エホバの証人の下半身事情

厳格な性道徳を実践すると主張するエホバの証人。ほんとはどうなの?全部暴露しちゃいます。うらみつらみも全部ね。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

排斥の罪

2014-06-08 19:12:37 | Weblog
 とってもお久しぶりです.
 ブログから離れていた理由としては,なんだかんだと忙しいとか,言い訳してみたくなるけど,ホントのところは「エホ」なんてどうでもいいっていう心境になったのかな???
 でも,何度も言っているように,身内の大半がエホなので,親類が老いてきたり,自分の子供の成長に伴って,エホにまつわるいろんな問題が発生したりと,やっぱり忌まわしい「エホ」と関わらなくてはならなくて,心労が絶えないのがホントのところです.
 さて,今日のタイトルですが,自分は,最近のエホ系ブログなんぞは一切見ないので,他の人がどんな論調でエホを批判しているのかは知る由も無いのですが,かつて,自分が脱会したころ,今から10年ほど前には,何件かのブログを見ていたこともあるので,その頃の印象で言うと,とっても「攻撃的」!!!
なにを隠そう(隠してはいないが・・・)一番攻撃的なのはボクのブログだったりもするんですがね.だってタイトルからもケンカ売ってるっぽいでしょ.今日も「忌まわしい」とか言っちゃってるし.
 そこで,なんでみんなはそんなに怒ってるんかいな???ということを書いてみようと思ったわけです.
 ところで,このブログを見てくれている人は,「エホ」の団体から,いわゆる「排斥」になった人が多いと思うんですが,「排斥」になってなんか良いことあったんでしょうか?
 また,「エホ」の方から見ると,なんか良いことあったんでしょうか.
 それこそ建前上は組織防衛のために必要だとか,悔い改めに導くだとか,「愛」の取り決めということになっているのですが,ホントはどうなんでしょうかね.「排斥」されたわれわれも,「排斥」したエホ信者たちも本当に良い事あったんですかね???
 と,いうことを,とある刑事政策系の雑誌を見ていたらふと思ったわけです.
 その記事は「排斥と暴力」という題だったんですが,無差別殺人などの,社会に対する復讐心を動機とする犯罪や,ストーカーなどの歪んだ感情を動機とする犯罪については,いずれも社会や人間関係から「排斥」されたという気持ちから自暴自棄になったために起きているらしいです.また,社会的排斥と攻撃性には相関関係があるそうです.いろんな実験では,概ね「排斥」が不適応行動を導くことを示しており,原因としては,自己制御意欲の低下であるとの説が有力ですが,その点を説明する説として「黙契説」というのがいうのがあるらしく,これは,人々の自己制御を支える信念に関する理論だそうですが,人間というのは,周りと協力し合い適応するには,個人的な欲求や感情を抑える必要があるんですが,みんながそうやって自己を制御するなら,ハッピーな世の中になるんでしょうが,それはお互いが「利己心を抑え,適応的な行動を取るならば,世の中はそれに報いてくれるであろう」という信念を持っており,これに従って自己制御がおこなわれるというのが「黙契説」らしいです.
 それで,「排斥」すなわち受容の拒否は,この暗黙の契約に対する裏切りと感じられるから,「努力しても,どうせ報われない」と思った時,人は我慢して自己制御する必要はないと感じ,自暴自棄になるというのが黙契説の主張だそうです.
 その説を自分たちに当てはめると,理由はともあれ,「排斥」されたのですから,もはや「エホ」団体になんの遠慮もいらないわけで,今まで溜めていたものを吐き出すことが許されると思ってしまったわけです.親に対しても同じ理屈が当てはまったのかもしれません.どうせ何をしても,世間的に親孝行といわれるようなことをしても,どうせ報われない,都合悪くなったら「排斥者」だからといって拒否される.ならばどうにでもなれ.と思ったとしても不思議ではありません.実は「エホ」側も同じ心境だったと考えられます.親も,うちらにもはや何もしても報われないと思って,邪険に扱うのかもしれません
 つまり,「排斥」で得られるものは何も無いのです.破壊的な影響しかないのです.排斥とやらのシステムのある団体に入ったのはだれの責任でしょうか???
それが自分であれば自分を呪いましょう.でもほとんどの人は生得的に,気づいたらそんな忌まわしい団体に入っていたとオモイマス.だからといって処方薬は無いのですがね.
今日は何となく書いてみたかったので書きました
次はいつになるかわからないですが,気が向いたら書きます.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

