『狡猾架空請求情報!!』

当ブログをご覧頂き誠にありがとうございます。

『不当請求にご注意ください』0663100370 06-6310-0370 サイト料金請求業者

2017-08-05 | 悪質アダルトサイト 架空請求 迷惑メール フィッシング詐欺

ELFESTの架空請求業者詳細公開ブログ!!

これからご紹介させて頂く業者への接近、又は接触にご注意下さい。『身に覚えのない有料コンテンツの請求』『悪質なアダルトサイトへの登録』『職場やご自宅への郵送物』『少額訴訟裁判通知』等、様々な狡猾手口での悪質な嫌がらせに警戒して下さい。

業者
サイト料金請求業者

連絡先
0663100370 06-6310-0370

上記業者への金銭のお支払いは、絶対にされないで下さい。金銭のお支払いをされても解決しません。より事態が悪化してしまいます。金銭のお支払方法としては、『アマゾンギフトカード』や『楽天ギフトカード』等、お支払いをされた証拠が残らないものを主に指定してきますので、警戒が必要です。

『架空請求よくある手口』

業者は、被害者に対し
       「総合情報サイト利用料金未納」
       「無料期間が経過したが退会手続がとられていない」
などと、ありもしない内容の文書やメールを送りつけてきます。
  送りつけられた文面には
       「訴訟手続を開始する」
       「差し押さえの強制執行手続をとる」
       「お客様の端末情報が登録された」
などと記載されており、受け取った被害者の不安感を煽った上
       「本日中に支払えば間に合う」
       「延滞料金は毎日加算されていく」
       「連絡がない場合、裁判になる」
       「当社ではお客様の端末情報を入手している」
などと、すぐに料金を支払うことや連絡をすることを要求してきます。

一度お支払いしてしまいますと
「他のインターネットサイトでも登録が確認された」
「訴訟準備が進んでしまったので、追加費用がかかる」
などと、名目を換えて何度もお金を要求してきます。

何度も繰り返し請求され、お支払いし続けて1800万円ほどお支払いされてしまった方もいます。
なので、いかに迅速に悪質業者と判断することがまずは解決への糸口となります。
ただこれは解決への第一歩にしかすぎません。

『アダルトサイト請求』
驚くべきことにアダルトサイトの悪質請求は、メールや郵便で届くこともあります
。アダルトサイトを利用していなくても、メールアドレスや住所を業者に知られてしまうことがあるのです。こういった請求書が届いた時、日頃から複数の有料サイトを利用している方は、その中のどれかのことだろうと勘違いして支払ってしまうケースがあります。有料で利用しているサイトはきちんと管理しておくことが大切でしょう

『スパイウェア(Spyware)の脅威、、、』
スパイウェア とは、ユーザーに関する情報を収集し、それを情報収集者である特定の企業・団体・個人等に自動的に送信するソフトウェアを指す。
悪質サイトに仕掛けられてるケースが多いのでご注意ください。
スパイウェアによって抜かれてしまった情報をもとに少額訴訟裁判をかけられてしまった事例もあります。

『マルウェアとは?』
コンピュータウイルス、スパイウエアなどの「悪意のこもった」ソフトウェアのこと。「mal-」という「悪の」という意味があり、これとソフトウェアを組み合わせた造語である。

遠隔地のコンピュータに侵入したり攻撃したりするソフトウェアや、コンピュータウイルスのようにコンピュータに侵入して他のコンピュータへの感染活動や破壊活動を行ったり、情報を外部に漏洩させたりする有害なソフトウェアのことを言う。
携帯端末の位置情報を取得し、特定サーバーへ送信する。
GPSをオフにしているつもりでも、勝手に位置情報が送信されてしまいます。自宅や職場が特定される危険があります。

~ワンクリック詐欺サイトで確認が取れている不正プログラム~

端末のメールアドレス・電話番号・端末ID を取得する
取得した情報を特定のサーバへ送信する
タイマー機能を利用して定期的にユーザを不正なサイトへアクセスさせ請求画面を表示する
請求画面の表示時にシャッター音を鳴らしたり、バイブ機能を用いて定期的に振動する
GPSを用いて位置情報を取得する

