La selva bonita

ランダムウォークで気ままに,ガリレオ。
我々は流れ星のなりの果て。
El dia que me quieras.

核兵器と放射能 三宅泰雄 著 1969年

2017-03-21 21:46:34 | 日記
はじめに-原潜寄港と日本の将来

Ⅰ 佐世保港の放射能汚染をめぐって
放射能移染事件はなにを物語るか
1 原子力潜水艦が「もたらしたもの
2 佐世保港の放射能汚染
3 モニタリング
4 アメリカ側口上書と声明はなにを約束したか
5 原子力潜水艦汚染事件が今後におよぼす影響

〟異常放射能事件〝が教えるもの
1 原子力潜水艦がもたらした放射能汚染
(1)佐世保汚染のありさま
(2)原子力潜水艦が流す第一次冷却水
(3)生物による濃縮とは
(4)もっと困るのはイオン交換樹脂
(5)原子力艦船の入港は、原子炉の一時的設置と同様なものだ
2 海水中にふくまれる放射性物質
(1)天然の放射性元素のいろいろ
(2)海水のバックグランド放射能とは
(3)人工放射性元素にはどのようなものがあるか
3 佐世保におけるこんどの異常放射能
(1)原子炉特有の放射性核種はなかったのか
(2)分析結果はなにをしめしているか、鉄59について
(3)鉄59フラクションについての科学技術庁報告-あらたな混乱
(4)コバルト60、ニッケル63、亜鉛65について
4 考えるべきものをのこして

Ⅱ 核兵器と海洋の汚染
核兵器と海洋の汚染
われわれにとって原子力潜水艦とはなにか
1 原子力潜水艦の性能
2 原子力潜水艦の行動
3 海洋における核兵器競争
4 原子力施設としての原子力潜水艦
5 原子力潜水艦からの放射能の監視について
6 日本の原子力潜水艦
7 核兵器とはなにか
8 核兵器の廃絶と科学者の立場
原子力潜水艦と海洋汚染
1 廃棄物の種類
2 第一次冷却水
3 イオン交換樹脂
4 放射性廃棄物の海水による希釈とその場合の問題点
5 高放射能汚染魚

Ⅲ 原子力と放射能安全の問題
原子力開発と放射能安全
1 はじめに
2 原子力放射能の実態
3 原子力放射能からの安全保障
4 むすび
原子力産業と沿岸漁業
1 エネルギ-と国民生活
2 日本の水産業
3 エネルギ-問題と食糧問題の関連
沿岸水産業と原子力施設
1 はじめに
2 放射性廃水の種類
3 放射能の防御対策
4 放射能防御の体制
5 原子力と水産業とのあいだの問題点
6 水産業との共存対策
7 海はタダではない

Ⅳ 放射能問題と日本の科学
放射能汚染の研究は私たちになにを教えたか
科学者の責任-理工科志望の若い人に
核兵器と科学者
歴史に問われている大学-一科学者の感想
原潜寄港問題に関連し、第八期日本学術会議にのぞむ
科学技術基本法と科学の研究
1 国の政策と科学研究
2 科学技術基本法と国立研究機関
3 科学研究と法律
4 日本学術会議の重視を
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 化学の基本7法則 竹内敬人 著 | トップ | 渋滞学 西成 活裕 著 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む