「世直し太郎」の政局斜め読み

偏向マスメディア報道の本質を直観力で読み解き、内外の話題を大胆に斬っていきます。大中華帝国主義許すまじ!です。

旧民主党政権時代のYouTubeは観るに耐えられませんでした。やはり政権奪取は不可能です。

2016年12月10日 | 外交・安全保障問題
 先日、YouTubeで旧民主党政権時代の国会や各委員会での首相や各大臣の答弁をいくつか観てみましたが、いやー、観るに耐えない悲惨な状況でしたね。

いま考えると日本の発展繁栄を奪うぞっとするような時間の無駄のように思えました。国会の場が民主党政権の失態を明らかにする場でしか有りませんでした。

二度とこういう場面を創ってはいけませんね。日本の機会損失そのものです。

現在も盛んに国会の場で与野党対立構造を無理やり作ろうとしていますが、虚しい限りです。「言葉狩り」や「人格攻撃」、国民感情に訴えるパフォーマンスは止めませんか?

「与党法案を審議拒否して徹底抗戦し、時間延ばしして国会会期中に結論を出さずに廃案に追い込む事が野党の仕事」だと勘違いしているならとんでもない事です。

少なくとも「与野党共に法案を出し合って、その優劣を客観的に評価する機会」を国会の場を通じて国民に与えたければいけませんよね?そう考える国会議員はいませんか?現状は余りにも不毛です。

特に現行法の規制緩和に対しての議論がほとんどなく、どんどん新しい法律を創っていますが、時代適合性の無い法律をどんどん廃棄する「廃法」を誰も言いだしませんよね?

これで効率の悪い官僚行政がなくなるわけないじゃありませんか?

やはり国会議員の総入替えをお願いしたいものです。
ジャンル:
モブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 欧米と並んでロシア制裁に加... | トップ | 12月10日(土)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

外交・安全保障問題」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。