ミュージカル劇団エルフシアターのブログ

クラスレッスンや日々の活動の様子を紹介しています。

「ATSUHIME」稽古7月15日~17日

2017-07-20 | ミュージカルの上演
ケロです。
夏の3連休 もちろん公演出演者組は稽古

15日土曜日は本番のホールにて舞台スタッフさん立ち合いのもと、第1回目のドレスリハーサル
衣裳、小道具、かつら、大道具など、なるべく本番に近づけたいので、出来ているものはつけて
出来ていない衣裳はジャージで
出来ていないもののほうが多いですが…
前々日に台本がかなり変わったので、みんな台本を見ながらのリハになってしまいました。
そして、最後まで通せませんでした。



16日は劇団員だけの稽古
まだ振り、動きがついていなかった場面をやったり、前日のリハでうまくいかなかったところの確認をしました

17日は9時から17時まで
県青少年研修センターにて強化稽古
通しをしました。

稽古した研修センターの講堂には鹿児島の偉人のパネルが掲示してあります。
西郷さん(オギアス)役のあいは記念撮影 
斉彬(アリカイラン)役のゆりは部活行事のため早退して撮影できず…残念


強化稽古に正会員のナミ子さんから差し入れがありました。


3連休新しい台本で稽古をしたのですが、まだちょっと台本が長くて、どうにかカットできないかとまたもや演出会議をいたしまして、またまた台本が変わりました。稽古したのはなんだったの…
まさしく動乱の台本です。
公演1か月前になって、まだもや台本が揺れ動き、今更役がなくなったり、変わったりしてきています。
申し訳ない

よくするための進化ということで、ついてきてもらうしかありません。
あと1か月、まだ1か月
やれることをやります。
どうぞみなさん 観にきてください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミュージカル「ATSUHIME」~進化中~

2017-07-13 | ミュージカルの上演
kachoです。

先日7/8は、ホールでの通し稽古でした。
舞台スタッフさんも立ち会っての通し。
初めての全幕通し。

案の定、終りませんでした。
タイムオーバーです


転換等も課題点が多々あり、台本の修正が必須となりました

オクスタ(天璋院篤姫)、アミースキー(幾島)、アマイカート(滝山)の芝居


↓ 出演者お手製の稽古用テーブルマナーセット





また、翌日7/9は、衣裳合わせでした。
まだ半分も仕上がっておらず、イメージを伝えるだけになったものが数多くありました

同時に小道具も、担当のケロさんが製作したものが配布されました。
ケロさんが夜なべをして~
という歌が聞えてきました


そして、7/11・12丸二日かけて台本の修正を実施
かなりカットしないと2時間に収まらない。

次の稽古はホールでのドレスリハーサルなのに、がらりと変った台本を見ながら演技しなければならなくなりました。
シーンごとカットされたために、衣裳や小道具も不要になったりします。
いいような悪いような…


あと1ヶ月でどれだけ進化するのか
ミュージカル「ATSUHIME」
それは誰にもわかりません


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ミニ発表会

2017-07-10 | ミュージカルの指導
ケロです

先週、スクールの各クラスミニ発表会が行われました
これは昨年から行っているもので、4月から新学期になってレッスンしはじめたものを1学期の締めくくりとして、保護者の方に見ていただく、ミニ発表会です
レッスン参観のようなものです。

日頃のレッスンを見ることはあまりありませんから、レッスンの様子を確認していただけ、スクール生にとっても保護者の方に見ていただくことで、モチベーションもあがります

内容は基礎レッスンメニュー
ストレッチ、発声、筋トレ、ステップ、自己表現、オリジナルテーマソング(「エルフのテーマ」「サンキュー」)
それから各クラス取り組んでいる2月の発表会での演目
着物の着付け、日舞、たたみ

6月28日谷山北クラス



6月30日 吉野キッズクラス


6月30日 吉野ジュニアクラス




7月1日田上台クラス



保護者の方々はひやひやしながら、またはかんしんしながらご覧になっておられました
スクール生も緊張しながら、反省もたくさんしておりました
このミニ発表会がこれからのレッスンにどう影響していくことでしょう…



