La selva bonita

ランダムウォークで気ままに,ガリレオ。
我々は流れ星のなりの果て。
El dia que me quieras.

スモ-ルワ-ルド 世界をつなぐ「6次」の科学

2017-04-21 22:12:18 | 日記
序文

第1章 結合の時代
複雑なシステムを考える
新たなネットワークの科学
同期はなぜ起こるのか
人があまり歩かない道
スモ-ルワ-ルド問題

第2章 「新しい」科学の起源
ランダムグラフの理論
社会ネットワ-ク
ダイナミックスの重要性
ランダムさからの旅立ち
物理学者たちの登場

第3章 スモ-ルワ-ルド現象
友人たちの小さな力をかけて
ド-ム都市住民からソラリア人まで
スモ-ルワ-ルド現象とは
できるだけ単純に
現実世界の実例から

第4章 スモ-ルワ-ルドを越えて
スケ-ルフリ-・ネットワ-ク
金持ちはより金持ちに
金持ちになるのは難しい
集団構造の再導入
所属関係のネットワ-ク
取締役と科学者のケ-スのネットワ-ク
困難な問題に直面して

第5章 ネットワ-クの探索
ミリグラムは何を示したのか
スモ-ルワ-ルドの探索問題
社会学からの反撃
ピア・トゥ・ピア・ネットワ-クの探索

第6章 伝染病と不具合
ホット・ゾ゙-ンのウィルス
インタネット上のウィルス
伝染病の数理
スモ-ルワ-ルドにおける伝染病
伝染病のパ-コレ-ション
ネットワ-ク、ウィルス、そしてマイクロソフト
不具合と堅牢性

第7章 意思決定と妄想と群集の狂気
第8章 閾値とカスケ-ドと予測可能性
第9章 イノベ-ションと適応と回復
第10章 始まりと終わり

訳者あとがき
文庫版訳者あとがき
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Scaling in Biology (3) | トップ | 侵入と伝播の数理生態学 重... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む