トロイの木馬は、様々な経路を通じて被害者がダウンロードしたプログラム実行形式のファイル(Windowsであれば.EXE .COMにあたる)を実行することから悪意ある動作を開始する場合がほとんどである。また種類にもよるが、大半のトロイの木馬は大きく分けて二つのファイルを必要とする。ひとつはサーバ、そしてもう一方は、クライアントと呼ばれている。被害者が実行するのはサーバのほうである。これを実行することにより、被害者のパソコンは、その名前が示すように、一種のサーバと化す。一度サーバ化に成功すると、クライアントを使えば、いつでも、どこからでも、攻撃者の好きな時に被害者のパソコンに秘密裏に接続することが可能となる。トロイの木馬は、その果たす役割からいくつかの種類に分別されているものの、多くのトロイは意外なほどファイルサイズが小さい。ひとたび実行されると、被害者の同意を一切得ずに、秘密裏にハードディスク内、もしくはメモリ内に自身を複製、インストールする。また、Windowsに感染するほとんどのトロイはレジストリを被害者の同意を得ずに、秘密裏に改変、削除、追加する。トロイは、被害者のネット接続設定やファイアウォールの設定を変更し、攻撃者任意のポートを開放し、外部からの接続を許可する。これにより攻撃者は被害者のパソコンを乗っ取って様々な被害をもたらす。例としてはキーロギンヌ、プログラムの追加/削除、ファイルの追加/削除、アンチウエアソフトの無効化、被害者のデスクトップ画面の撮影、パスワードの奪取、ウェブからの悪意あるプログラムのダウンロードなどがある。2005年、日本国内でも、不正ソフトウェアを仕込んだCD-ROMを、送り主を銀行と偽りインターネットバンキングサービスのユーザに送りつけ、不正送金を実行させた事件が発生した。なお、一部マスメディアではスパイウェアだとして報道されているが、不正ソフトウェアの分類的にはトロイの木馬が正しい。また2005年11月、ソニー・アメリカの関連会社Sony BMGが、コピーコントロールCDに悪質なマルウェア(rootkit型)を仕込んだとして問題になった。これらの対策については、OSの設定で、CD挿入時の自動再生を無効にする必要がある。一見、普通のプログラムのように見えるため、無害だと思って実行するとデータを削除したり、最悪の場合はシステムが壊れたりする。最近では、BADTRANSワームがトロイの木馬型ウイルスとして猛威をふるった。 なお厳密には、ウイルスが、ある特定のファイル(プログラム=実行ファイル)に埋め込まれたプログラムであるのに対して、トロイの木馬は独立のプログラムで、侵入者が直接起動したり、時間指定やほかのプログラムの実行などをトリガにして起動したりする点で、別ものとされているが、広義にはウイルスとして扱われることも多い。

いきなりの出来事には常に警戒心が必要ですので何か起きた時は慌てず落ち着いて対処しましょう。
ご不明な点等ございましたら『24時間無料相談コールセンター』にお問い合わせ下さい。

手口や対処法は当社にお任せ下さい。
スタッフが丁寧にご説明いたします。


◇年中無休◇匿名非通知◇相談無料◇個人情報不要◇
24時間無料サポートセンター

24時間無料相談

 

ELFEST
住所 東京都東村山市諏訪町1-1-10
TEL 042-390-0212
ホームページ

http://www.elfest.net

  • ※このブログ記事は情報共有・注意喚起を目的としています。全ての業者を詐欺と断定しているわけではありませんのでご了承お願い致します。
  • ※個人情報保護法に則り個人情報を厳守させて頂きます。
  • ※同一企業名や弁護士名を騙る業者がいますが一切関係はありません。
  • ※削除依頼に関しても当社までお問い合わせ下さい。速やかに対応させて頂きます。
  • ※未成年者様からのお問い合わせははご遠慮させて頂きます。
  • 当社のブログ(ブログURL)を他サイト等に張り付ける行為は法律上禁止されております。ご遠慮下さい。発覚した場合は弁護士により厳重な処置を取らせて頂きます。
  • 当社規定により20才未満の方からのご相談はお受けできません。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ | 『悪徳業者対処法』06-6310-0... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。