバータエアコンなので室温が下がってきたら消費電力が少なくなるのだ。これはいいぞ。

 これなら十分実用になりそうだ。少し本格的にキャンピングカーのソーラー蓄電設備の活用を考えてみよう。



 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« エンジンオイルとオイルフィ... | トップ | 午後の自室のエアコンは車載... »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オジジ)
2017-07-17 14:54:43
折角のソーラーですから こうして活用できればいいですね
我家の車庫は屋根付きなので普段は発電してくれません
サブバッテリーもACで充電してますから勿体ないですよね
今回は試行実施でした (ELFじ~さん)
2017-07-17 16:10:14
オジジ さん

 モッタイナイからやってみたら、何とかなりそうです。今日は本格的に稼働させています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。