goo

秋休み・鉄分補給の旅(Part10)

鉄道博物館を後にして大宮駅へ戻ります。
往路とは違うルートに使おうと思ったので、遭難顰蹙ライン湘南新宿ラインに乗り大崎へ。そこから山手線で向かった先は新橋です。
最後の目的地は鉄道発祥の地、「旧・新橋停車場 鉄道歴史資料館」です。

旧・新橋駅は鉄道開業以来、長らくターミナル駅として機能してきましたが、1914(大正3)年に東京駅が開業すると、ターミナル駅の機能を譲り旅客営業を廃止。汐留駅と改称して貨物駅として再出発しました。当時は広大だった駅敷地も時代が下がるにつれてやがて狭隘化し、また鉄道による荷貨物輸送がトラックの台頭により衰退したこともあり、JR化直前の1986(昭和61)年11月に汐留駅は廃止されました。
駅の跡地は再開発され、現在は汐留シオサイトとして高層オフィスビルが立ち並ぶ、近代的なオフィス街に変貌しました。
旧・新橋停車場は再開発の過程で駅舎やホームの遺構が出土し、発掘調査が行なわれた後で駅舎とホームの一部が再建されたもの。資料館の説明によれば、遺構の90センチ直上に再建されているとのことで、高層オフィスビルの谷間でビル街のオアシスとして機能しています。


再建された旧・新橋停車場駅舎。中は資料館として開放され、入館料無料で見学できる施設となっています。館内の床の一部はガラス張りとされ、駅舎やホームの遺構を見ることができます。1階にはレストランもあります。


0哩(マイル)標。鉄道開業当時に起点として設置された場所を全く同じ位置に再現され、そこから当時のレールが数メートル敷設されています。


駅舎の裏側にはプラットホームと上屋の骨組が再現されています。周囲はオープンカフェ風で、オフィス街の清涼剤といった感じ。


さて、2日間で色々と見て回った「鉄分補給の旅」もこれで終わりです。かなり足早に行動しましたが、それなりにいい気分転換になりました。
ここ数年の旅行というと野球遠征観戦にまつわるものが多く、あまり観光気分にはならなかったので、たまにはこんな小旅行もいいものかと思います。


最後に・・・

旧・交通博物館の現在の状況。本館の建物は現在も残されており、特徴あるガラス張りの螺旋階段もそのままです。
戦前からある建物だけに、今後どのように活用されていくのか、あるいは取り壊しの運命が待っているのか・・・
少しばかり気になるところです。
コメント ( 5 ) | Trackback ( 2 )

秋休み・鉄分補給の旅(Part9)

近代車両編の続きです。


21形(21-25)新幹線電車カットモデル。東海道・山陽新幹線を走り続けてきた0系も、ついにこの秋ラストランを迎えることになりました。40年以上も前の設計ですが、いつの時代でも「新幹線の顔」と言えばこの形態ですね。
このカットモデルは旧・交通博物館の入口脇に展示されていて、観覧者を出迎えていました。


222形(222-35)新幹線電車。こちらは東北・上越新幹線の初代車両で、東海道・山陽の0系が「白×青」なのに対し、東北・上越の200系では「白×緑」のカラーリングが採用されました。
200系もJR化以降の新形式に押され、その数もめっきり減ってきましたね。


さて、紹介しきれない車両もたくさんありますが、そろそろ2階に上がってみます。
2階は壁面を利用した、鉄道の歴史紹介のコーナーがあります。かつて使われたヘッドマークや様々な部品なども、見る価値があります。
しかしながら、2階の最大の見所はこれです。

旧・交通博物館でもおなじみだった、鉄道模型パノラマです。横幅約25メートル・奥行き約8メートル、約200平方メートルの地形模型にHOゲージの鉄道模型を敷設したジオラマで、軌道総延長約1,400メートル・車両数約600両。もちろん日本最大級のものです。
ちょうど運転実演が行なわれていて、老若男女問わずジオラマに見入っていました。

2階にはコレクションギャラリーと呼ばれるコーナーもあり、ありとあらゆる鉄道部品が収蔵されていましたが、展示というよりはむしろ収納棚に収められているという感じだったので、撮影には至りませんでした。企画に合わせて随時展示ということなので、スケジュールを調べてまた訪れたいものです。


かなり速足で見て回ったのですが、鉄ヲタなら1日いても飽きないな、と思いました。例によって運転シミュレータがお子様たちに独占されて操作できなかったのが残念といえば残念なところ(笑)
あと、旧・交通博物館にはあった航空機や自動車関連の展示が全くなくなってしまったが気になりました。「鉄道博物館」なのだから仕方ないと言ってしまえばそれまでですが、個人的にはこれらも移設してほしかったと思います。


十分に「鉄分」を補給して、最後の目的地に向かいます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋休み・鉄分補給の旅(Part8)

