Blank Of Puzzle

日常や読書の感想を書き綴ります。
優しく見守りください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【祝半年】ウガンダ日記 活動編6

2017-07-14 19:06:35 | 日記
こんばんは。7月も半ばに差し掛かり日本はさぞ暑い季節になっているのではと、お見舞い申し上げます。
ここウガンダは、赤道直下の国の割に標高が高いため今は少し涼しいくらいです。日本の皆さんすみません。

先に載せた写真は、井戸です。
パンを上下に動かすと水が引き上げられる仕組みです。日課となった水くみも、ふと考えると「よくやってるなー」と時々自分を労います。最近分かった事で、僕はウガンダの隊員の中でも井戸まで、少し距離があるそうで他の人は水道や雨水タンクが設えてあるんだそうな。
まぁ、いいけど…ちょっと悔しい

数週間ぶりになってしまった投稿ですが何かと出来事はありました。牛のお産に立ち会ったり、中間テストがあったり、ミサに参加したり、おいしいソフトクリーム屋さんをみつけたり…
七月十一日で僕がウガンダに来てからちょうど半年になりました。

海外旅行も行ったことない僕でしたが、こうして無事半年を過ごせた事は他でもない周りの皆さんの支えあってのことです。

さて、しかし題名に掲げた「活動編」という名に則し活動の話をのすると全然…というかほとんど全く効果的な事は出来ていません。

「実験をメインにした授業」
「ICT教育、スポーツ教育」
「理科室の整理」

三本の柱に掲げたこの目標をどうクリアしていくのか、具体的な戦略も立たぬまま半年が過ぎてしまいました。

勿論、できる事はやっています。 
教科書がない生徒のために絵を描いてみたり
学校に印刷機はないけど、自腹を切ってプリントをこしらえてみたり
他の先生が実験するときには補助に入ってみたり
小テストをして理解度を確かめてみたり

日本で言う「普通の仕事」もここではすこし「難儀な仕事」となってしまいます。

昨日は1年生の授業で水素の爆発を見せました。
日本なら、中3くらいで水の電気分解をする時に発生した気体を確かめるアレです。マッチを近づけて「ポフュン!」と燃えるアレ。

盛り上がったのは盛り上がったのですが、頭に残ってるのかなぁといつも後悔が残っています。

これは「混合物」と「化合物」を説明するときに使った砂糖と塩です。混合物は混ざってるだけだね?って砂糖と塩を混ぜて生徒に舐めさせてみました。
甘い?しょっぱい?
「どっちも!」
そうだね、混合物はその構成要の性質を併せ持つんだよ。他方化合物はその構成要素の元素とは全く違う性質だね。という具合に。

「Have you understood so far?」
(ここまで理解できた?)
と聞くと、いっっつも
「Yes!!!!!!!」
と返ってくるのが決まり文句
分かってないんだけどね…_(:3」∠)_

今日もまた何もできなかっなとか
何なために来たんだろとか
他の先生たちは何で先生になったんだろうとか
2日に一度は行き詰まります。
それでも、日本人の責任として仕事があろうとなかろうと、先生が来なかろうと僕は学校にだけは行きます。(たまに引きこもる隊員がいたり、パート出勤する人も多いので)そこだけは振らさずに半年、一年、そして二年と過ごしていきたいです。

こうした疑問を延々自問しているうちに、見えたこともあります。青年海外協力隊に求められる能力は国際協力や開発の支援といった日本で言われてることとは違うという点です。
深く自己開発に目を向け、受入国に住む人たちと自分の間で異なるものと同じものを見極め、そして口先だけではなくてそれを共有する。
少し難しい言い方をすると、こんな感じです。

ウガンダの教育システムが脆弱で日本がすごい!なんてことは当然ありえないのです。
さすれば、ほぼ全員がバイリンガル、時にはマルチリンガルなウガンダ国民に日本人は勝てっこありません。
そうではなくて、常に対等に。
何を教えてもらって、
何を教えてあげるのか。
何が相手の強みで、
何が自分の強みなのか。
出来ないことに目を向けるのではなくて、出来ることで生きていかなきゃいけないんだから。

だから、僕は全員が理科科目をできるように…なんて思っていません(底上げの意味でさえも)。ひとクラスに120人いたら底上げもしんどい。どう頑張っても目が行き届きません。
少しでも子どもたちが
「なんか中高のころに日本人いたなぁ、変なやつだったなぁ」と思って覚えててくれたら嬉しいなとそんな気持ちで日々叫び散らしてます。

僕が中学生の頃、二十代半ばにまさかアフリカに住むなんて思っていなかったから変な人生進んでるなぁと、少し冷めたミルクティーを飲んで、また一つため息をついているそんな金曜の夜

皆さんは熱中症にお気を付けください。では、また。ノシ
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウガンダ日記 生活編3 | トップ | ウガンダ日記 生活編3 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (くるぶし)
2017-07-15 09:53:05
いろんなことを見たり聞いたり感じたり考えたりしてるんだね!あと4分の3、おもしろいものとたくさん出会えるといいね!!
Re:Unknown (エナン)
2017-07-21 01:45:46
返信してませんでしたすみません
ありがとうっ!
何事も経験は大事だね。決まりが少ないから何をしていいのかも分からないことも多いけど、少なくとも僕はここにいるので周りの人に何か影響があればいいかな。
日本、ウガンダ問わずに僕と関わってくれた人が、少しでも他国に興味を持ってくれることを目指してまだまだ奮闘したいと思います 今後も御見守りお願いします!

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL