ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

そろそろ奥を迎えに行く頃合いだ (2017/3/21)

2017年03月21日 | 2017/3 お孫ちゃんに会いに上京だ
 お孫ちゃんと娘の世話のために、奥を残して一人で栃木県をほっつき歩いて1週間。そろそろ奥を迎えに行く日がやってくる。ということはお孫ちゃんとの再会とお別れの日でもあるわけだ。

 それはともかくこの友愛の森が栃木県では最も北にある道の駅のようだから、ここで引き返すのがいいようだ。

 友愛のの森は雨の朝だ。午前6時くらいから雨が屋根をたたき出した。天気予報で判ってはいたことだが、一日中雨というのは旅に出ていて、気合が入らないことこの上ない。

 さてそろそろ産直店の開店の9時なので行ってみよう。なんと9時になる前から10人以上の人が入口に列を作っている。そして開店と同時に野菜類をどんどんまとめて買っていく。自分としてはほうれん草を1束買うのがやっとだが、この人たちは水菜8束、小松菜10束などどんどん買って、自分の前にいた人は野菜類だけで5000円もの支払いだ。これは個人のご家庭ではなくて、飲食関係や宿泊関係の商売をされている人たちと思われる。なるほど安く地元の新鮮な野菜が手に入るわけだ。


 今日は雨なので洗濯日だ。丁度イオンタウン那須の中にコインランドリーがあった。

 それにしても昨日もらった栃木県の観光案内を見ても行きたいところがない。日光方面がメジャーな観光地で他に益子焼、そして温泉だ。

 そうだ温泉に行こう。う~ん、日本三大美白の湯なんだそうだが、「喜連川温泉」だ。

 喜連川温泉には道の駅があって、そこに温泉館があるようだ。しかし市営の「もと湯第一温泉浴場」というのと露天だけの「露天浴場」というのもある。今日の雨の中を露天だけというのも厳しいものがあるので、第一温泉浴場に行こう。

 近くの道が狭くて大変だったが、あまり広くないところにお客さんが多くて混雑していた。番茶色でいつまでもぽかぽか温かい感じのするお湯だった。

 今日は当然のように道の駅「きつれがわ」。



 16時だがなにか寂しい感じだ。雨だからかと思ったが、建物が全面改修工事中。もちろん温泉は休業だ。



 ああ、もと湯に入ってきてよかったなあ。





 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 殺生石を見に行く際に霊感が... | トップ | 大風の中を喜連川温泉公衆露... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。