黒ラブエルフの日記

10月30日に、エルフは元気に11歳を迎えました。これからも、エルフとの楽しい思い出が、いっぱいふえますように!

梅雨の晴れ間に・・・

2015年06月28日 | Weblog

今日は、6月の最後の日曜日。  もう、今年も半分が過ぎてしまいました~  朝、起きると、外はピカピカの  だったのですが、見る見るうちにになりました。  吹く風も爽やかで、これなら出かけられると、エルフのフィラリアのお薬をもらいがてら、健康診断の結果を取りに、先生のところに行くことにしました  先生から、いつものお耳のケアをしていただき、健康診断の結果を聞きましたが、どこも異常なし  少し、体重は落とした方がいいだろうが、なんせエルフは体格がいいので、まあ、今の状態を維持できるなら問題はないでしょう、とのことでした

 

さて、病院をあとにして、国営公園に寄って帰ることにしました  明石海峡大橋を渡る頃まで曇っていた空が、淡路島に渡ると、綺麗な青空が広がってきました

「ボクがきたらねっ、はれてきたよ~

 

国営公園に来るのは、4月にメイちゃんと来て以来ですね

「おはなが、きれいや

 

を出る時、「帽子はいいね」なんて、思ったのですが、こんな夏空になるなんてね~

 

ラベンダーが、綺麗に咲いていましたよ

 

 

夏に向けて咲く、アガパンサスの花が綺麗

 

エルフは、お気に入りの灘川で、水遊びです

「あつくなってきたから、おみずが、きもちいいよ

 

「おかあさん、あのね、ボクね」 「ナニナニ、そうやったん、へぇ~」 なあ~んて、お話してるみたいでしょ

 

エルフの、この笑顔で、心がホンワカするんですよね

 

国営公園のアジサイも、綺麗ですよ

 

 

中でも、このアナベルの花は、毎年楽しみにしています  来る度に、株数が増えているようで、大切に育てておられるのがわかります。

 

今日は、ちょうど向こうからハッチ君がやって来ました  これは初めてです  きっと、この美しいアナベルを見せるための、特別のサービスなのかな?

「おとうさん、ハッチくんやで~

 

エルフのそばを通り過ぎて行くハッチ号から、沢山の人が、手を振ってくれました  エルフ、よかったね

「あ~あ、いっちゃった

 

 アジサイのお花が大好きなelfmamaは、なかなか動きません

「おかあさん、まだしゃしんとってるよ

 

だってね~、とっても綺麗なんだもん

 

アナベルと、ピンクのアジサイが、綺麗ですね

 

陽だまりの丘までやって来ると、・・・

 

まぁ、なんと、インパチェンスの花が満開

「おとうさん、きれいやね~

 

ここがとても気に入ったようで、お花のそばでおすわりしていました

「ボクねっ、ちょっと、せなかに、じしんがあるんや~

 

緑のじゅうたんのよう  冷たくって、気持ちがよかったようです

「おかあさん、また、しゃしんやで

 

 

 

公園の緑は、とっても綺麗でした

 

ポプラの丘の、小さなポプラ達  大きなポプラに負けないように、グングン大きくなってきています

 

一本のポプラの根元に、コスモスの花が咲いていました

 

だいぶ歩いたので、ちょっとこのレストラン花屋敷で、休憩です  テラス席は、ワンコOKなので、助かりますね  今日は、淡路島の特産のしらすの釜あげを、冷麺にのせてあるのをいただきました  淡路島のタマネギや、ワカメものっていて、和風っぽいあっさりした味付けで、とってもおいしかったです

 

「おとうさんねっ、なかなか、かお、みせへんね~

 

 国営公園を出て、夢舞台にある貝の浜に、やってきました  淡路島の美しい青空が、広がっています

 

貝の浜は、すべてホタテ貝で敷き詰められています

 

公園を彩る花たちも、夏の花へと移ってきましたね

サンゴシトウ

 

ノウゼンカズラ

 

花火鳥も、夏らしい衣装に衣替えです

 

 こんな夏空になるとは思ってなかったのですが、公園は緑の木々に覆われ、その中を吹いてくる涼しい風にあたりながらの散歩は、とっても気持ちの良いものでした  おそらく、今年の見納めとなるであろう、アジサイの花たちに囲まれながら、楽しい時を過すことができました

