黒ラブエルフの日記

10月30日に、エルフは元気に11歳を迎えました。これからも、エルフとの楽しい思い出が、いっぱいふえますように!

水仙の丘へ

2016年03月23日 | Weblog

エルフ地方、3月になっても春と冬の戦いは続いているようで、暖かくなったかと思うと、また冬の寒さにもどったり、お天気も不安定な日が続いていました  でも、「暑さ寒さも彼岸まで」とは、よく言ったもので、お彼岸はになりました。

 

elfmama、じぃじ、ばぁばのことで、このところ大忙しの日が続いていました  エルフは、お利口にお留守番をしてくれていましたが、今日は絶好のお出かけ日和  淡路島の綺麗な空が、見たくなりました

「おかあさん、きょうは、こくえいこうえんと、ちがうんやね

 

昨年も、行きたいな~、と思いながら、とうとう行けずじまいだった、水仙の丘  きっと、ラッパスイセンが、綺麗に咲いているはずです  津名一宮ICを出て、走ること10分足らずで、到着~

 

入口には、こんな看板がありました。  私有地の斜面を、長い期間をかけ、美しい水仙の花で埋め尽くし、一般に無料で開放してくださっているんです

「ボク、はいっていいんかな~

 

入口にいらしたご主人に、「犬連れですけど、いいですか?」と尋ねると、ニコニコ顔で、「どうぞ、どうぞ、入って見てや」との返事が返ってきました

「わぁ~、おはなが、いっぱいや

 

好天に恵まれ、一気に気温が上がったせいもあり、お花達は満開

「きれいやね~

 

 

 

 

日当たりのいい傾斜地に作られた遊歩道で、エルフはとっても気持ちよさそうに、しばらく休んでいましたよ

「かぜがふくと、おはなの、いいにおいが、するね~

 

坂道を、ず~っと下っていったところに、ご主人手作りの休憩所がありました。  そこでは、子供達が楽しそうに、竹馬で遊んでいましたよ

「みんなの、たのしそうなこえが、きこえるよ

 

 今来た坂の上を見上げると、淡路島の真っ青な空が広がり、ラッパスイセンの花達が風に揺れていました

 

 

今日の淡路島の空の美しさは、最高でした  雲ひとつ無い、ピカピカの青空  見ているだけで、元気になりますね

 

 

 

道を登って行く途中、地元の奥さんが、ひとり手仕事をしながら、ハッサクを売っておられました。  袋に、4,5個入って200円。  とってもおいしそうなので、二袋いただきました。  お話をして、楽しかった~  エルフも、いっぱいなでてもらいましたよ

「いい子やね~、また来てね

 

 この登りが、結構きつい

「エルフ~、頑張れよ~

 

大きく育った竹を切って、色々ご主人が手作りをされています  あら、可愛い、かぐや姫だ

 

このデッキで、ゆっくり休めるんですよ。  水仙の球根や鉢植えも、ここで買うことが出来ます

 

elfmama、黄色とクリーム色の水仙の切り花を買いました  ご主人も犬好きで、エルフに、「また来てな、来年も絶対来てな」と、話しかけて下さいましたよ

「おっちゃん、おはなみに、ボクねっ、らいねんも、ぜったいくるからね

 

 さて、沢山の美しいお花達に、元気をいっぱいもらい、を停めていた香りの公園まで戻って来ました。

 

公園も、もう、春ですね~

ハナモモ

 

デージー

 

コブシ

 

公園を散策しながら下に降りて、伊弉諾(いざなぎ)神宮までやって来ました  お参りして帰りましょう

 

夫婦クスの大木も、元気でした  このクスノキにあやかって、私達も元気でおれますように

「おかあさ~ん、ソフトクリームたべたい

 

エルフは、ソフトクリームを食べた場所は、しっかり覚えています

「おとうさん、ホラホラ、あそこやでっ

 

いっぱい歩いた後のソフトクリームは、やっぱりおいしいね

「ボクも、ボクも~

 

伊弉諾神宮から、また来た道をのんびり歩きました  田んぼや畑の間を抜ける道で、可愛いレンゲの花を発見

 

 

綺麗な青空、可愛いお花達、暖かな優しい人、・・・  今日も、元気に、笑顔になれました

 

連休の最終日とあって、珍しく淡路島の高速道路も、混んでいましたよ  海側を走るとき、向こうに小豆島が綺麗に見えました

 

最高のお天気に恵まれた、お出かけとなりました

 

 

 

 

コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加