ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

午後の自室のエアコンは車載のソーラーでまかなえるか (2017/7/17)

2017年07月17日 | 日記
 キャンピングカーのソーラー発電設備の有効活用策として、前回は試行的に手近な部屋のエアコンを設定温度25度にして運転してみた。8年前のインバータエアコンだがなかなかよく冷える。運転開始後15分で消費電流も減ってきた。手間はかかるが、何とか実用になりそうだ。

 この部屋は普段は使っていないので、ここを冷やしても意味はない。本命はその隣の書斎だ。



 こちらは少し広いことと、パソコンが熱源になっている。それとインバータエアコンとはいっても15年以上前の製品だ。

 まず、アラモのウィンドエアコン用パネルの隅に穴を開けて、ACの引き出しコードを通す穴を開けた。



 ここから外壁に沿ってACキャブタイヤコードを這わして、窓から引き込む。



引き込んだところで室内側のACコードと接続した。



ACコードの延長が20メートルくらいになってしまった。

 今日は明るい曇り空で、11時30分のエアコン運転開始時のソーラー発電電流は5A程度、外気温と室内温度は29.5℃でエアコンの設定温度は27℃にしておいた。



エアコンを運転すると、SUB2 からの流出電流は24Aで、ソーラーから5A程度供給されている。



運転開始後1時間すると室温は28.5℃になって、クールビズのつもりなら過ごせる環境になってきた。この頃にはSUB2の流出電流は6Aになっている。

13時過ぎには青空も出てきて、ソーラーの発電は12.5A/338Wになった。





この頃には、SUB2の流出電流が0になることもある。室温は27.8℃になった。



17時30頃になるとソーラーの発電は1A程度になってきたので、エアコンを停止してアラモのインバータのスイッチを切った。6時間の運転時間だ。
本日のソーラー発電量は56AH/1.4kWhだった。



SUB2からの流出電力はどのくらいかなあ。えいやっと50AHくらいなら、合計で2.6kWh程度になる。インバータの効率などを控除すると2.3kWh程度になるから電気料金に直すと35円ほど節約できたことになる。

 あれやこれや走り回ってこれではがっくり来る。

 もう一つ大きな問題はSUB2から流出した電力をどのように補充するかということだ。明日の朝から好天ならお昼過ぎには50AHくらいは充電できるはず。その条件なら「午後の自室のエアコンは車載のソーラーでまかなえる」。

 もっと日差しがあると午後のソーラー発電電力が大きいが、暑くなるのでエアコンの消費電力が増えるから相殺かな。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。

 

 


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« アラモのソーラーがまったく... | トップ | 出来るだけではダメだ、持続... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。