黒ラブエルフの日記

10月30日に、エルフは元気に11歳を迎えました。これからも、エルフとの楽しい思い出が、いっぱいふえますように!

三室の滝を訪ねて・・・

2010年08月22日 | Weblog

8月も後半に入りました。  お盆も過ぎ、夏の甲子園も終わり・・・  普通なら、朝晩は少ししのぎ易くなって来るはずなのに・・・  今年の夏の暑さは、衰えることを知りません  毎日、毎日、暑さとの戦いが続いています

昨年、藤沢にいるエルフの兄弟犬ハル君から、りんりんちゃんが大切に育てたひまわりの種をいただきました。  種をまくのが少し遅かったのか、先日ようやく綺麗な花が咲きました  りんりんちゃんのように、大輪にはなりませんでしたが、夏の青い空に映えて、元気に咲いています


さて、我が家のエルフですが・・・  elfpapaがこのところ忙しかったり、お盆だったり、それに加えてこの猛暑  なかなか、お出かけが出来ませんでした。  このところ、ちょっと不満な様子
「もぅ~、どっかいこ~

・・・ということで、今日も朝からピカピカのでしたが、出かけることにしました。  場所は、お友達のあぐりちゃんちが行った、三室の滝です  中国自動車道の山崎ICから、北に1時間ほど走ったところにあるそうです。
「わ~~い、でおでかけするの、ひさしぶりやね~

途中、三木SAに寄りました。  エルフの大好きなドッグランがあるのですが、今日は、この暑さ  ドッフランには、誰もいませんでした  さすがのエルフも、この暑さはたまらないようで、すぐに木陰に
「へぇ~、あつすぎるわ~

たまらない暑さを、少しでも涼しく、・・・という心づかいか、冷たいミストが出る扇風機がありました
「おにいちゃん、すずしそうやね~

播但自動車道から中国自動車道へ・・・  カンカン照りだったのに、目的地に近づくにつれ、雲行きが怪しくなって来ました


山崎ICを出て、国道を北上していると・・・  雨が降り始めました  


道の駅「播磨いちのみや」に着く頃には、もうどしゃ降り  駐車場には、何とか入れましたが、から降りることも出来ないくらいの


「あ~ぁ、せっかくきたのに~

の中で、「ねぇ、どうする~」なんて言いながら、待っていると・・・  男エルフのパワーが、ちょっと出てきたようで・・・
むこうの山の方に、青空が見えはじめました

小雨になったので、道の駅の方に行ってみました。
「おかあさ~ん、スイカかって~

スイカを買うのは後にして、ちょっと近所を歩いてみましょう  道の駅の道路のむこう側に、「伊和神社」という立派な神社がありました。  大きな杉の木が、沢山あります。  でも、歩き始めてすぐに、またが降り始めました。


ここで、もどろうかとも思いましたが、せっかく来たのだから、もう少し行ってみましょう

また北に向って走り、次の道の駅「みなみ波賀」までやって来ました


山は雲におおわれ、雨に加えてまで鳴りだす始末


とても、この雷の中を、山に向って入って行くのは、危険です。  で、・・・この道の駅で休んで行くことにしました。
「おかあさん、おいしそうなおだんご、うってるよ~、かって~

elfmamaが出来たてのきなこだんごを買っている間、エルフは待っていました。  すると、おばあちゃんが近づいて来て、「おりこうさんやね~」と、いっぱい頭をなでてくれましたよ


ゴールデンを飼っていたご主人も・・・
「うちの子はね、14歳まで生きたよ、いつまでも元気でいるんやよ

可愛いワンちゃんも

可愛い女の子も

次から、次へと・・・

いっぱい話をしながら、頭をなでてもらいました

elfpapa&mamaは、ちょいとお腹もすいたので、先ほどの出来たてだんごを食べました  きなこだんごは、・・・写真を撮る前に食べちゃいました~  あんこだんごも、おいしかったですよ~
「ぼくも、ちょっと、ほしいな~

道の駅の裏手には、鮎釣りのできる川が流れています。  だんごを食べている間に、さんも、少し遠のいたようなので、川に降りてみることにしました。


elfpapaは、川遊び用にサンダルから、タオルから、半ズボンまで持って来ていたのですが、全部の中に置いたまんま・・・  取りに帰るのも面倒くさいと、結局はだしで入ることに・・・
「おとうさん、はだしで、だいじょうぶ~?

「おみずねっ、つめたいよっ





「おかあさ~ん、きこえる~

三室の滝は、この道の駅からまだ山の中に走らないと行けません。  雷は、やはり山の方で、まだゴロゴロ鳴っています  今日は、せっかくここまで来ましたが、滝に行くのはあきらめた方がよさそうですね。  また次の機会を、楽しみにすることにしましょう

「あぐちゃんがいった、たきまで、いけなかったけど、またこんど、つれていってもらうねっ、きょうは、ものすごいあめがふったけど、いろんなひとに、いっぱいあたまをなでてもらって、ボクねっ、とってもうれしかったよ
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

elfpapaの挑戦(最終章)

2010年08月13日 | Weblog

K君とelfpapaは、AM1:30に起床  真っ暗闇の中で・・・  というのは、この日は凄い霧で・・・  でも、その中でK君はヘッドランプの光で、朝ごはんをパッパと作ってくれましたよ  ごはんを食べて、テントを片づけ、さあ出発です

真夜中でもお天気がいいと、月明りや星明りで、山の稜線や歩いている道などがよく見えるそうですが、この日は霧のため、鼻をつままれてもわからないくらいの真っ暗闇でした

山登りの大先輩のK君の後を、一生懸命ついて行き、4:00過ぎに室堂に到着  ここからは、一般の登山客と合流するので、急に混みあって来ます。  さあいよいよ白山の頂上を目指して
AM5:10に白山御前峰に登頂

山頂は、御来光を見に登って来た人達で、こんなに混みあっています  向こう側は、もう絶壁なのに


でも・・・  せっかく登って来たのに、御来光は厚い雲におおわれて拝めませんでした


AM5:25 少し雲が流れて、切れ間から朝の光が射しました

下に見える赤い屋根が室堂ビジターセンターです

お天気が良くて、御来光が拝める日には、山頂の神社に神主さんが来て、祝詞をあげて下さるそうですよ。  「曇ってても、せっかく登ったんやから、神主さん来てほしかったな~」by elfpapa  で、みんなボチボチ下山開始。  下に降りて行くと、いくつもの綺麗な池があって、その周りを歩けます。  
お池めぐりですよ~



下から御前峰を見上げると、ホラね、あんなところにいっぱいいるでしょ

火口に降りました

お池めぐりのコースには、まだ雪が残っています

お池めぐりをしている時に、K君が「大汝峰に登ってみますか?」と聞いてきました。  elfpapaはちょいとばかし迷いましたが、ここまで来たんやから、と「よし 行くで」と言ったのですが・・・  これが、大変でした~  本当に急な岩場をよじ登ることになってしまいました

ここまで登る人は少ないそうですが、頑張って登った甲斐がありました  白山をこのように見れるのは、ここからだけだそうです
正面が白山御前峰です

頂上には神社があります

山の天候は刻々と変化します。  頂上から御前峰を見ていると・・・
あっという間に雲でおおわれ・・・

また少し頂上が見え・・・





また、美しい姿が現れました

大汝峰から反対側を見ると、日本海が綺麗に見えましたよ

大汝峰を降りて行きます

登山道はハイマツの中にあります。K君は、何回もここを訪れているそうですが、こんなに綺麗に日本海まで見えることはなかったそうです

大汝峰を登るとき、elfpapaはもの凄く後悔したようですが、でも登ってみると、「あぁ~、頑張って登ってよかったな~」って思ったそうです




大汝峰の麓をぐるっと周って、元の登山口にもどって来ました。
ここを登ったんですよ~

室堂ビジターセンターにもどる途中、山はこんなに美しい姿を見せてくれます。
大汝峰がずいぶん遠くになりました

千蛇ヶ池の万年雪





室堂ビジターセンターまで戻って来ました
御前峰を目指した時は夜中だったので見えませんでしたが、この道を登って行ったんですね~

ここからは、弥陀ヶ原を通って、山を降ります。


弥陀ヶ原に向かって左側に見える道が、今朝登って来たキャンプ場からの道。  右側に見える道が、これから降りて行く道で、バス停につながっています。


弥陀ヶ原の中を行く道からは、沢山の高山植物が見えました

どんどん山道を下ります。バス停までは2時間半の下りでした



大汝峰から見た白山の全景です  御来光は拝めませんでしたが、2泊3日の道中、何とかお天気にも恵まれ、無事下山することが出来ました  3000m級の山に登るのは生まれて初めてでしたが、K君のお陰で素晴らしい山の風景を堪能でき、とっても楽しい登山となりました。  どうも、ありがとうね~  今度はどこに誘ってくれるかな?
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

elfpapaの挑戦(その2)

2010年08月12日 | Weblog

2日目の朝になりました  K君とelfpapaは、AM3:30に起床。  普段ならまだの時間ですが、山の生活では日が暮れて夜になると、もう寝ます  だから、睡眠時間は  ただし、elfpapaの大いびきでK君が寝れたかどうかは、わかりません

