ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

やっと群馬県入りで道の駅「赤城の恵」にやってきた (2017/6/14)

2017年06月15日 | お孫ちゃん初宮参りと群馬


「いちごの里よしみ」の中を歩いているとこんな看板があった。



 埼玉県の条例で駐停車中のアイドリングが禁止されているようだ。なかなか斬新な施策だが、罰則はないだろうし咎める人もいないとなれば看板倒れになりそうだ。



 産直店の開店を待って野菜類の買い物をして、道の駅の本館に入ってみたが小さな売店と開店前のレストランだあるだけで、観光情報などはわずかだ。さらに埼玉県の道の駅では群馬県の観光情報は何もない。

 そこで向かった先は群馬県でも近そうな道の駅「おおた」だ。





ここは国道17号線のすぐそばにあって、大型トラックがずらり並んでいる。

 ここには総合案内所があって、その前にパンフレットなどがある。しかし群馬県全体のものはなく、パーテーションに群馬県の道の駅ガイドマップが貼ってあるだけ。総合案内所であのガイドマップを下さいとお願いしたら、横の棚から出してくれた。





こういう大きく一覧になっているものはネットで検索するよりも便利だ。もっとも中の情報は道の駅の旅案内全国地図と同レベルだった。

 しばらく観光案内はネット情報ベースでいこう。

 道の駅「おおた」でお弁当を買って食べたら何だか眠気がする。バンクベッドにもぐりこんでしばらく昼寝。この時間は陽が照り付けて、外にいると暑いが車内は27度程度。断熱工事のおかげでバンクベッドの天井からの熱射がなくなったので、窓から風を入れていると快適に仮眠することができた。

 さて、道の駅のガイドマップを見て、温泉があってアジサイがいっぱいの道の駅「赤城の恵」に行こう。



 途中のショッピングセンターに寄り道をしていたら到着が遅くなってしまった。



とりあえずあいのやまの湯に入って、アジサイは明朝にしよう。あいのやまの湯はかなり濃厚なナトリウム・カルシウム塩泉だ。お湯から上がって温泉が乾いてくると肌が少しべとべとするほど。これは出がけにはシャワーを浴びるほうがよさそうだ。


 日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« お孫ちゃんの初宮参りを終え... | トップ | 荻窪公園(道の駅「赤城の恵... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
赤城の恵み (鈴鹿のALEN)
2017-06-15 18:34:47
ELFじいさん様 ご無沙汰です!私も思い起こせば昨年お会いした北海道まで北上中に2泊したところです、温泉ウラの駐車場から更に奥にまた一つ駐車場がありそこで静かに寝た覚えがあります、トイレはイマイチでしたが傍にありアジサイ畑に近いところでしたね、ブログは結構見させていただき参考にしています、快適化も成功して増々旅が楽しみですね!、楽しんでください応援しています。
まったく気がつかずにいました (ELFじ~さん)
2017-06-15 20:42:06
鈴鹿のALEN さん

 お久しぶりにありがとうございます。
一番上の駐車場が一番落ち着きますね。駐車場もほぼフラットですし。じつは到着した時はそんなに上まで駐車場があるとは気づかずに、一番下の駐車場のトイレの近くに停めていました。朝になってアジサイの丘に歩いて行ったときに、やっとこっちがよかったとわかった有様。余裕がないとだめですね。




ようこそ群馬へ (中古JB470)
2017-06-16 06:04:49
予定の許す限り、楽しんで行って下さい(^^)
旅の安全もお祈りしてポチっします!
まだ道の駅の温泉どまりです (ELFじ~さん)
2017-06-17 19:03:04
中古JB470 さん

 ありがとうございます。群馬県の日帰り温泉情報を参考にさせていただいています。でも、当方はまだまだ道の駅の温泉で満足している状態です。群馬県も一回では回り切れませんね。あと数日ちょろちょろしてから帰ることになりそうです。奥がもう里心でいつ帰るの?と催促です。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。