青葉城恋唄

仙台生まれ、仙台育ちの40代女性。
日々の生活で考えたことを記す雑記帳。

DVD鑑賞記録「戦う女 上巻」★★★☆☆

2017年11月17日 | てれび
偶然の出会い。

『戦う女』
フジテレビ


小泉今日子のエッセイを基にしたドラマ。
パンツにまつわるお話。5話のうち、上巻は3話収録。
ツタヤで旧作無料だったので借りてみた。

主人公は門脇麦演じるパンツ屋の店主。
第1話はその店主の不倫相手と娘の話。
大人の女性に会って毛糸のパンツを脱ぎ捨てる5歳児。
これも女になったってこと?

その後は店主は脇役。
印象的なのは第3話。

おしゃれで大人な男性。
同棲している男の子と比べて憧れる。
「何かあるかも」と思って下着を買いに行ったとき、
「恋してるんですね」なんて言われてたのに。


大人な男性のはずが、「いざ」という時に
せっかく買った下着には目もくれずにギラギラ前のめり。
ソファーベッド倒すのに手間取ってたりして
あっという間に冷めちゃった。

ちょっと面白かったので、今度は下巻を借りよう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

別れの前に。

2017年11月16日 | できごと
ふと、
「久し振りにノートル・シャンブルに行こうかな」
と思って検索したら、なんと名前が変わっていた。


「水の音」


そして外観も和風に。




ちょっと心配したけど、紅茶もやっていた。



シンプルなアッサムティー。





相変わらず落ち着く内装。
ここには地震の2日前にも行った記憶がある。
でもガレット(そば粉のクレープ)なんかを出すようになってから
少しずつヘルシー志向に変わっていって、
なんとなく足が遠のいた。
食事のメニューはさらにそうなっていたかも。


でも年内で閉店と聞くと、
さすがに20年近く前から通っていた身としては
なんとなく感傷的になってしまい、訪問してきました。

美術館で働いていた頃にしょっちゅう通っていた20代、
友人も長年アルバイトをしていた。
一人でゆっくりしたい時にはよく訪れていた。

12月にもう一度行こうかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ鑑賞記録「監獄のお姫さま」★★★★☆

2017年11月14日 | てれび
今観ている秋ドラマの中でダントツ面白い。
いや、面白くなってきた。
いや、『コウノドリ』はテッパンなんだけど、
回によって波があるからな。


『監獄のお姫さま』
2017年10月~・TBS


イケメンだけど胡散臭い社長の息子が誘拐された。
誘拐したのは5人の女、いやオバさん達。
彼女達が知り合ったのは監獄の中。
誘拐は「姫」のため。


現在5話まで話が進み、女達の過去が徐々に明らかに。
主人公・馬場カヨは浮気した夫を刺して
「自立と再生の女子刑務所」へ。
そこで姉御・女優・財テク・小しゃぶ・リンと出会う。
遅れて入所したのが姫こと江戸川しのぶ。
婚約者の恋人を殺した罪で入所したけど
それが実は冤罪で、しかも姫は妊娠を隠していた。


1話のラストで息子と入れ替わりで社長を誘拐。
社長を脅して姫の無実を証明するつもりなら
最初から社長を誘拐すればいいじゃんって思ったんだけど、
話が進むにつれて納得。
みんなとにかく勇介に会いたかったんだね~。

5話を見るまでは、誘拐した勇介ってホントに姫が生んだ勇介?
って思ったけど、本人でした。
となると、晴海の可愛がりぶりが怪しくなってくる。
ここにもイケメン社長の策略が?


10話通してイケメン社長は拘束され続けるらしい。
でも現代パートがなかなか面白いな。
財テクと社長が寝たことを知ったほかの面々。
「先生~!」「調査~!!」の流れ、笑った。

5話のラストは涙が・・・。
母(そして仮ママ達)と子の別れだけでも悲しいのに
それが憎むべき男に奪われる瞬間になるなんて。
職務上、姫を止めなければならない先生も
目に涙を溜めていたのが余計に悲しいなぁ。

伊勢谷友介がイケメンで憎らしくて、役にぴったりだなと、
あのラストシーンを見て思ってしまいました。


秋ドラマ、忙しくて流していたけど
このドラマは次週が待ち遠しくて毎日観ちゃってる。

あ、でも「おばさん~?!」の件の先生のノリの悪さとか、
あまりその辺のギャグは笑えていません。
クドカンの笑いってまだよくわからない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ鑑賞記録「コウノドリ」第5話★★★★☆

2017年11月12日 | てれび
前シリーズも5話で泣いたな。

『コウノドリ』
2017年10月~・日テレ

今回は原作でも泣いてしまった回。
32週、通常ならもうすぐ赤ちゃんに会えるとワクワクする時期。
切迫早産で安静にしているとはいえ、
自身は元気だし、まさかこんなに悲しい別れがくるなんて。


ドラマだけど、フィクションだけど、
あの夫婦がまた子どもを授かる日がくることを
願わずにはいられない。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

