エレナの窓

星風エレナのひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

一年を振り返って

2011-12-31 22:25:33 | 日記

とうとう一年最後の日になりました

この一年、私を取り巻く環境は本当に変わりました

お仕事の面でも、沢山の新しい事に挑戦させて頂き

沢山の方々に」お会いする事が出来

一歩一歩ですが、前に進んでおります

来年も宜しくお願い致します


この記事をはてなブックマークに追加

宙組公演

2011-12-21 23:54:32 | 日記

先日、家族揃って宙組公演を観劇致しました

宙組東京公演「クラシコ・イタリアーノ~最高の男の仕立て方~」「NICE GUY!!~その男、Yによる法則~」

最高に素敵でした

宙組最後の同期生、あおいちゃん(美風舞良)にチケットをお願いしたのですが

楽屋に行ったら、彼女の席がどこにもない

・・・と、思ったら、あおいちゃんは何と組のトップ4しか入れない幹部部屋のメンバーに

かつて、幹部部屋からはるか彼方の隅っこにいた研1生は

今や、研16の重鎮となっておりました

・・・が、相変わらずよく喋り、よく笑うあおいちゃんはあの頃のまま

でも舞台上では、立派なお母さん役をしっかりとこなし

歌いながらこちらに大サービスを連発

流石に大物です

あおいちゃん、素敵なパフォーマンスをありがとう


この記事をはてなブックマークに追加

宝塚ダンス・ソング講習会

2011-12-18 02:30:36 | 日記

本日・・というか、先日ですね

東武カルチュアスクール 宝塚ダンス・ソング講習会

大勢の方々に参加して頂き、本当に感謝です

ダンスでは「エリザベート」より「私だけに」のナンバーで

「大階段でフィナーレナンバーを踊る娘役」のシチュエーションで踊って頂きました

皆さん、おそらく生まれて初めて長いスカートを捌きながら踊られた筈なのですが

とても素敵な笑顔で生き生きとしていらっしゃいました

ソングでは、宝塚のテーマソングである「すみれの花咲く頃」を、ある時は手をつなぎ、またある時はスウィングしながら

ソプラノとアルトに分かれて歌って頂き

気分はすっかりタカラジェンヌ

また、私の現役中からのお知り合いで、温かい声援を送って頂いていた

美人OLのMさんも参加

本当にありがとうございます

レッスン終了後、皆様から「とても楽しかったです」のお言葉を頂き

すっかりご機嫌な私なのでした

 

「宝塚ダンス」「宝塚ソング」は

2012年1月より、第一、第三土曜日の

15:30、17:45から それぞれ開始となります

このブログを見て下さっているそこのあなた

03-3988-4855へ今すぐお電話を

 

 


この記事をはてなブックマークに追加

かえちゃんとみきちゃん

2011-12-04 20:30:21 | 日記

今日は、同期のかえちゃん(元月組の良基天音さん)と、みきちゃん(元星組の叶千佳さん)と、念願のランチをしてきました

和装モデルとして活動しているかえちゃん女優のみきちゃん

なかなか時間が合わず、今回やっと実現したのです

メニューは、「抹茶」味をベースにしたもの

ごはんからデザートまで、総てが抹茶尽くしでした

ほら、私の前には抹茶アイスとわらび餅、みきちゃんの前には抹茶パフェが

一挙にぺロリです

流石デザートマニアのかえちゃん、良いお店を選んでくれました


この記事をはてなブックマークに追加

美術館

2011-12-01 21:34:10 | 日記
今日から12月ですね

昨日の暖かさが嘘みたいに、とても寒い一日でした

今日は、一期下のちえちゃん(元宙組の夏大海さん)と、サントリー美術館で開催中の
「南蛮美術の光と影・泰西王侯騎馬図屏風の謎」を見て参りました

ちえちゃんとは、宝塚受験の時に同じ声楽教室に通い、
(発表会の時に、お弁当を持参しないで呆然としていた私にをくれたのがきっかけ)
下級生の時は寮の同室として生活し
絵画・美術マニアとして、関西中の美術館をはしごをして

本当に仲良くさせてもらってます

相変わらず、すらりとスレンダーなちえちゃん

美術館は、安土桃山時代にキリスト教宣教師や貿易商のよってもたらされた
キリスト教と南蛮文化の粋を集めた
ありとあらゆる美術品が展示されていました

精緻を凝らした螺鈿細工の書見台や、聖餅用の小箱も美しかったのですが

私が食い入るように見ていたのは、弾圧され、殉教してゆくキリシタンを描いた屏風でした

それというもの、私もクリスチャンなので・・・
やはり、立ち尽くしてしまいます

胸いっぱいになって美術館をでてからは
お腹いっぱいになりにへ!

肉食系女子の私達は大して迷いもせずステーキのお店「喜扇亭」に入り

目の前で、じゅうじゅう音をたてて焼いてもらったステーキをのせた
「ステーキ丼」を平らげたのでした

この記事をはてなブックマークに追加