ElectronicsDIY5 web shop weblog

電子工作関連(組み込みシステム、アマチュア無線、測定器自作など)の商品に関して、紹介と補足説明をします。

OWON New Model 100MHz XDS3102AV レビュー(日本語)

2017-07-11 18:50:43 | オシロスコープ

OWON New Model 100MHz XDS3102AV レビュー


ElectronicsDIY5 web shop

www.shop-online.jp/ElectronicsDIY5/

すべてのモデルをオプションを含め、お取り扱いが可能です。お問い合わせください。

***********************************

OWON XDS3000 Series n-in-1 DSO

http://www.owon.com.hk/products_info.asp?ParentID=57&SortID=87&ProID=182#sthash.UKVVKPZ0.dpbs

日本語フォントへのtranslateをしていましたが、当方で取り扱いするモデルは日本語GUI対応致しました。

まだ機能は追加されていっています。現在のversionのfirmwareでは、DMM(オプション)にdata acquisition(DAQ)機能追加/USB Hostからの通常update対応/Function generator(オプション)のphase変更(delay機能)もできるようになっています。

*******************************

日本語版

 (OWON 100MHz 1GS/s N-in-1 12-Bits Digital Oscilloscope)

OWONから、新しいモデルのデジタルオシロとして、マルチファンクションなオシロがリリースされています。当方では、XDS3102AVをフルオプションで動作検証しています。当方では、100MHzモデルとしては、、Vertical resolution 12bits modelのXDS3102AVと8bits modelのXDS3102Vを扱っています。他のモデルは別途、お問い合わせ下さい。

Single trigger波形は、OWON XDS3102AVのほうががきれいです。(RIGOL MSO/DS1000Z と比較)

PC-Based Software は、Win7/Win8/Win10 32bit/64bit すべてで問題なく、動作します。

(WiFi)WiFi オプションを購入すると、Android tabletのソフト(OWON XDS3000A App)を使用して、波形表示とカーソル使用で基本計測項目を選択して、各測定が可能です。

OWON XDS3000A App(Plz set XDS3000 as WiFi AP or STN)

http://files.owon.com.cn//software/PC/OSC3000.rar

Android more than ver.4.0

また、Amazon Fire OSでも、使用可能です。

(WiFi オプションについて)

注文時に組み込む形であとで追加はできません。WiFiは、STNとAPの両方に対応しています。ふつうは、接続が便利なAPで接続しています。これは、XDS3102AVがアクセスポイントとして機能し、Tabletに接続します。android用のアプリが無償で用意されています。tabletは、タッチパネル機能があるわけですので、測定項目選択して、測定結果を表示したり、カーソル機能で垂直軸、水平軸のカーソルをタッチで移動させ、測定することにも対応しています。Screen Print画像をメールで送ることも可能です。WiFi APで接続確立していても、オシロ本体も操作が可能なので、Tabletで操作が不可能な変更はオシロでできます。


(3)25MHz 2CH(Dual Channels) Arb/Signal generator(オプション)

delay設定(位相変更)が可能になりました。

オプションで、25MHz 2チャンネルのArbitrary/Sigenal Generatorを組み込むことができます。安く入手可能です。この信号発生器は、内部基準動作の信号発生器としては、オフセットが取れており、10MHzで設定すると、9.999998MHzあたりまで、正確に出力します。しかも、pop-upするkeypadが装備されていて、1Hzまで、周波数変更が可能で、正確な周波数カウンター(外部基準)で、10.000002MHzに設定すると、10.000000MHzに設定変更が可能です。また、周波数カウンター機能が標準装備されていますが、そちらも、周波数測定を10MHzならば、10.00000MHzまで正確に測定できるオフセットがすでに取れています。PICなどで、DDS信号発生器や周波数カウンターを自分で製作した経験がある人は、stand-aloneでも、PC-Basedでも、実際の出力周波数や読み取り周波数をオフセットがとれるように、プログラムに組み込むことが一般的ですが、RIGOL MSO/DS1000Z seriesや、Siglent SDS1000X seriesや、今までのこの価格帯のデジタルオシロの周波数カウンターでは、内部基準のため、そのppmに沿った、周波数偏移を反映した測定誤差をそのまま、認めざるを得なかったわけです。しかし、OWON XDS3102AVでは、その周波数誤差が信号発生器でも周波数カウンターでもその周波数偏移をうまく、オフセットを取っています。ソースコードでできるとは思っていましたが、それをきちんと、やっています。他にも、バッテリー搭載(オプション)や、VGA出力(Vは、標準装備)で、LCDディスプレー表示もできるわけですから、初めて、電子工作をするデジタルオシロとしては、一番いいかもしれません。