K君の作ってくれた朝ごはんを食べ、4:45に山小屋を出発  今日は、別山を登って、次の宿泊場所の南竜ヶ馬場を目指します
5:13

一つ目の山の銚子ヶ峰にこれから登ります

5:44 登りきったら、遠くに御嶽山(右)と乗鞍岳(左)が見えました

中央の三角の山が別山です。今日登る山の中では一番高い山です

6:02 大湿原のそばを通る時、こんなに凄い雲を見ました。谷間に向かって流れ落ちて行くようでしたよ。


御嶽山の向こうに陽が昇っています

岐阜県と石川県の県境の尾根を歩きます

ザックは重いし、足は痛いし、息は切れるし・・・  そんな時ふっと足元に目をやると、こんな可憐な花達がいたる所に咲いていて、心を和ませてくれました






御嶽山の方向に雲海が見えました

綺麗なお花畑です

一ノ峰、二ノ峰、三ノ峰・・・  険しい山道のが続きます。  別山がずいぶん近くに見えるようになりました。




ニッコウキスゲが群生していました

白山の最高峰御前峰がとうとう見えて来ました。雪渓も残っています

山の天気は、本当に変わりやすい。  登る間に、霧に包まれたり、雨が降ったり、そして晴れたり・・・
別山の山頂を目指すころには、こんなに綺麗に晴れましたよ

10:00 別山頂上に到着。山小屋を出てから5時間15分かかりました

山頂でしばし休憩。K君が朝作ってくれた弁当を食べました

山頂には、神社もありました。これからの登山の無事をお願いします

これからはしばらくの間、下りが続きます



雪渓が見えますよ

ニッコウキスゲ

小さな池を発見

急な油坂を降ります。渓流が見えてきました

渓流を渡って・・・





13:00 やっと今日の宿泊地、南竜ヶ馬場に着きました 8時間ちょっと歩きました

ここにも沢山の高山植物がありました。




今日は、ここのキャンプ場でテントを張って泊ります


いよいよ明日は、白山の頂上を目指します。  朝の2:30に出発して、頂上で御来光を拝むつもりです  さてさて、このつづきはまた明日
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

elfpapaの挑戦(その1)

2010年08月11日 | Weblog

8月の3分の1が過ぎました。  しかし、暑いですね~  エルフ地方は、毎日毎日うだるような暑さが続いています  この暑さの中、elfpapaは、いつも一緒に山登りをするK君と、白山に登って来ました  白山は、富士山、立山とならぶ日本3名山のひとつです。

岐阜県と石川県の県境にある、標高2702mの山。  K君とは、六甲縦走をはじめ、関西の山を登りました。  山登りの大先輩です  

早朝、神戸を発ち新幹線で名古屋へ。  そして、JRで美濃太田へ。  そこで長良川鉄道に乗り換えます


可愛らしい1両だけのディーゼル車です

ワンマンカーですよ

長良川に沿って走ります

途中、こんな駅にも止まりますよ  

ホームから直接に入れます。ドアを開けるとすぐ

奥美濃の小京都、郡上八幡です

乗客のほとんどは、この郡上八幡で降りてしまいました。  K君とelfpapaを乗せたディーゼル車は、長良川をひたすら北上  


美濃白鳥で下車し、今度はバスに乗り換えです

バスはどんどん山道を登って・・・

終点の上在所に到着~

登山の無事を神様にお願いしました

ここからは、白山登山口をめざして林道を歩きます

川の水は綺麗に澄んでいます



2時間ほどで、白山登山口に到着

登山口から少し行くと・・・

こんな凄い杉の木がありました ここで標高は1049m

綺麗なブナ林の中を登って行きます。前を歩くK君は、テントやら食糧、水などをかついでくれているんですよ




かなりきついので有名な「おたけり坂」を登ります 標高は1232m

ようやく登って来ました

ここで標高は1544m  下に見えるスキー場のところから登って来たんですよ

今日泊る神鳩ノ宮避難小屋に到着~ 

ここからは、こんなに綺麗な山並みを見ることが出来ました



夕暮れが迫って来ました。K君の作ってくれたごはんを食べて、後は寝るだけです。


明日もいいお天気になりそうです。明日は、朝の5時出発です  白山までは、まだまだ遠い・・・  この続きは、またあした
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏の大山旅行(おわり)

2010年08月06日 | Weblog

旬香に、二日目の朝が来ました  今日も、いいお天気のようですね~  駐車場の横には、ひまわり畑がありました。  私達が行ったときには、まだ堅いつぼみでしたが、きっと今頃は綺麗なひまわり畑になっていることでしょうね~