断捨離・譲渡

2017年11月10日 | もの
大量のペンを処分しました。




気付いたらこんなに溜まっていたjuice。
とはいえ、捨てるのはもったいない(全部使えるし)。
姪っ子にメールしたら「使う!」ときたので
送ってやりました。

色ペンがほしかったら今後はSARASAにしようかと。
インク溜まりが少なくて書き味はいいけど、
色の数はjuiceにちょっと負けるんだよね。
ま、でもこんなに発色のいい、かわいいペンは
女子高生の方が似合うもんね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ドラマ鑑賞記録「僕のヤバイ妻」★★★★☆

2017年11月09日 | てれび
何気なく観た再放送にはまってしまった。

『僕のヤバイ妻』
2016年4月19日~6月14日・フジテレビ
出演:伊藤英明 木村佳乃 相武紗季 キムラ緑子 佐々木蔵之介 高橋一生


今期は4本も連続ドラマを観て忙しいのに
再放送で2話の冒頭を観てはまり、
さかのぼって観始めてしまった。
めちゃめちゃ面白かったな~。
なんでリアルタイムで観なかったんだろう?

今をときめく高橋一生をはじめ、
朝ドラ「ひよっこ」で初めて知った浅香航大も。
宮迫だけがちょっとな~。

夫の伊藤英明と刑事役の佐藤隆太は海猿コンビですね。


浮気した上に愛人と共謀して自分を殺そうとした
夫への復讐に、誘拐を自作自演した妻。
怪我をして入院した妻が自宅へ戻って
すっかり改心した夫が手づくりの料理で迎える。
このままだまされて過ごしていくのかな?と思ったら
2話のラストであっという間に夫にばれて
これからどうなるの~?とドキドキ。


夫の幸平がバカすぎるのと愛人の杏南が悪女すぎるので
孤軍奮闘(緒方や小暮はいるけど)している真理亜を応援。
杏南が殺されるシーンで
「とうとうやっちゃったよ・・・」と素直に思った自分が憎い。

最終回の冒頭、真理亜のモノローグにひっくり返った。
「わずか10日間ですべて変わってしまった」って・・・。
誘拐を自作自演して、2億円隠して騙し取って
姪っ子を巻き込んでお金を奪い返して
男が死んで女が死んだふりをして、
隣人に本当に誘拐されて・・・で、たった10日間?!

真理亜の本当の目的はなんだったのかな。
幸平の推測通り、16億が欲しかったの?
だったら独身のままで受取人を小暮とかにした方が良いのでは?

最後の最後に鯨井夫妻が主役に躍り出たことはびっくり。
まさかあそこに純愛があるとはね。


再放送だったからカットされた部分があるのかな?
だったら完全版観たいな~。借りちゃう?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

テレビで鑑賞記録「殿、利息でござる」★★☆☆☆

2017年11月09日 | えいが
『殿、利息でござる』2016年・日本
監督:中村義洋
原作:磯田道史『穀田屋十三郎』(文藝春秋刊『無私の日本人』所収)
脚本:中村義洋 鈴木謙一
出演:阿部サダヲ 瑛太 千葉雄大 西村雅彦 堀部圭亮 妻夫木聡 竹内結子

WOWOWにて2人で鑑賞。

地元が舞台の実話ということで、
公開時からかなり話題になっていた作品。
「庶民が殿様に金を貸し、利息を取る」話というのは知っていた。

しかしこの「庶民が殿様に金を貸そう」と思いつくのが
思っていたよりかなり序盤で「これからどうなるの?」
と思ってしまった。

でもそこから実際に金を貸すまでが長くて・・・。
実話が基になっているのでそこそこ冗長。
泣けるという話も聞いていたけど、
最後まで泣けませんでした。

まあ、中村義洋監督ですからね・・・。
全体的にコメディとして観ました。


【おまけ】



午後から2人で長町へ。
映画を観るという夫と別れて買い物。
スタバでコーヒーを買ったらクリスマス仕様でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

冬の気配

2017年11月08日 | そのた
立冬の翌日。

今年初めての雪虫観測。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

秋の味覚withわんこ&テテ

2017年11月05日 | できごと
わんこ来仙。



わんこも大好きなはらこめし。
なんと!海苔がのっていた。珍しい。
昼だけどせり鍋も〆の雑炊まで食べてお腹いっぱい。

でもその後ケーキも食べちゃったな。
ぺろっといった。


  

お土産もいただいちゃって。
ありがとう。

テレビの話から保険や仕事の話まで。
わんこが来るにはギリギリの気温でしたね。
また来年の春以降かなあ?
2月の群馬は参戦できません



【おまけ】



帰りにまたjuice upとユニボールシグノを買っちゃった。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

運も実力のうち

2017年10月31日 | たべもの


夫が応募した「いろはす」新味、当たりました。
でもレモンだった。

喫茶店のレモンウォーターが苦手は人はダメ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加