続いては転車台より奥側、様々な技術革新を取り入れた昭和30年代以降の近代車両です。


クハ181形(クハ181-45)直流特急形電車。新幹線開業以前は東海道線で活躍し、新幹線開業後は山陽線や上越線・信越線・中央東線の特急に使用された「こだま形」車両です。先頭車のボンネットスタイルは、登場から50年を経た現在でも色褪せることのない、素晴らしいデザインです。
展示されている45号車は上越線向け161系の増備車として製造された車両で、上越新幹線開業まで終始一貫、特急「とき」に使用されてきました。


クハ181形は車内に入ることができるようになっています。国鉄形特急普通車はいずれもこんな感じで、飾り気の少ない、実用的でシンプルな車内でした。


ナハネフ22形(ナハネフ22 1)特急形寝台客車。元祖ブルートレイン・20系は夜行特急列車専用客車として設計され、「こだま形」特急電車と時を同じくして登場しました。
ナハネフ22形は編成の最後尾に連結される車両で、曲線を多用した流麗なデザインと大型の曲面ガラスによる2枚窓、濃紺の車体にクリーム色のラインを3本引いたシックなカラーリングが相互に作用して、夜行列車にふさわしい雰囲気を醸し出します。


クハ481形(クハ481-26)交直流特急形電車。交流電化の進展に伴い、「こだま形」をベースに直流・交流双方の電化区間を走行できるようにした車両。展示形態はヘッドマークの交換風景を模したものになっています。
プラットホームを挟んで右側に見えるのは、急行形のクモハ455形(クモハ455-1)で、新幹線開業以前の上野駅では、当たり前に見ることのできた光景を再現しています。


モハ484形(モハ484-61)の屋上。クハ481形の後ろに連結して展示されており、パンタグラフ部分に展示台が組まれていて、「走る変電所」と呼ばれた交流・直流双方の電化区間を走行するための高圧機器を見ることができます。
パンタグラフが接する架線は、デッドセクションを模していて、凝った作りになっています。


近代車両編はもう少し続きます。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋休み・鉄分補給の旅(Part7)

蒸機編に続いては、戦前形電機・電車・客車編です。


マイテ39形(マイテ39 11)一等展望車。戦前の特急「富士」用に製造された車両で、「桃山式」と呼ばれる絢爛豪華な内装が特徴。しかし欧米人には好評な内装も、日本人には「霊柩車や仏壇を連想させる」と不評でした。
車内に入ることはできませんが、内装は窓越しに見ることができます。


ED17形(ED17 1)電気機関車。大正末期に英国から輸入されたED50形の制御器や電気部品を、戦後国産部品に換装して誕生した形式。長く仙山線や飯田線などの私鉄買収路線で、貨物用機関車として活躍しました。


クモハ40形(クモハ40074)電車。戦前を代表する3扉ロングシートの通勤形電車で、国鉄(鉄道省)の電動車として初めて鋼製20メートル級車体を採用した車両。
戦後も長く東京・大阪の2大都市圏で運用されました。


続いては新技術を取り入れた、昭和30年代以降の近代車両編です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

秋休み・鉄分補給の旅(Part6)

ハチクマライスの味を堪能し、腹もふくれたところで、館内観覧のスタートです。
メインはやはり実車が展示されている、1階のヒストリーゾーン。

2階デッキから見下ろしたヒストリーゾーン。鉄道博物館紹介の際にはおなじみの構図です。
転車台に載ったC57135を中心に、130余年の鉄道の歴史に名を残してきた車両が並びます。
なお転車台は実際に回転し、観覧途中で回転実演とC57135の汽笛吹鳴も行なわれました。

転車台を中心にエントランス寄りが主に鉄道黎明期から戦前の車両、奥側に戦後の車両が並びます。
まずは黎明期から戦前の車両を見て回ります。


150形蒸気機関車。「1号機関車」と言った方がわかりやすいでしょうか。1872(明治5)年、新橋・横浜間に初めて鉄道が開業した時の機関車です。


7100形蒸気機関車。鉄博展示車は「弁慶」。北海道初の鉄道開業時の車両で、西部劇から出てきたようなアメリカンスタイルが特徴的。
同形の「義経」が交通科学博物館に、「しずか」が小樽市総合博物館に展示されています。
後ろに連結されているのは「開拓使号」客車。


C51形蒸気機関車。超特急「燕」やお召し列車の牽引にも用いられた、大正~昭和初期を代表する旅客用機関車。1,750ミリの動輪直径はこの形式で初めて採用され、以降の旅客用蒸気機関車にも変わることなく受け継がれていきました。


C57形蒸気機関車。C51形の設計をさらに洗練し、全国各地で活躍した旅客用蒸気機関車。
現在でも1号機が「やまぐち号」、180号機が「SLばんえつ物語号」を牽引し、動態保存されています。
鉄博展示の135号機は、最後の定期旅客列車を牽引した機関車で、全長を切り詰めた除煙板や乗務員扉が追加された運転台など、北海道向けに改造されたスタイルをそのまま残しています。


続いては戦前形電機・電車・客車編です。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