あけましておめでとうございます

2013-01-03 23:44:56 | Weblog
皆様、あけましておめでとうございます。本年も皆様にとって良い年でありますように
久しぶりにネットをつないでみたら、結構コメントが来てまして、ありがとうございます
なかなか面白いコメントもありまして、楽しめました
中でも面白かったのは、元エホで元懲役の方のコメントですね。実はボクは刑事政策とか、犯罪学とかに割と詳しいんですが、懲役になるのは確率だけで言うと、東京大学に入学するより難しいですよね。そんななかで、元懲役の方からのコメントは嬉しいです。しかも社会復帰されているということで、その経験はエホからの社会復帰と通じるものがあるかとオモイマス
いろいろコメントをくだされば、いつか必ず見ますので、どしどしコメント下さい

正月といえば、親族一同が水入らずの時間を過ごすのが日本の習慣ですが、皆様はどのように過ごされたでしょうか
ボクは、温泉に泊まって、ついでに仕方なく実家に顔を出したのですが、案の定玄関先での対応でして、母親にいたっては、顔を出すことすらしませんでしたね。孫の顔を見ようともしないその態度は、人としてイカレテいると思いました。家族の気持ち、息子の気持ちや、孫の気持ち、嫁の気持ちよりも自分の信仰が第一!完全な狂信者です
ボクはかねてから、エホ信者っていうのは自分が大好きで、自分のためなら家族を犠牲にすることもいとわない人が多数であると思っています。もっとも、彼らは家族が救われるためとか、人類を救うために自己犠牲をいとわないと主張するけど、やってることを見ると、結構大目に見ても、家族愛とか人類愛は覗われないんですよね、彼らの信仰を説明するフレーズの「エホバ」を「自分」に置き換えると、結構の割合で意味が通じるんですよね~~~。
「エホバの正しさを立証するため」→「自分の正しさを立証するため」
「エホバは悲しみます」→「自分は悲しみます」
等々
もうエホのフレーズは忘れたから、あんまり書けないけど・・・
ということで、正月早々エホに嫌な思いをさせられて、中々順調な一年の始まりでした

明後日からまたネット環境から離れますから、記事はしばらく書けないけど、懲りずにコメント下さい

コメント (18)
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰です

2012-07-15 21:35:02 | Weblog
いつも見ていて下さる皆様。
最近とっても忙しくてブログ更新できません。しかしコメントはしっかり読ませて頂いています。
自分と同じ境遇のかたのコメントは心に響きます。
とっても忙しい環境はあとしばらく続きますので、ブログの更新はハルマゲドンのようになると思いますが・・・(エホっぽい例えwww)

本日、当地は快晴で気温は24度ほど、某ホームセンターでは短パンTシャツでレジャー用品を買う人たちが大勢いる中で、ジャケットにネクタイを締めている男と、ブラウスとスカートで重装備の夫人がいました(時代遅れ)。世間はクールビズで、ネクタイそのものが珍しいなかで、日曜日の午後にネクタイは非常に違和感がありますね。
顔つきはほぼ間違いなくエホでした。
やっぱりクールビズは世の習慣で、「世のものではない」から従わないのでしょうかねwww

