「世直し太郎」の政局斜め読み

偏向マスメディア報道の本質を直観力で読み解き、内外の話題を大胆に斬っていきます。大中華帝国主義許すまじ!です。

安倍首相!靖国神社への慰霊参拝なしに真珠湾に行くなら首相を辞職してからにしてください!

2016年12月10日 | 外交・安全保障問題
 この時期もっとも論陣を張りたい内容ですので、何回でも指摘させていただきます。

今回の安倍首相による真珠湾慰霊訪問に関して、一人の日本国民として憤りを禁じ得ません。

日本の首相として戦後政治の総決算として臨む行動の優先順位が間違っています。そう指摘させていただきたい。

まもなく任期が切れる米国オバマ大統領と共に真珠湾を、なんと「慰霊目的」で訪問するとの報道を聞いた瞬間に、安倍首相の「歴史観は間違っている」少なくとも日本国民としての信条としては許せるものではない売国行為であるとの認識を持っています。「慰霊」ですよ「慰霊」!「慰霊」行為をなんと心得る!

なぜなら、先の大東亜戦争で祖国のために戦いなくなった三百万人にものぼる英霊に対して、直接靖国神社を参拝して慰霊行為をしたのでしょうか!と問いたい。「玉ぐし料を出した」くらいで毎年済ませて良いとお考えなのでしょうか?ならばその歴史観は日本国民として完全に間違っています。靖国神社の英霊をばかにしていませんか?

なぜそこまでオバマ大統領が創りたい歴史の美学に加担しなければならないのでしょうか?少なくともそんな義理は日本の首相にはないはずです。

まもなく大統領としての任期が切れるオバマ大統領の「有終の美」にお付き合いなさりたいなら、
個人の思想信条の自由が有る以上、全面否定は致しませんので、行きたければ安倍首相は首相をお辞めになる決意をしてからご同行ください。

こういう間違った歴史観を持つ人物が日本の首相であってはならないと考えます。天皇陛下のご譲位の前に辞任すべきは安倍首相ではないでしょうか。

どうか真珠湾慰霊訪問を自粛していただき、靖国神社の慰霊参拝をしていただきたい!強くご進言申し上げます。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 12月9日(金)のつぶやき | トップ | 欧米と並んでロシア制裁に加... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交・安全保障問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。