カーモデルとエレクラ

プラモデルと実車。時々メシ。細く長くが目標ですっ。

FTO完成♪

2017-06-10 16:08:11 | プラモデル(走る車)
完成しましたよ~。
今回はFTO。スポコン仕様でまとめましたっ。



小さいながらもボリュームがあり、存在感のあるデザインです。
更にこのキットは、東京モーターショーに出たドレスアップモデル。
エアロで武装し、スポーツ感が非常に高いのです。


そこで今回は、足回りと色のみの仕様変更で仕上げました。
シルバーに青はワイスピ辺りのイメージで選択。
ブルーのサイドラインが、まるでFTO用であるかのように
(プレリュードから拝借)収まったのが嬉しいのです。
他のロゴも、プレスラインとバランスを取って配置。
マイルドセブンは、何となく勢いでね・・ワイルドスピードに
語感も似ているし(汗)。




ミラー変更のみ改造ですが、細かい自己満足点もあります。
ライトカバーの内側なんですが、本来黒なのを、黒/銀にしてあります。
ちょっと小顔になった気がしてイイ感じ。





足回りは、メッキの5本スポークホイールを最初に決め、
合うタイヤを探したらミニ四駆の物に。
すり鉢形状になっているのでキャンバーが自然に付くのが利点です。
ブレーキも大きな物に交換。赤のキャリパーがアイキャッチで。
車高はフロントをスレスレに決め、リアは若干の余裕で楔っぽく。
かなり好きな感じになりました。




マフラーまでキットなまんまのリア。
ワイパーを付けなかった位ですね。
テールランプの塗り分けも、比較的上手くまとまって良かったです。
でもシンプルでいいなと思っています。元がカッコイイですから。




実車の事も少し。
1994~00年に販売されたスポーツクーペです。
2Lと1.8LのFFで、ターボや4WDは存在しません。
その手はエクリプスをどうぞ、という事でしょう。
結局吸収されるような雰囲気で消滅しましたが、
今でもカッコイイ形の車だと思います。
コンセプトカーのHSRシリーズとの類似性も好きな点です。


キットはフジミ。
この車種を出せるのはフジミだけでしょう。素晴らしい。
インテグラやプレリュード、シルビア、セリカ。
スポーツクーペがいっぱいあった時代です。
それらに思いを馳せ模型を楽しむ。
楽しい時間でしたよん。
『ミニカー・模型』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« FTO製作記3 | トップ | ゴルフ5製作記1 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

プラモデル(走る車)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。