ヒマ人のつぶやきでした。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

社会復帰

2012-02-17 21:38:17 | Weblog
いや~~~、しばらくぶりにブログを更新したら、コメントがいっぱい来て、なんだかとっても嬉しいです。
いまどきは、ツイッター???とかでつぶやけばいいのかな?
よくわかんないんで、ボクはひたすらブログで行きます!!!
なんでしばらくブログを書かなかったのかって?それがなんでいま復活したのかって?
それはいろいろあったんですよ。
まず、2009年に引っ越ししました。引っ越し先にはインターネットが未開通~~~。
一年後、ネットが開通するも、仕事が忙しくて、暇なし、一年のほとんどを出張等で家にいない状況が続き、ブログのことなんて忘れてました
でも今はとってもヒマ、すごくヒマ

だって

仕事してないから・・・

実は

・・・

休業中

今はやりの

イクメン

つまり

育児休業中!!!

ということで、ヒマつぶしにブログ書いちゃいますよ
こんなに仕事しないのはいつ以来だろう、正規開拓奉仕とやらの無駄な散歩してた時も一応週3日くらいは仕事してたからな~。多分定年退職するまでは、こんなにヒマな時間はないでしょうね
昔は自営業だったんで、仕事がないこともあったんですが、こんなに何カ月も休んで、しかもお金までもらえるなんて、まるで夢のよう・・
自営は休み=無収入ですからね、でも今は休みつつお金貰えちゃいますからね。コームイン最高です

そう、ボクは30代半ばで建設作業員からコームインに転職したわけです。

ボクがガッコウへ行ってた頃、高等教育は「悪」であり、エホ雑誌やエホ信者は、高等教育を取るか、ハルマゲドンでの死を取るかといった、およそ正常な判断力を持った大人であればなんてことない幼稚な二者択一論法を用いて、若者や、その親を説得していたのを思い出します
とっても悔しかったけど、ボクは両親とも狂信的だったため、進学を諦め、就職も諦め、唯一残された正規開拓奉仕をしたのでした
たまたま親は社会的地位高い職業だったので、生活に困ることは無いどころか裕福な生活をさせてもらったんですが、でもやっぱり、教育の機会を奪い、職業上のキャリア獲得の機会を奪うということは、人生の可能性をすべて奪うことと等しいと思います
どうせ親は間もなく定年を迎えるし、ボクより早く死ぬわけで・・・
つまりはボクの人生に責任は持たない存在であるわけです

「親に従順」

ムチと共にそのことを叩き込まれてきましたが、今言えることは

「親に不従順で良かった」

先のコメントでも書きましたが、「親に従順」だったら、今頃は生活保護ですよ

学歴無し、職業経験無し、資格無し、部活経験無し、特技無し、就職氷河期・・・
「今までなになさってたんですか?」
「布教活動してました」
「生活はどのように?」
「建設現場で週3日のアルバイトです、でも実家に住んでるので大丈夫です」
「結婚とか家族を作ることは考えてますか?」
「・・・」
面接とか、同僚との会話でこんな会話したことがありましたね

たまたまボクは手に職というか、職人としての経験があったために、必要の大きい所へ引っ越した時に自営を始め、そこから戻った時も、エホを辞めようと思った時も、取り合えずは仕事に困ったことは無かったんですね。
そこで、エホを辞めようと思ったときに、生活の安定を図るために営業を拡大し、安定的な経営を目指しました。たまたま運が良かったために仕事はそこそこありました

でも、所詮建設系職人ですから、社会階層のなかでは底辺です(建設業の方ごめんなさい)。理由なく値切られ、社会保障的にも無視され、そこそこ小銭はあったけれど、ふと気付くと、未来は無いことに、ボクは自分の出自を恨み、エホを恨んだわけです。もっと早くエホを辞めれば良かったと、自分を呪いました
それがちょうどブログを始めたころなんですけどね
すでに30代半ばだから、いまさら就職は無理、自営も先が見えてるし、底辺職人は加齢と共に売上落ちるし・・・
でも「捨てる神あれば拾う神あり」という言葉があるように、その頃にニート対策として、高齢無職の人生の負け組のための国家コームイン試験ができたんですね。
その国家コームイン試験は当然高倍率(平均36倍くらい)。でもボクは合格!!!
30代半ばにして建設作業員から国家コームインとなったわけです