(4)VGA portは有用です。Display表示と同等の表示を維持し、refresh rateに影響を与えません。組み込み済みを基本設定とします。


(5)波形更新は、memory depthが、1000pointsでは、100MHz,-10dBm sinewave(CH1)では、45000wfm/sほどありました。Signal Generatorが、dualでも、切り替えで、trigger outを計測できます。Sweep信号を入れてみましたが、short memoryでは、1MHz-100MHz sweep,sweep 200msなどで、見ていますが、RIGOL DS1000Z/Siglent SDS1000Xより早いです。
(6)PC softwareのUSB driverは、defaultで自動でインストールされません。できない場合はフォローします。


(7)OWONの有線LANのセットアップ方法は、Siglent,RIGOLとは異なり、DHCPをAUTOでセットアップしても、それだけでは接続確立できません。一応、マニュアルに方法は書いてありますが、接続確立できない場合はフォローします。

OWON XDS3000seriesは、PCで、有線LANで接続確立して、PCから、コントロール状態にある場合も、Wireless LANで、android 専用アプリで描出させて、コントロールができます。仮にVGAで、LCDディスプレーで大きな画面でみるのと同時にタブレット、PCをいちいち、コントロールを変更せずに同時に交互に使用できます。どちらを操作しようとそのコントロールが可能で、実際、これはかなり便利です。当たり前に一見、思うかもしれませんが、これが今までできるものはありませんでした。(特にオシロ本体とPCソフト間で)


(8)RIGOL DS1000Z seriesのようなScreen Print(OWONでは、Image Transfer)と同じようにbmp.fileでImage転送のほか、BIN.fileの転送が可能です。
(9)上記、2つのPC softwareへの接続ができない間は、WiFi dongleのAP modeで接続し、data転送していましたが、そういう接続も可能な場合があります。
(10)XY modeをテストしてみました。この例ではIQ信号の計測が可能です。


(13)Intensity Grading 8bit versionである、XDS3102Vでは、Intensity Gradingが、newest firmwareで改善されまた、カラー表示対応になりました。12bit versionは、まだ、intensity gradingが8諧調程度です。
(14)Optionsのbattery 13200mA(3hour)は、本体入手時のみのお取り扱いになります。
(15)Analogue 3dB帯域は、100MHzよりやや広い程度です。
(16)AM変調波測定を実施しました。測定 2種(キャリアー周波数のtime base/被変調周波数 3kHzなどのtime baseの測定が可能で、被変調周波数 3kHzなどのtime base(us-ms)では、sampling frequencyが、100MSa/sなどに落ちるので、キャリアー周波数が高い場合は、sampling定理を満たすようにmemory depthを自分で20MB/40MBなど、deep memory depthに変更する必要があります。被変調波測定のtime baseでは、大方、40MB deep memory depthでも、100MSa/sなので、変調度測定できるキャリアー周波数の上限は、おおかた50MHzまでです。


(17)Android applicationの表示波形更新は、PC-Based softwareよりはいいです。あと、screen print(image transfer)が可能で、e-mailで、png fileで画像を送信する機能があります.