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ATSUHIME」稽古6月10,11日

2017-06-12 | ミュージカルの上演
ケロです。
土日 公演の稽古の様子です

土曜日は本番のホールでの稽古でした。
そして、稽古風景映像(メイキング映像)の収録にもきていただきました

2幕の後半
先週やった浜辺の回想場面 子役たちの出番です
演出をかえて、オートムキ―(kacho)が一緒に遊ぶことになりました。


それによって、配役替えがあり、ケロがやる予定だった役をあゆがやることに

前大総督のお母さんの役 オクスタ(いづ)の姑になります。
この場面は現大総督夫妻(つきとるみ)、その義母(いづ)とその姑(あゆ)が一か所に集まる場面
う~ん 人間関係がややこしい 相関図が必要だ

またまた9時半頃子役の出番
テーブルマナーとダンスのレッスンを受ける場面

最後はホ―セントが倒れる前の場面
ウザックからの贈り物をとりだし、その説明を読むホーセント(ゆみ)

この稽古用手作り贈り物(カード)には「台詞」がかかれてましたよ
本番用にも書いてあったりして…

そして日曜日は歌稽古から
2幕で歌う新曲
主に侍女が歌うナンバー
侍女達は何曲もナンバーがあります。
ごっちゃにならないように頑張りましょう。

大道具と動き演出がまだ定まらず、現場でどんどん変えていってます。
また、次回は違う設定になっているかもしれません。
進化とよばれるこの変更
よりよい作品にするためのかかせない「作業」なのです。
みんなついてきてね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「ATSUHIME」稽古~6/3~

2017-06-04 | ミュージカルの上演
kachoです。

昨夜の稽古は、大きいホールで、贅沢な稽古でした。
この大きいホールには、滅多に立つことはありません。
そんなステージで、まずは台本の修正から

出演者みんなが輪になって、床にある台本とにらめっこしている姿が、舞台管理の技術さんのモニターにも映し出されていて、
「何をやっているのだろう
と、疑問の声が上がっていたらしい


さて、今月から二幕の稽古に入りました。
4月の本読み以来の二幕だったので、久しぶりの役名やセリフ、ト書きなどに戸惑い気味の役者チラホラ。

二幕は、オクスタ(篤姫役)がアダセイ(家定役)の薨去により落飾して、ホーセント(天璋院)となります。
そうなると、場所はオーデ(江戸)城大奥と変りなくとも、環境は少なからず変わるわけで、
ウザック(和宮役)が登場します。
トーコ(京都)の御風を変えないウザック率いるトーコ方と、オーデ城大奥のしきたりを守るアマイカート(滝山役)率いるオーデ方の対立が起ります。

写真は、ある事件のシーンで、トーコ方が国王(孝明天皇役)の威光を、まるで
「この紋所が目に入らぬか
みたいに持ち出し、オーデ方が、
「ははぁー」
と伏せる様子です。


この後も、なかなかホーセントとウザックの睦み合いは叶わず、ホーセントはこれまで運命の糸を辿ってきたことを振返り、回想シーンのアムスタス(薩摩)のワトマイ(岩本)村の浜辺へ。
ここで、子役の登場です。
18時から始まった昨夜の稽古も、実はこの時既に21時半。
ようやく出番が来た子役3人は、浜辺で戯れる様子の稽古です。
かくれんぼをしたり、砂山くずし?をしたり、けんけんぱをしたり。
楽しそうな子どもたちです。



と、このシーンで昨夜の稽古は時間切れ。
最後に、稽古用の小道具を持って来ていた、りあをパチリ

一幕で使う、小魚です
聞いたところによると、お父様とお母様の共同の力作だそうです
ずばらしい
ちゃんと、目玉も付いてますよ


このほか、舞台美術さんと道具の打合わせも少しできたようで、贅沢な大きいホールでの稽古は幕を閉じました。
おしまい




コメント
この記事をはてなブックマークに追加