社会復帰っていうのは、社会の一員として、労働の義務を果たし、それに伴う納税ができるようになることだと思うんで、典型的な原理主義的エホ2世が、就職経験がなく、開拓奉仕とやらで無為に青春を過ごして、若くして幹部となって生意気にも公開講演とかで説教垂れてたガキが、今の安定した社会的な立場に這い上がれたことが、ほんとの社会復帰だと思います。
今の業界の中では、同期の中では結構出世頭だったりするんで、イクとこまで行こうと思っていますよ。異動が新聞に載るくらいまでにね

コメント (15)
この記事をはてなブックマークに追加

10年

2012-01-20 23:16:55 | Weblog
読者の皆様、お久ぶりです。仕事等が忙しくて、ブログのことなんてすっかり忘れていました
あ、でも親はいまだに狂信的なエホなんで日々苦々しく思っていますよ。歳を取ると頑固になる者がいると聞きますが、うちの親はまさにそのタイプで、狂信具合に磨きがかかってきましたね
たとえばうちの子供は去年生まれたんですけど、誕生に際して、お祝いどころか会おうともしないですからね。まあ、この子はじいちゃんやばあちゃんを知らない子として育つのでしょうね。幼稚園で敬老の日イベントをどうしようか悩みますね~
そういえば、たぶん今年はエホをやめてから10年のような気がします。ということは、家族と正常な交流を断ってから10年経つということなんですね。10年一昔と言うように、エホはもう昔のことなんですね。でも、家族関係に関してはやっぱり昔のこととしてはあきらめられないですね。エホのことは昔のこととして、もう忘れたけど、受けた傷は癒されるどころか、もっと深く、もっと膿んできたような気がします。なぜかというと、

コミュニケーションを断たれたからです

人間関係はコミュニケーションに依存していますから、10年もほとんど会話が無ければ、そりゃうまくいくわけ無いですよね。消極的なイメージってのは解決しないでいるとどんどん煮詰まっていきますからね、
だから、ボクが親に対して持っているイメージと、親がボクに対して持っているイメージってのはお互いにもはや妄想の世界に類すると思いますよ・・・妄想を根拠としてあーだこーだ言っているかんじ・・・そりゃまとまる話もまとまらないわな

今のところは、親を反面教師として、自分の子供には精いっぱい向き合っていこうかと思っています

最近はエホネタなんかもう忘れたんで、これからはうだうだと自分のことを書いていこうかな



コメント (28)
この記事をはてなブックマークに追加

生きています

2010-07-06 22:33:31 | Weblog
一年半近く放置していましたが、わたくしいれぶんは生きています。

しかもかなり元気に生きています。

エホバとやらとは全く無縁の生活を送っているものの、親族が残念ながらエホ信者なために関わるたびに残念な気持ちになる次第です。

今年の春にやっと光ネットが開通しましたので、これから暇を見てブログを復活させていければと思っています。

とりあえずブログ復活のご挨拶ということで、

これからもよろしくお願いいたします。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

GJ

2009-03-18 23:17:52 | Weblog
http://www.nnn.co.jp/knews/090315/20090315004.html
即日審判で父母の親権停止 家裁、息子への治療拒否で
2009年03月15日 02:07

 東日本で2008年夏、消化管内の大量出血で重体となった1歳男児への輸血を拒んだ両親について、親権を一時的に停止するよう求めた児童相談所(児相)の保全処分請求を家庭裁判所がわずか半日で認め、男児が救命されていたことが14日、分かった。

 子供の治療には通常、親の同意が必要で、主治医は緊急輸血が必要だと両親を再三説得したが「宗教上の理由」として拒否された。病院から通報を受けた児相は、児童虐待の一種である「医療ネグレクト」と判断した。

 医療ネグレクトに対しては過去に1週間程度で親権停止が認められた例があるが、即日審判は異例のスピード。児相と病院、家裁が連携して法的手続きを進め、一刻を争う治療につなげたケースとして注目される。

