黒ラブエルフの日記

10月30日に、エルフは元気に11歳を迎えました。これからも、エルフとの楽しい思い出が、いっぱいふえますように!

花さじきへ

2017年09月03日 | Weblog

9月に入った途端、エルフ地方には秋の気配が漂いはじめました  お昼の日差しの強さは、相変わらずですが、朝晩の気温はウンと下がりました  クーラーと扇風機が無くては過ごせなかった数日前までが、嘘のようです。  厳しい暑さが続いた夏の間、エルフとのお出かけは、全くできませんでした  

 

でも、今日は朝からカラッとしたお天気  久しぶりに、お出かけすることに

「クルマで、でかけるの、ひさしぶりやね~

 

大好きな淡路島の青い空に、会いたくなりました

 

今日は国営公園ではなく、花さじきを目指します  山の上には、大きな風力発電の風車が、ゆっくりと回っていました

 

広い駐車場も、今日はいっぱいでした  観光バスも、数台停まっていましたよ  淡路島にも、観光客が増える季節ですね

「わぁ~、かぜが、きもちいいね

 

花さじきは、淡路島でも高台にあるため、海から吹いてくる風がとても気持ち良いところです  海のむこうには、和歌山まで続く山並みが綺麗に見えました

 

 夏を代表するヒマワリの花は、もう姿を消し、今はブルーサルビアの花が涼やかに風に揺れていました

 

そして、向こうには真っ赤なサルビアの花畑が広がっています

 

エルフは、特等席を見つけましたよ  芝生の上に、大きな日陰を作ってくれている一本の木  日陰に入った途端、わぁ~涼しい  そして、そこから綺麗なお花畑も青い海も、よく見えるんですよ

「ねぇ~、ここ、いいね~

 

 芝生の上にお腹をつけて、気持ちよさそうにあっちを見たり、こっちを見たり

「きもちいいな~、もうちょっと、ここで、きゅうけいしていこ

 

私達も、そこに座って、涼しい風に吹かれながら、この景色に見とれていました

 

 ゆっくり休憩して、丘を下って行きながら上を見上げると、青い空に浮かぶ雲は、最後の夏を楽しんでいるようでした

 

花さじきの季節も、夏から秋へ  ヒマワリ畑は、やがて訪れる秋の花のコスモス畑へと姿を変えています

 

 

広~い芝生の丘を上ると、やっぱりまだ暑いです

「おとうさ~ん、なんか、かたむいてない

 

パンパースグラスの穂が、風に揺れていました

 

 いっぱい歩いた後は、花さじきのビワソフトを食べて一休みです  に帰るには、まだ少し早いので、いつものように帰る途中、景観園芸学校に寄りました。

「おおきな、おはなが、さいてるよ

 

ヒビズカス’タイタンピーチホワイト’ へぇ~、なんか難しい名前やね  でも、青い空にとっても綺麗に映えていました

 

おぉ~  最後のヒマワリや~  ヒマワリの花は、いっぱい元気をくれますね

 

カフェテラス風の詩、テラス席はとっても涼しかったです  ケーキセットで、ひと休み

「ボクはねっ、だいすきな、ムラサキイモのケーキやで

 

お日様は、ニコニコ顔でしたが、吹く風には秋の気配が  気持の良い、淡路島の楽しいお散歩となりました

 

「ことしのなつは、ホントに、あつかったよ でもねっ、ストンとよるが、すずしくなって、ボクも、げんきがでてきたな~ これから、また、いっぱい、おでかけするからね~

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 真夏の明石海峡公園へ | トップ | あっ!あいてる~!(その1) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事