「おかあさん、あさのさんぽやで~、まってたんやから~

今日は、昨日と反対の方向に行ってみました  大山がとても綺麗に見えるところに、一軒の素敵な別荘を発見  建物は立派なのですが、庭の荒れ方をみると、もう長い間利用していない感じでした。  もったいないな~  住んであげるのに~

なんてことを話しながら、旬香にもどると、おいしそうな朝ごはんが出来上がっていました  では、なかなか朝からこんなに作れないですものね~  今日も、すべておいしくいただきました


お世話になった旬香に、お別れです  スタッフの方が撮ってくれた写真は、とても素敵に撮れていました  本当は、ここに載せたいのですが、elfpapaが「イヤや~、顔がわかる~」と言うので、玄関前のワンちゃんの写真にしました  その写真は、帰ってすぐに、ハガキになってお礼状として送られて来ましたよ


スタッフのお嬢さん達の見送りを受けて、  数分のところにある、大山ガーデンプレイスに寄って、お酒と野菜を買いました。  エルフは、前回同様に綺麗な川で遊んでから、鯉のいる池にやって来ました。
「こ~いさ~ん、あ~そぼ~

エルフの誘いは、受けてもらえなかったようです。  でも、・・・
「おかあさ~ん、いっしょにあそばないんやて~

・・・と言う、エルフの後ろには、ピッタリとくっついている鯉の姿が・・・  エルフって、でっかいけど、相手にしたらこわくないんだよね~

今日は、高速道路を使わないで、大山環状道路を走って、蒜山に抜けようと思います  途中までは、昨日走った道ですが、この道は何度走っても素敵です
ブナ林の中を走り・・・

鍵掛峠に到着~  でも、今日は曇っていて、昨日のようにはっきりとは大山が見えませんでした。


昨日奥大山に向かうときに、大山の登山道らしきものを見つけていました。  今日は、そこをちょっと歩いてみようかな~  入り口にを止めて、森の中に入って行くと・・・
こ~んな大きな木がありました



いいな~、こんな森、毎日でも来たいな~





旬香のスタッフの人に、「エルフを遊ばせるなら、鏡ヶ成に寄られたら?」と聞いていたので、寄ってみました。
ホ~ントに広い

「きれいな、はらっぱやね~

松江から来た高校生のお兄ちゃん達・・・  たぶん、陸上部の合宿だと思いますが、この広い芝生広場の外周を、何度も走っていました


エルフも、おとうさんと一緒に走ってみることにしました。  速い、速い


湿原から見た国民休暇村の建物です

向かって右手の山はリフトのあるスキー場でした

陸上部のお兄ちゃん達が走っているほかは、人気も無かったので、エルフのリードをはずしてやりました。  エルフの喜んだことと言ったら、そりゃあもう、ひとりだけど楽しそうに遊び回っていましたよ


「わ~い、わ~い、たのしいな~

「こんなにひろいところ、はしったことないよね~

雲行きが少し怪しくなってきたので、そろそろ出発しましょうか

鏡ヶ成まではカーブの続く山道でしたが、ここからは道も良くなりました。  大山と蒜山を見渡せる展望台、鬼女台(きめんだい)に到着~。


向こうの方に、大山が見えました。あそこから走ってきたんですね~。  もう、この先からはあの姿を見ることが出来ません。


反対の方角には、蒜山が見えます。  蒜山高原の方は、やっぱり姿がやさしいですね~


ハービルで、ランチにしましょう  ここの、蒜山大根をたっぷりかけた和風パスタは、どうしてもまた食べて帰りたかったんです


季節柄、おろし大根の量がちょっと少ないかな?

日曜日に来たときに、フラワーショップでアナベルを見つけていたのですが、この暑さの中、最初の日に買うのはちょっとかわいそう・・・  で、帰る日にまた寄ったんです。
「あついからねっ、はやくきめてね

elfmamaが、あれやこれやと見て回っている間、エルフはお店のスタッフのお兄ちゃんに、ずっとなでてもらっていたんですよ
「おかあさん、いっぱい、かったね~

の中が、いっぱいになりました。  さ~て、神戸に向けて帰りますよ~  平日の午後ということもあって、高速道路は空いていました。  順調に走り続け・・・


三木のSAで休憩  ドッグランでジャック君と同じワンちゃんと、遊んだりして・・・

に近づくに連れて、こんなに車が増えて来ました  入道雲の形が面白かったな~


二泊三日の大山旅行は、お天気にも恵まれ(ちょっとばかし、暑すぎましたが)、今回もとっても楽しかった~  エルフも、川や森でいっぱい遊べて、楽しそうでした。

「ちょっとね、あつかったけど、すごくたのしかったよ、ボクね、だいせんってだいすき  また、あそびにこようね~

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加