後部カバーをはずし、内部を見てみました。voidのシールはないので、開けるのはokです。と言うか、起動できなくなった場合は、まずは、patchでbootloader modeでfirmware書き込みができるため、実際、返却しないといけない状況は起こりにくいですが、万一の場合は、main boardだけ、返却するなどで済む場合もあり、1200円程度で、送り返すことができます。HantekのHDG2022Bをmain boardだけ、返却するのと同等の対応になるはずです。内部電源は、XDS3102AVでは、きちんと、シールドされていました。また、内部基準発振回路と思われる回路上は、アルミ ケースでシールドされていました。

10MHz sinewave 400mVp-p(CH1 25MHz Arb/Function Generator)/XDS3102AV Setting :Acquisition Mode:Sample/Memory Depth 1000pts/Run Mode

10MHz sinewave 400mVp-p(CH1 25MHz Arb/Function Generator)/XDS3102AV Setting :Acquisition Mode:Sample/Memory Depth 1000pts/Single Trigger Mode

(21)Record機能は、標準装備で、1-1000 frame 変更可能/ Interval 10ms-10s変更可能です。

Record

Playback

上記は、InternalでRecord機能を使用した例ですが、USB Flash Memory(UDisk)でExternal設定で、波形記録も可能です。容量いっぱい、infiniteに記録することも可能で、そのRecordは、wave_record0.bin として、記録でき、これは、PC-Based Softwareの付属機能である、Auto Playerで波形表示を1/100の早さのスロー再生で波形確認できます。下記の例は、1000wave指定で、recordした例です。BIN.FileをPlayerで波形の時間経緯を見ることができるソフトを初めて見ました。


**********************************************************************

Persistなどのpara-meterはRecordを選択した後は、変更できません。あらかじめ、設定変更しておきます。Sweep 信号sinewave 1-100MHz 200mVp-p,sweep time 500msをオシロ Acquisition mode: Sample(normal sampling),short memory depth 1000ptsをrecordする場合に、persist 5sをかけた場合のImageです。recordは、1000frame,10msの設定の例です。10msごとに更新記録される波形に5sのpersistをかけて描出させ、更新速度が遅いことを補うことができます。Siglent SDS1000X seriesでは、現時点、persistを使っていても、recordでこのpersistを反映させることはできません。recordが、interval setting自体は、1usまででき、実際にも、23usなど、かなり、resolutionがいい記録を行うので、normal samplingで見えていたものは、かなりの確率で、segmented memoryのどこかに記録されるのですが、できれば、OWONのようにpersistを反映するほうが視覚的に見れて、有利です。persist 5sで、recordでは、interval 10msの場合、persist 1sのnormal samplingの表示のように見えます。

(22)Pass/Failも問題なく、使用可能です。

(23)Logic/Bus Triggerは、Defaultで使用可能です。少なくとも、I2C.SPIなどでtriggerをかける機能は使えます。decode optionに関係なく、I2Cなどの特殊トリガーをかけることができます。

(24)AD converterは、HAD1520 (High Speed Multi-Mode 8/12-Bit 1000 MSPS A/D Converter)を搭載していることが確認されています。data sheetからある程度、multi-modeの意味は理解できるかと思います。XDS3102AVでは、8bit/12bitの切り替えが原則可能ですが、ある設定では、8bit固定になっています。XDS3102でも同じchipを搭載しているのではないかとも想像できます。
(25)Math機能のFFTは、RIGOLに比較するとその更新レートは早いです。FFTは、RIGOL.Siglentより、OWONのほうが優れています。CH1で、FFTをactivateすると、trigger outの表示は変わりませんが、実際のCH1の波形更新も、FFTと同じ程度に落ちます。ある程度、帯域の広いBPFならば、ある程度の測定は可能です。persistは、FFTでも機能しています

Function Generator Set-Up: 5-20MHz 400mVp-p/sweep time 10ms


(26)タッチパネルは、電源測定などの使用で、波形拡大表示させる場合、即座にフォーカスできて、やはり非常に便利です。当然なのですが、カーソルも操作できます。

(27)Hardware Frequency Counterのsensitivity

ハードウェア周波数カウンターの感度は、およそ、4mVp-pとすこぶるいいです。XDS3102AVは、周波数カウンターは、RIGOL,Siglentよりも周波数を正確に測定が可能です。よくoff-setが取れています。optionのsignal generatorの出力周波数も数Hzしか誤差がないので、この2点はOWONが優れています。それに2CH同時に計測ができるのもOWONだけです。

Siglent SDG2122X /10MHz 外部基準(GPS Z3805A)

