「世直し太郎」の政局斜め読み

偏向マスメディア報道の本質を直観力で読み解き、内外の話題を大胆に斬っていきます。大中華帝国主義許すまじ!です。

「加計学園」問題で強引な幕引き、逃げ切りを謀った安倍政権試練の本番はこれからですよ!

2017年06月17日 | 外交・安全保障問題
 潔さがみじんも見られない!これが現安倍政権への率直な感想です。

少なくとも「加計学園(岡山市)」の獣医学部新設計画を巡る「内閣府から文部科学省」に送られた文書があることが事実として判明している以上、内閣府にその文章を作成した人物がいるわけです。

さらに「首相の意向を忖度して動いた」人物として、萩生田光一官房副長官の名前が挙がっている以上、「本当に指示したのかどうか」は、それこそ「安倍総理の意向をニュアンスとして感じ取れ」と強く迫っていれば、ほぼ「総理の意向はあった」と見る方が自然で、その蓋然性は説得力があると言えるでしょうね。

おそらく安倍内閣の支持率はこれから下がり、窮地に追い込まれてからの内閣改造では、またあの「第一次安倍政権」の二の舞は必至でしょうね。

とにかく「共謀罪は成立させても「加計学園」問題では逃げた。」この日本国民に与えてしまった印象はすこぶる悪いですね。

それにしても文部科学省の高等教育局職員の天下り問題も含めて、なぜか新規大学設置や新学部設置の責任者にスキャンダルが続くことは単なる偶然とは思えません。

と言う事で、現在の野党が巻き返すところまではいかなくても、次回の総選挙で与党側が20人〜30人の議席を失うだけのインパクトは出てきたと思います。

出来ればその分を既存野党が議席を伸ばすことなく、日本の国防政策を担う新たな真正保守政党が議席を取っていただくのがよろしいのではないでしょうか?

いま日本の政治には安倍政権にお灸をすえるご意見番議員が必要ですね。

これが現在の率直な感想です。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 6月16日(金)のつぶやき | トップ | 6月17日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。