ベンガルのうた 

内山眞理子の「ベンガルのうた」にようこそ。
ここは、エクタラ(一弦琴)のひびく庭です。
どうぞ遊びにきてください。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ゆく日には タゴールの歌

2017-03-13 | Weblog

 

ゆく日には

タゴール

 

ゆく日には

こう告げてゆけますように

わたしがみたもの、うけとったものは

比類なきものだったと。

光のなかにかがやく蓮の花の

蜜をのみ こうしてわたしは

祝福されたーー

ゆく日には

こう告げてゆけますように。

 

世の相(すがた)の劇場で

わたしは喜びたわむれ

不思議な美しさを

目をみひらいてみた。

ふれがたき そのかたはみずから

みすがたをゆだねられた

ここに終わらせたまうなら

そうさせたまえーー

ゆく日には

こう告げてゆけますように。


ベンガル暦1317年スラボン月20日


内山眞理子試訳



 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 日のおわりに | トップ | オーウェンとタゴール詩 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。