「世直し太郎」の政局斜め読み

偏向マスメディア報道の本質を直観力で読み解き、内外の話題を大胆に斬っていきます。大中華帝国主義許すまじ!です。

そもそも石原元都知事に法的瑕疵があったのですか?都議会百条委開催の愚

2017年03月21日 | 日記
 いまさらですが、石原元都知事への質疑をTV中継を生放送で観ていたのですが、本当に虚しい都議会百条委でしたね。最終的に何を開催の成果にすべきだったのでしょうか?

都民のやり場のない怒りをガス抜きするための石原元都知事を追及しているという各会派の印象操作が目的でしたか?

まず何回もツイートしていますが、そもそも石原元都知事に都知事着任中に違法性を問える行為や意思決定があったのでしょうか?

違法性のなかった行為や意思決定に関して何を厳しく問えますか?

むしろ豊洲移転を延期した以降にかかっている損害賠償費用の方が都税の負担として日々増えていませんか?

よく「無作為の罪」と言いますが、それこそ都知事と都議会は都政の両輪ですから、石原元都知事着任中の意思決定に関しては、「都議会の採決」という意思決定もなかったのでしょうか?その当時、都議会でも指摘していない事を結果論として今になって問えますか?

「あなたの責任ですよね!」と問えば「はい私の都知事としての責任で豊洲移転を決定しました」と言われてしまって、その意思決定に何を問えるのですか?

「豊洲移転に関して、その当時、当政党ではこう指摘していましたよね?その時点で石原都知事はこう答えていたと思いますが、明らかに事実と反しますよね?」とか、その意思決定の齟齬を問える質問はありましたか?

まったくもって都税を無駄にした百条委ではなかったでしょうか?

また、飲料水の基準で地下水を評価する合理性について現実性があるのかないのかは、まさに現任の小池都知事が決定すべき事です。

不毛な議論ですのでこのテーマはこの位にしたいと思います。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月20日(月)のつぶやき | トップ | 3月21日(火)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。