Blank Of Puzzle

日常や読書の感想を書き綴ります。
優しく見守りください。

記事のタイトルを入力してください(必須)

2016-09-18 21:05:13 | 日記
こんばんは。エナンです。さて、今週はサボり癖が付きつつありますが。
今日はきちんと書いていこうと思います。数日前は仲秋の名月でしたね。
秋になって、もうすこしも経てば今度は涼しいから寒いになってくるのでしょうか。

『平等院を訪ねて』


 先日広島に居る旧友と大阪で待ち合わせまして、
本当に3年ぶりくらいに話をしました。暫くあってないからと言って、
人間別段なにか変わるわけでもないのですがね

僕は性格柄時々顔を見ておかないと不安になってしまいます笑

 その際に、和歌山から大阪、そして京都へ旅をしました。
半年くらいまえに住んでた地域なので旅行という気分でございまんがw

 そのときに、宇治は平等院を訪れました
大阪に住んでた手前京都も何回かは訪れましたが、
意外に宇治に来たのは初めてでした。

 10円玉で有名な「鳳凰堂」とその中にいらっしゃる阿弥陀仏
日本庭園から臨むその姿はやはり、荘厳な(人が多いとそうでもないけど)感じがします。

 しかし、それもさることながら!僕は宝物殿の方がとても感動しました

 平等院の宝物殿は「鳳翔館」という名前で、
そこには鳳凰堂の中南北の壁に安置される供養菩薩像が並べられてました。
「菩薩」ということで、一体一体が神様なわけです。
人が往生を迎え、その方が極楽へいくときの使者のような役目でしょうね。

 僕は仏教とか宗教の偶像というとどこか苦手でしたが、
鳳翔館の供養菩薩はどこか親しみやすく一つの芸術作品のように、
「あ、この顔好きだな」と罰当たりなことを考えていました。(・ー・;)

皆さんも宇治にお越しの際には是非どうぞ。

ではまた
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プランドハプンスタンス | トップ | さんまたべました »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL