エレナの窓

星風エレナのひとりごと

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

同期生

2010-05-28 22:44:55 | 日記
前回「虞美人」で大感動した私ですが・・・
あれからまたまた観劇しました
涼 紫央ディナーショー「PROFILE」
82期生が一斉に駆けつけて、総見となりました

ひきちゃん(涼)の楽屋にいけば・・・・
いるわいるわ、同期生達
キャーキャーワーワーと、かしましい事この上ない
「写真を撮ろう」と誰かが言い出せば、一斉に数十台のカメラを出し、
「飴食べる?」と誰かが言えば、ザッと、数十本の手が差し出され、
・・・完全に予科生時代にもどってました。
ディナーショー本番中、笑い、叫び()、泣き()
・・・・異常なテンションで凄い事になっていたかも(絶対そう)

終演後はまた楽屋で大騒ぎして
その後当然の如く、全員一致で「飲もう
カフェの一角に陣取って、果てしないおしゃべりに突入したのでした

数時間経過・・・・

時計を見れば、針は午後9時をさしていました・・・

私達が見たのは、二回公演の内の、第一部で終演は午後7時
・・・どうやら、第二部の終演時間まで喋りたおしていたみたいです
近い内の再会を約束し、私達はそれぞれの帰路につきました

また同じ話で笑うんだろうな

82期生バンザイ






この記事をはてなブックマークに追加

虞美人

2010-05-19 23:06:05 | 日記
5月19日・・待ちに待ってたこの日
そう花組公演「虞美人」の観劇日でした

我が同期生のえりちゃんこと、壮一帆さんに貴重なチケットのお願いをして
一路、東京宝塚劇場へ

楽屋では、沢山の懐かしい方達にお会いして
客席では、下級生時代にお世話になった久遠摩耶さんと美椰エリカさんのお隣のお席に
(なんと1階4列44番えりちゃんに感謝)

幕が上がれば、そこは古代中国。
強く凛々しい男達と、美しく儚い女達の刹那的な人間ドラマが展開されます。

えりちゃんは、飄々としながら大志を抱き、やがて「戦争」の現実と「権力」の脆さ、
「人間」の愚かさに翻弄されていく伝説の英雄 劉邦を、実に人間くさく、かっこよく
演じていました。また、真飛 聖さん演じる悲劇のヒーロー項羽との光と影のような
対比にも、思わず・・・

本当に素晴らしい一日でした。

ここでお知らせを

6月1日から、丸の内ビル(丸ビル)4階にあります、カード専門店「CARDTERIA」にて
ポストカード4種類(№3、6、10、17)を販売させて頂くことになりました。
是非お立ち寄り下さい

この記事をはてなブックマークに追加

再会

2010-05-12 00:39:07 | 日記
先日、懐かしい方々と再会致しました
宝塚在団時に応援して下さり、
退団時には、スタッフとして宝塚と東京の二ヶ所で
お手伝い頂いた方々

そう、約1年ぶりの再会なのです

まずは築地の評判のお寿司屋さんで楽しくランチ(約1時間待ち)
通常ではまず絶対にギブアップする待ち時間も、おしゃべりすればあっという間

席についたら、後ろのお客様方の「早くして下さい。お腹空いてるんです。」的な目線をものともせずに、ひたすら食す・・・美味しかった

その後、一路、リーガロイヤルホテルへ

私の尊敬する大先輩
矢代 鴻さんと立ともみさんのコンサートを観ました

沢山のお客様、宝塚OGの方々(おそらく私が最下級生です)が見守る中
歌って喋って、盛り沢山のエンターテイメント
特に、立さんの美しいダンスつきの「パダン・パダン」と
零落した貴婦人の一生を歌い上げた、矢代さんの「貴婦人」に
思わず
 終演後に、お二人とお話させて頂きましたが、本当に素敵なレディです

あっという間に、スタッフメンバーとお別れの時間になりましたが
この日、全員たっぷり1年分のお喋りをしたと思います

きっと、この先何度会っても
絶対、話が尽きることなんてない・・・しみじみ感じます

笑って、泣いて、喋って、喋って、喋って
 本当に、素敵な1日でした。

この記事をはてなブックマークに追加

ゴールデンウィーク

2010-05-05 01:16:02 | 日記
寒かった日々も終わり

・・・突然の夏日

冬物コートをしまい込みゴールデンウィークの到来でございます。

先日、アメリカに住む友人から、突然を受け取りました。
 ネットサーフィンで私のホームページを見つけて、
サンフランシスコから連絡をしてきてくれたのです。
学生時代から英語好きだった彼女は現在現地でお仕事をしているそうです。
嬉しかったなあ。

英語と云えば、お世話になってる英会話の先生から
パーティーにお誘い頂き、
行って参りました
 先生宅では、一歩入れば全て英語
アメリカ人、カナダ人、合わせて約20人程の中で
・・・楽しいけれど、ぐったり疲れた一日でした。








 

この記事をはてなブックマークに追加