 

 

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

淡路島のあじさい祭り

2015年06月18日 | Weblog

エルフ地方、梅雨入りしてからの方が、涼しい日が多くなりました  飛騨旅行から帰ってきて、忙しい日が続き、エルフはお留守番ばかりでした  14日の日曜日、お天気は  気温も低めで、これなら出かけられそうやね~  目指すは淡路島

 

県立淡路島公園で、恒例のあじさいまつりが始まっています  エルフの庭でも、今年はあじさいの花が、元気よく色鮮やかに咲いているので、あじさいの谷も期待できますよ

 

ほら~  今年は、やっぱり綺麗やね

「おはな、いっぱい、さいてるで~

 

 

あじさいの谷に続く階段を降りていくと、両側に美しいあじさいの花が並びます

「おとうさん、ここは、おはなが、あおいよ

 

「きれいやな~

 

 

elfmamaは、あじさいの花が大好き  今日のようなお天気か、シトシト降る雨の中が、一番お花が綺麗ですね

 

 

 

アナベルも綺麗に咲いています

 

エルフは、後から来るelfmamaの姿が見えなくなると、心配してくれるんですよ

「おかあさん、まだ、こない

 

でもね、ちょっとでも姿が見えると、「きた、きた~、おとうさん、いこか」と、そっけないんですよね~

 

でもね、やっぱりおかあさんと一緒が、うれしいな~

 

今年は、新しい品種が仲間入りしていましたよ  珍しい色合いの西洋あじさいでした

 

昨年は、大雨で土が流れてしまい、可哀想な谷になっていましたが、今年はこんなにカラフルな美しい谷に変身していました  スタッフの方達のおかげですね

 

 

 今年は本当に綺麗  この道を歩いていると、あじさいの香りが、漂ってきます

 

美しい緑の中、あじさいの花に囲まれたこの散策路は、お気に入りの小路です

 

エルフは、ここまでやって来ると、必ず林の中を下りて行き、この川で遊びます  この頃は、道路のところにイノシシよけの柵が置いてあるので、よっこらしょとどけて、また元に戻し、下りて行くんですよ。

「いのししくんも、ここで、あそぶんかな~

 

川で遊んで、また上まで上がってきました。  ちょっと青空も見えてきましたよ

 

美しい花達を、ごらんください

 

 

 

 

 

 

 

この広~い芝生広場に来ると、気持ちも広~くなります  淡路島の美しい空が、広がりはじめました

 

「エルフ~、写真撮ってあげるよ

 

は~い、可愛く撮れました

 

 一ヶ月ぶりのお出かけに、エルフはご機嫌でした  大好きなあじさいの花に囲まれて、elfmamaもご機嫌でした

 

「おかあさん、おはな、いっぱいさいてて、よかったね、また、どっかいこうね~

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨への旅(最終章)

2015年06月13日 | Weblog

夢染人さんに、朝が来ました  二泊なんて、あっという間ですね 

 

今日の朝ごはんも、こんなに豪華  「はいっ、どうぞ」って、言ってもらえるだけで、幸せです~

 

お料理上手で、師匠と仰ぐ夢ママさんに、今回もいくつかのレシピを教えてもらいました  「あのね、ここはね、こうやって、・・・」なんて、アドバイスを受けているelfmamaです  お家でも、頑張って作ろ~っと

 

エルフはというと、・・・  お気に入りの川で、

「きれいな、みずやな~

 

「おとうさん、おみず、つめたくって、きもちいいよ

 

楽しかった二日間は、あっという間でした  帰る時、お部屋から見送ってくれていました

「またきてね~

 

愛情たっぷりのご馳走と、ほっこりした、変わらない温かさで迎えてくださった、夢パパさん、夢ママさんに、感謝です

 

 今日は、教えていただいた、小鳥峠の水芭蕉を見て、帰ることにしました  綺麗な青空が広がる、良いお天気になりましたが、気温は13℃と、やはり低め  こちらでは見たことが無い、路温の表示がありましたよ。  寒い冬には、大切な温度なんでしょうね

 

小鳥峠の、水芭蕉群生地です

 

木道が、林の中を縫って作ってあります

「おとうさん、ここを、ちゃんとあるくんやで

 

