ELFじ~さんのほっつきある記(キャンピングカー アラモのたび)

アラモで走る無計画のたびと車中泊。たび先で温泉を楽しみ、ちょっと山登りと自転車。あとは快適化、ときどきじ~さんの日常。

秘境 奥三段峡に分け入る?  (2016/11/2)

2016年11月02日 | ちいさなたび
 今日のお昼は聖湖キャンプ場で讃岐うどんの釜玉。先月の四国のたびで買ってきた生うどんだ。20センチの鍋で2玉というのはちょっと厳しいが、それなりに食べられるレベルにはなった。

 まず恐羅漢スキー場方面に走ってみた。途中の山や谷が黄葉しているが、東北地方のように全面的な黄葉とはいかない。かなり広く杉や檜の造林が行われているので、低いところは濃い緑色だ。そうした中で谷を見下ろすと黄色の葉がきれいなところがそこかしこにある。





 これは田代大橋の上から見下ろしたところ。目で見ると下の渓流とのコントラストがいいが、写真はそこが現わせないよ。

その先に魚切の滝というのがあった。



 道路わきのカエデの葉が下から濃い緑、黄緑、黄色、オレンジ色、赤とグラデュエーションになっている。これもいい。



恐羅漢スキー場の少し下から向かいの山を見た。



葉が落ちて冬枯れの山になっていく前の化粧だ。

 さて恐羅漢からの帰り道、田代というところにクルマを停めて旧道を歩いて行った。5分も歩けば奥三段峡の入り口だ。ここに入り込むのは渓流釣りの人や渓流歩きのマニアくらいで、観光客がやってくることはほとんどない。

 

入り口から数百メートルまでは道がある。





この先の滝の手前で道は切れて、あとは渓流の中をじゃぶじゃぶ歩いていくことになる。

 自分もここで奥三段峡は終わりだ。

 奥はここから三段峡まで行こうというので、道路をてくてく歩いていくがこれが遠かった。三段峡横川口というところまで30分もかかってしまった。ここの道路は上から2メートルくらいまで樹木の枝葉が垂れ下がっているので、アラモでは入っていけないのだ。

 でも途中の渓流の眺めがいい。





 横川口から二段の滝に向かって下っていく。





 そして猿飛の渡船場についた。ちょうど渡船は営業終了時間だった。渡船は猿飛という絶壁の下の淵を遡って二段の滝の前に出るだけのもので、一度経験したのでいいだろう。



 だんだん薄暗くなってきた。暗くなってくると黄葉が映えるところもある。



 17時過ぎにクルマに戻って今日も聖湖キャンプ場で宿泊する。今日はキャンプ場利用者も数台あるようだ。


日本ブログ村キャンピングカーランキングに参加しています。

ここをクリックして投票をお願いします。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 天気予報が外れて今朝は雨だ... | トップ | ついにミラーモニターが死ん... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。