7.100000000MHz sinewave 4mVp-p(Hi-Z)/XDS3120AV average sampling

28)4mVp-p以下の小信号測定に関して

4mVp-p以下の信号は、繰り返し信号(sinewave etc)でもmeasureで周波数測定はできません。ただし、XDS3102AVは、vertical resolution設定は、1mVp-pまで設定可能になっており、特に2mVp-p/divと1mVp-p/divでは、20MHz以上の波形をeliminateするために20MHz LPFが自動で設定変更される代わりに、5MHzなど、20MHz以下の信号レベルをSiglent SDS1000X series同様に、500uV(50ohm)/-62dBmの信号レベルをかなり正確に測定することが可能になっています。

50ohm feed through terminatorで、50ohm loadして、SSGと接続した場合の無信号noise levelです。(XDS3102AV 1mV/div設定/Memory depth 40MB)1.520mVp-pと測定されています。(SSG接続により、noise levelは、無接続時より上昇が見られました。原因はわかりませんが、若干、反射があるようでした。)

SSGで、sinewave 5MHz -62dBmをXDS3102AV CH1に入力させてみます。2.000mVp-pと測定され、480uVp-p(50ohm load)と計測され、ほぼ正確な測定ができています。

(29)XDS3102AVでは、付属プローブでのcompensation調整をするためのソフトが組み込まれています。プローブですが、基本の10cmほどのアース線は脱着可能で、表面実装部品などの測定用に、短いアースラインで測定できるように標準クリップカバーをはずして、ばね状になった短いアースラインを取り付けることが可能です。

(32)XDS3102AVでは、Siglent,RIGOLのように直接、refrerence waveボタンはないですが、SAVEの中にWAVE Object&Showにsetting1などにBIN.file保存がinternalにできます。青のwaveformがreference waveになります。

(33)マルチメーター オプションは、4000countsです。4000countsあれば、initial testには必要最低限能力はあると言えます。当方で販売している電流プローブを接続しておくとことができ、便利です。

(34)2種類のdecode optionが供給可能になりました。

(1)CAN decoding option

(2)I2C,SPI,RS232 decoding option

 本体とともに注文の場合は組み込み済みで、あとから、decode optionの追加の注文の場合は、patchをあてるため、PC-Softwareを供給することになります。decodeは、Binary/Hex/decimal/ASCIIに対応します。すでにaddress/data triggerが標準搭載されていますので、0x6Eにaddress triggerをかけることなどができます。

I2C decode(address trigger as 0x6E)

Event Table表示

Advanced triggerでは、address triggerばかりでなく、data triggerも問題なく、可能です。下記は、25Hでdata triggerをかけた様子です。

CAN decode(Input Type CAN_H/Sample Point 50%/Common Baud 100000)(Condition Start)もこのように可能です。

Event Table

(35)sinx/x interpolation機能がon/offできるようになりました。

(36)Alternate trigger modeが加わりました。refresh rateが、30000wfm/s以上の当方取り扱い機種でalternate設定できるのは、XDS3000 seriesのみです。

100MHz sinewave (Anritsu SSG )/25MHz sinewave (Arb/Functional Generator of XDS3102AV)

(37)promotionしている電流プローブで、SDRトランシーバー SDR-1000の受信時消費電流を測定してみました。単位は、Aに変更可能です。

***************************************************

VGA-HDMI 変換デバイス

HDMI出力対応にするアダプター(HDMI対応 LCD Display用)

問題なく、使用可能なことを検証しました。Shopのほうで、オプションとして、注文を受け付けます。

XDS3102AV Sweep 1-100MHz -6dBm sweep time 1second_using VGA-HDMI converting device

https://www.youtube.com/watch?v=rUi6qrtNMP0&feature=youtu.be

OWON XDS3102AVには、VGA出力機能がありますが、VGA-HDMI converting deviceで、HDMI出力へ変換し、LCD Displayへ表示させました。観測波形は、スイープ信号 サイン波 1MHz-100MHz -6dBm、スイープ時間 1秒です。XDS3102AVのsettingは、memory depth 1kpoints,time base 20ns/divです。この時のtrigger outは、約23000Hzで、Refresh rateは、約23000wfm/sと判断します。

******************************************************

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« OWON XDS3102AV(XDS3000 Seri... | トップ | Micsig TO1000 Series(tBook ... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。