旅の淡彩スケッチ便り

水絵描きと申します。旅と絵を描くことが好きです。国内外を旅行した思い出とともに旅先で描いた絵を載せています。

霧に煙るハリストス正教会(函館大沼スケッチ)

2017年04月21日 | スケッチ
函館大沼スケッチに戻ります。絵はこれも元町教会群のひとつハリストス正教会です。雨上がりで霧が出ていました。函館には1858年(安政5年)日本で最初のロシア領事館が置かれました。その二年後の1860年、領事館の附属聖堂としてこのハリストス正教会が建てられました。日本で最初のロシア風ビザンチン様式の優美な聖堂です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (6)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春の21世紀の森公園 | トップ | 妙義山の桜 »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (カズノコ)
2017-04-21 17:44:04
霧の中の景色、絵で見るのは初めてです。すべて白黒でそれも形をぐらいにするのか。ぼんやり、描くのに苦労されたのでは、ないですか。陰影と色の具合をどのぐらいにするのか、と。
Unknown (パープル)
2017-04-22 11:29:49
今日は。
霧の感じを良く表されていますね。
素敵です!
建物はロシア風ビザンチン様式というんですか、
以前ウラジロストクを訪れた時は、
こういう建物に絵心をそそられました。
カズノコさん今晩は (水絵描き)
2017-04-22 17:33:36
種明かしをしますと霧はパソコンのソフトで調整しました。ちょっと邪道だったと反省しています。
パープルさん今晩は (水絵描き)
2017-04-22 17:37:36
確かクルーズ船に乗って描きに行かれたのでしたよね。優雅な旅だったのではないですか。お羨ましい限りです。
Unknown (MF)
2017-04-23 08:56:05
おはようございます。
函館は霧が多く発生ところだそうですね。
私が最初に行った時はやはり霧で函館夜景が見えませんでした。その時に冬に来なさいと言われた記憶があります。50年も前の話ですがね。
漸く暖かくなってきました。先日はタイの研修生5人と2日がかりでトラクターで畑を耕し苗床を作り、植え付けの準備が完了しました。ジャガイモ、サトイモはすでに植え付けが終わりましたが、連休明けにはきゅうり、ナス、トマト、等10種類以上一斉に植え付けです。その後は収穫が楽しみです。
MFさん今晩は (水絵描き)
2017-04-23 19:25:47
私たちは農産物を食べるだけですのでいかにご苦労されて育てられたのかをよく知らないでいます。若い人が減ってきているので外国の方に頼ることも多くなるのでしょうか。人間関係など気苦労も多いかとお察しします。どうか無理をされて体調を崩されないようくれぐれもご自愛ください。ところでお送り頂いた大きな里芋美味しく頂いています。里芋は孫たちも大好きなので息子や娘のところへも持っていきました。ありがとうございました。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL