「世直し太郎」の政局斜め読み

偏向マスメディア報道の本質を直観力で読み解き、内外の話題を大胆に斬っていきます。大中華帝国主義許すまじ!です。

なぜ創価学会はプライバシー権の加憲を言いつつ共謀罪法を成立させた公明党を批判しないのか?

2017年06月20日 | 憲法改正問題
 これは現代日本政治の七不思議の一つと言えないでしょうか?

公明党の正式ホームページを見ていただければお分かりの通り、公明党の掲げる重要な政策が、「改憲ではなく加憲」であり、その「加憲」の主要テーマが「プライバシー権」の保護にあったわけです。憲法の構成要件として、現代的な国民の権利として「個人のプライバシーをしっかりと護ろう」と訴えているわけです。

ところが、公明党は、この国民のプライバシー権の保護という重要な内容を含む憲法条文の制定前に、あろうことか政権与党として自民党と一緒に「共謀罪」法を先に成立させてしまったわけです。

なぜ、公明党の実質的な支持母体である創価学会はそのことへ厳重に抗議しなかったのでしょうか?

「共謀罪」は、まさに「組織的な共謀」を罰するという名目で、恣意的に調査対象が広げられ、個人のプライバシーの権利に対する重大な脅威になると野党や国民から強烈な反発を受けていたわけですし、この度の自公政権の安倍内閣支持率低下にも影響しているわけです。

創価学会は「共謀罪」法に賛成なのですか?今国会で個人のプライバシーの権利保護より優越すべき内容でしたか?

しっかりと公式コメントを発表していただきたいものです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月19日(月)のつぶやき | トップ | だからマスコミは報道を通じ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。