「おはな、きれいやね~

 

夢ママさん達が、こちらに来られた頃は、ここの水芭蕉は、もっと数が多かったそうです。  でも、高速道路のトンネル工事などで、水の流れが変わったようで、年々数が減ってきているそうなんですよ  大切に守っていかねば、ならないと思いました。

 

春の訪れを告げる、清楚な花ですね

 

 

分水嶺公園、この小鳥峠の群生地、ちょうど美しい水芭蕉の花咲く頃に訪れることが出来て、幸せでした

 

 道の駅ななもり清見に、ちょっと寄ることにしました。  正面に、雪がまだ残った乗鞍岳が、見えました

 

お野菜が欲しかったのですが、時間的なものもあったのでしょうか、何にもありませんでした~

 

3000m級の山って、いつ見ても凄いですね~  雪が、まだあんなに

 

はじめて飛騨を訪れた時、高山の美術館から見た、美しい笠ヶ岳の姿が

 

せせらぎ街道に、入ってきました  新緑が、一番美しい頃ですね  今日はいいお天気なので、下から上って来るライダー達と何度もすれ違いました  ツーリングには、最高のお天気ですね

 

カラマツ林が、綺麗やね~

 

道の駅パスカル清見に、到着~  道の駅の裏手には、綺麗な川があります  エルフの大好きな、足の着く深さです

「まいにち、こんなかわで、あそべたらな~

 

深いところは、こんなに綺麗な碧い色

「エルフ~、泳いだら、気持ちいいで

 

ラブなのに、ラブなのに~、・・・

「う~ん、どうしょうかな~

 

なかなか、決心がつかないエルフ君、

「やっぱり、このふかさやな~

 

 ラブだからと言って、みんなが泳ぎ上手とは限りませんよね~  エルフは、エルフらしくって、いいよね

 

桜の花が、こんなに綺麗に咲いていました

 

 

道の駅を出て、しばらく走ると、左手に次の目的地が見えてきましたよ

 

園田家の芝桜  ここに住む、園田かなゑさんが、昭和36年から育て始められたそうです  花咲かばあちゃんと慕われた方が残された、美しい花畑でした

 

 

平成14年に亡くなられたそうですが、今も家族の方が受け継いで、この芝桜を大切に守っておられます。  今日も、沢山の人が楽しんでおられました

「ボク、いい子やね~、お花、見にきたん?

 

可愛い子達が、楽しそうに遊んでいましたよ

 

山間の傾斜地が、こんなに美しい花畑になっています

 

間で、ちょっとお天気がくずれましたが、行きも帰りも、こんなに良いお天気に恵まれ、晴れ男エルフのお陰かな?

 

温かな人とのふれあい、美しい花達とのふれあい、  今回の旅も、沢山の元気をいただきました

 

「おかあさ~ん、たのしかったね また、おばちゃんちに、あそびに、こようね~

 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

飛騨への旅(その4)

2015年06月06日 | Weblog

白川郷で楽しい時間を過した私達は、次の目的地へと向いました  時間のことを考えて、今度は高速道路を使って、飛騨清見まで行くことに。  時間的には、こちらの方が早いのですが、白川郷からはトンネル続き  その中でも凄かったのは、飛騨トンネル  何も知らないから走れたようなものの、何と10710mもあり、国内の道路トンネルで3位だそうです  走っても、走っても、出口は見えないし、加えて対向  信州に行く時に通る恵那山トンネルが、このトンネルを走ると、楽や~、って思いましたよ

 

何とか通り抜け、飛騨清見ICを出て、小鳥峠に向って走ります

 

着きました~  飛騨絵本美術館ポレポレハウスです

 

elfpapaは、地図で、「こんなとこに美術館が、あるんか~」と、思っていたそうですが、夢染人さんの階段の踊り場に、ここの案内が貼ってあってびっくり。  たずねると、「是非行って、お友達なの」とのことでした。

 

駐車場でを降りると、こんな素敵な建物が

 

エルフ地方では、もうとっくに花が終わってしまったラッパスイセンが、満開でした

 

春だ~

 

アララ、ヤギさんまで出迎えてくれましたよ

「いらっしゃ~い、ゆきちゃんです

 

