ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

自分としては車検時の排気管の問題は解決したが、広島だけでもないようだ (2017/5/18)

2017年05月18日 | キャンピングカー
 排気管の問題で車検に通らないと言われた問題は、いすゞさんが延長パイプを溶接して取り付けてくれたので、無事車検を通って帰ってきた。そしてそれに関する費用は製造元のAtoZに請求したら、先日自分の銀行口座に振り込まれたので、自分としてはこの問題は解決だ。

 ところで13日にCAMPINGCAR FESTA 2017 in HIROSHIMAに行って、ADRIAの説明員の方と話をしていたら、ADRIA TWIN600SPT FAMIRYの排気管が左サイドから出ていることに気がついて、車検の話を振ってみた。



 すると驚きの話に。

 「もう岡山でもそうなっていますよ」とのことだ。そして、「今年の2月から3月にかけて、排気管をクルマの投影面から出していないものは車検は不合格という指示が全国的に出ている」というのだ。「既に初回の車検を通っているものはOKで、新規に検査を受けるものからというのが通常のスタイルだが、この件はどこか(の会社?)がゴネたので、既存のものも含めて適用することになった」ということだそうだ。

 ということはご自分の車の排気管が外に出ていないタイプであって、間もなく車検という方は、念のため対処方法をビルダーに問い合わせた方がいいと思われる。特にユーザー車検で陸運事務所に持ち込まれる方は、一度不合格になったら対処に時間がかかってしまう。

 民間車検工場の場合はどうなんだろうか。そこまでは情報がない。


日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
 
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« CAMPINGCAR FESTA 2017 in HI... | トップ | CAMPINGCAR FESTA 2017 in HI... »

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (オジジ)
2017-05-18 15:27:12
またまた厄介な問題が出てきましたね
昨年の突起物規制の施行開始はなぜか中止?になりましたが あれが始まっていたら大騒ぎだったでしょうね

でもマフラーの問題も該当車は多いでしょうね
早速 自分の車を見てきます
そういうのもありましたね (ELFじ~さん)
2017-05-18 18:18:18
オジジ さん

 突起物規制。そういうのもありましたね。あれはどういうものが引っかかるのか、今一つよくわかりませんでした。
追加情報ありがとうございます (高山)
2017-05-19 10:31:31
我が家のキャンカーの車検は1年半くらい先の事ですが気になりますねぇ
マフラー出口はデフの直後でバッサリですから(^_^;)

週末にNTBに寄る予定ですのでその時に見解を聞いてみたいと思います

追加情報ありがとうございましたm(_ _)m
すんなりいけばいいですね (ELFじ~さん)
2017-05-19 22:41:08
高山 さん

 話がすんなり通ればいいですね。NTBはしっかりした会社ですから大丈夫でしょう。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。