 関係者によると、当時1歳だった男児は吐き気などを訴えてショック状態となり、何らかの原因による消化管からの大量出血と診断された。

 病院は「生命の危険がある」と児相に通告。児相はすぐに必要書類をそろえて翌日昼、両親の親権喪失宣告を申し立てるとともに、それまでの緊急措置として親権者の職務執行停止(親権停止)の保全処分を求めた。

 こうした輸血拒否への対応については日本小児科学会など関連学会が08年2月、合同で指針をまとめており、今回のケースでも病院側はこの指針に従って対応した。


ついに起きましたね~。

必ずこういうことが起こると思っていましたが、意外と早く起こったな~という感じですね。

子供の輸血拒否に関する明確な指針が出るまでの間、類似の事情で、どれだけの子供が生命の危機に直面したんでしょうね。

行政の素早い対応にGJ

あっ、でもこのニュースにはエホバとはドコにも書いてないや

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

もやもやもやもや

2008-12-29 10:23:07 | Weblog
 前回、エホが先か、病むのが先か、といった発生論的問いを通してエホ問題を覗いてみようということを言って見たのですが、似たような問いはいろいろとでてくるものですね。

エホになったから貧しいのか?それとも貧しいからエホになったのか。

エホになったから家族仲が悪いのか?それとも家族仲が悪いからエホになったのか。

エホになったから孤独なのか?それとも孤独だからエホになったのか。

まあ、考えれば色々でてくると思います。

このように考えると、エホバの証人になる人には何がしかの特徴と条件があり、その特徴を備え、かつ条件に当てはまる人が信者になると思うんですよね。

上に挙げたのは条件で、特徴についてはエホ自身分析済みみたいです。

エホ資料によると信者になる特徴は3Hだそうです。正直(honesty) 謙遜(humility) 霊的な飢え(hungry)

日本語で言うと、信じやすく、自尊心が無く、文句垂れ、と言った感じでしょうか。

世の中にも意外とそういう人がいるんで、見ていると痛いと同時に自分の親たちもそうなのかな~と思うと恥ずかしさでイッパイです

このニュースなんかはエホに入信する過程と被っているみたいで興味深いですよね。 以下引用



「息子が大変」 無職女性(66)、銀行員が「振り込め詐欺だ」と1時間説得するも振り込み騙し取られる
★ 投稿日:2008/10/27(月)
札幌・手稲署は27日、札幌市手稲区の無職女性(66)が、振り込め詐欺で140万円をだまし取られたと発表した。銀行員が約
1時間にわたり「振り込め詐欺だ」と説得したが、聞き入れなかったという。

調べでは、23日午後、息子を名乗る男から「おれだけど、会社の金に手を付けた。
監査が入るので200万円が必要」と電話があった。

24日午前、女性が北海道銀行星置支店の窓口で振り込みを依頼。女性の息子は
東京在住なのに、振込先が三重県であることを不審に思った行員が確認を求めたり、
振り込まないよう説得したが、女性は「息子が大変なことになる」と応じなかったという。






コレだけ報道されて注意を喚起されていながら、しかも善意の銀行員に一時間も説得されていながら、それでもそれらの忠告を一切聞かずに振り込むなんて、これは詐欺じゃなくてタダの寄付ですよね

エホバの証人一世は入信時に少なからず上のニュースのような過程を経ていると思います。

エホが痛いカルトチックな宗教団体であることは報道、ネット等で周知されていますし、社会全般もまた、エホに対して白眼視していると思います。信者ではない親、配偶者、先生、上司などの善意の人たちもエホに入らないように説得してくれたはずです。
にもかかわらず、ドコの馬の骨かわからない研究司会者の言うことを信じ、入信してしまったわけです。仮に勧誘したのが友達とか親族だったかもしれませんが、それでも、それらより大切な人の忠告を無視したのです。