田島征三さんの原画が、常設されているなんて、びっくりでした  作品は3カ月ごとに入れ替えされるそうです。

 

二人の息子が小さいとき、毎晩絵本を読んでやっていましたが、田島さんの「ちからたろう」は、大好きな絵本のひとつでした

 

一階のフロアで、今は「こやぎがやってきた」の原画を見ることができます。  エルフも一緒に見れるなんて、思ってみませんでした

 

そして、二階のお部屋には、外国の仕掛け絵本などの楽しいコーナーが

「おかあさん、ホラッ、みて、みて

 

何と、窓の外にはこんな素敵な風景が

 

 裏に広がる草原は、小鳥牧場の牧草地です  凄い借景

 

静かな、静かな、お部屋から、外に広がるこの風景を見ているだけで、幸せな気持ちになりました  elfpapaとエルフも、くつろいでいますよ

 

テーブルの上に、一冊のノートが置いてありました。  来館した人達の、メッセージが残されていました。  みなさんの共通した感想は、「こんな素敵なところがあったんですね~」・・・でした  私も、ひとこと感謝の気持ちを綴っておきました

「おかあさん、いっしょうけんめい、なんか、かいてる

 

一階には、美術館のお隣に、絵本のお店やキッズルーム、グッズショップなどがあります。  素敵なものばかりで、思わず見とれてしまいました

 

奥様手作りの、ドライフラワーも、綺麗に飾ってあります

 

 絵本の店ポレポレでは、こんなに沢山の絵本が  息子達が大好きだった絵本を見つけ、「あっ、この本、好きやったね~」と、ふたりで話しながら、昔を思い出して笑っていましたよ

 

キッズルームからも、美しい牧草地が見えます  ここでは、好きな絵本をゆっくり読むことが出来るんですよ  メイちゃんも、連れてきてやりたいな~

 

お庭の端には、コテージがあります。  素泊まりですが、5名定員の素敵な  もちろん、ワンちゃんもOKですって

 

お外には、広いウッドデッキがあって、ここでおいしいコーヒーをいただきました  エルフも一緒に、ゆっくりさせてもらいました  ご主人は、もと会社にお勤めだったそうで、よくここで美術館を開かれたな~、って感心しました

 

小鳥牧場の草原の、四季の移ろい、そこにやって来る鳥や動物の写真を、見せていただきながら、楽しい会話が続きました  キツネ、ウサギ、タヌキ、鹿、カモシカ、イノシシ、・・・  へぇ~、すごいな~  elfpapaは、真っ白な雪の上で、ご主人が飲むコーヒーの写真を見て、「いいな~、いいな~」って、うらやましがっていました  ポレポレハウスのワンコ達は、この美しい自然の中で育ったそうです。  エルフも、ここやったらいいよね~

「ボクも、あそこで、はしりたいな~

 

 まるで、絵本の世界そのままでした  楽しい時間は、あっという間に過ぎて、そろそろ帰る時間になりました。

 

ゆきちゃ~ん、また来るね~

「また、きてね~

 

夢染人さんに戻る途中、道のそばに満開のしだれ桜を発見

 

「ただいま~」  夕ご飯までには、まだ少し時間があったので、お庭で山菜を教えてもらうことにしました。  夢papaさんに、色々と話を聞きながら、・・・  「ホラね、これがコシアブラ、まだちょっと小さいけどね

「おじちゃ~ん、こっちにも、なんかあるの?」

 

ありました、ありました、タラの木の先に、・・・

 

タラの芽~  これは、早速晩ご飯に、天ぷらになって出て来ましたよ

 

エルフは、またまた川遊び  おっ、ちょっと、深いところに行ってるやんか

 

「ねっ、ボク、ここやったら泳げるようになるかもしれんね

 

晩ご飯です~  今日も、夢mamaさんの愛情たっぷりの、お料理が並びました

 

朴葉焼きのお肉も、おいしかったです

 

ポーンと絵本の世界に飛び込んだような、素敵な空間でした  素敵なご夫婦でした  またこの地を訪れる楽しみが、ひとつ増えました

 

さて、明日はもう神戸に帰らねばなりません。  二日なんて、あっという間ですね~  帰りは、どの道で帰りましょうか、・・・

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加