もはや自己責任でしょう。

というわけで、ボクはエホバの証人によって引き起こされている問題というものが存在するとしたら、被害者はエホバの証人の2世、3世・・・に限られると思います。

ま、確かに上のニュースを見ても、詐欺を働く人が一義的に悪いですよ。でも、被害を防ぐ手段はたくさんあったわけですし、周りは被害を防ぐすべてのオプションを使ったのですからね。

ましてや宗教は、信じるコトがすべてですからね、一度信じて、それによって癒しを得て、地上の楽園の希望を持って、知り合いも増えたから良いのではないですかね。つまり入信することによって得られる果実をすべて得ておきながら、後になって「騙された」といってもね~~~。金融商品ならイザ知らず、所詮宗教ですからね

一世で、このブログを見てくださっている方には厳しい意見かもしれませんが、ボクは現在このように考えています

一世信者と二世信者との決定的な違いは入信過程です。一世は全くの合法的手段、二世はムチ等の暴力による違法な手段。

詳しくは、またいずれ書きたいと思います。


あと、コメント欄の活用についてですが、よほどヒドくない限り原則公開としますので、責任を持った投稿をお願い致します。ヒドいかどうかの基準は、文脈とボクのセンスです(笑)。議論も罵りあいや中傷にならない限り歓迎します。

これからもよろしくお願い致します
コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

もやもや

2008-11-16 22:55:22 | Weblog
エホ問題を色々観察して、色々体験して、色々な話を聞いて、色々考えて・・・

でもやっぱり乗り越えなければいけない壁というか、悔しいけれど認めなければいけない現実というか、何と言うか・・・

自分にとって、大きな疑問があるんですけど、

それは、「病んでいるからエホバの証人になるのか、それともエホバの証人になるから病むのか?」・・・

が先か?鶏が先か?というような発生論的な問いですけどね

まあ、決してボクが今病んでいるとか、過去に病んだとか、そういうことでは決して無いですよwww

ボクは相変わらず好調です

あくまで観察の中で自然に沸き起こった問いですからね。

エホになった故に病んだのであればエホを辞めれば問題はある程度解決するでしょう。しかし、病んでいるが故にエホになったのであれば、エホを辞めても問題は解決しないでしょう。

「病む」とか「問題」とか抽象的な話をしていますので、それぞれの意味の解釈については読者にお任せします。

でも、こういった話を突き詰めるとエホ問題が浮き彫りにされてくると思うんですよね。

ぶっちゃけ、エホであっても無くても人生を苦労する人もいれば、エホのみが人生の障害であって、それを除去すれば普通に暮らせる人がいるわけで、もし後者であればその人は早急にエホを脱会すべきなんですね。しかし前者であれば、もしかしたらエホである方がその人のためである場合があるんですね。

その違いって何でしょうか???

同じ環境で育った兄弟でもその違いが顕かな時があります。

こんなことを考えながら以降のブログを書いていこうかな。

下半身を切り口にエホ問題を考えてきたわけですが、また新たな切り口でエホ問題を考えていけたらなとオモイます


放置していた間コメントありがとうございます。本日しっかり目を通しました
コメント (48)
この記事をはてなブックマークに追加

近況

2008-10-01 00:08:17 | Weblog
しばらくぶりにブログを書いてみます。と言っても、徒然物になるかと・・・。

最近どうもエホの教義をほとんど忘れてますんで、エホについて論じる自信が無くなっているんですね
といっても、相変わらずエホ信者には苦々しい思いを抱いていますし、身内がほとんど狂ったエホですので、接触するたびにイラついています。最近は、イラつくというより呆れています。

そんなんで、気が向いたときに、雑文を徒然と書いていけたらな~と思っています。

しかも短い文で書きますので、更新頻度をマメにしようかとも思っています。

これからもご愛顧よろしくお願いします

あと、コメントには、なかなか返信できませんが、ご勘弁下さい。返信は要らないけどコメント書きたい!というハードな読者大歓迎ですwww
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加