ベンガルのうた 

内山眞理子の「ベンガルのうた」にようこそ。
ここは、エクタラ(一弦琴)のひびく庭です。
どうぞ遊びにきてください。

ベンガルのバウル歌 小泉文夫さんによる解説

2017-05-20 | Weblog

 

 

ベンガルのバウル歌

小泉文夫さんによる解説から

 

 

わたしの手もとに、一枚の貴重なCDがあります。

1978年ですから、もう40年ちかくまえですね、

当時、NHKのFM放送に、民族音楽を紹介するシリーズがありました。

番組名は「世界の民族音楽」で、民族音楽学者の小泉文夫さんが案内役でした。

小泉文夫さんは世界をくまなく回って、音のフィールドワークをなさった、70年代の半ばごろのことと思われます。

 

さて、このブログでご紹介するのは、1978年11月7日放送の、NHKのFMラジオの録音から。

最初にお断りしておかなければならないのは、じつは番組途中できゅうに思い立ってカセットテープ録音をしたため、番組の後半のみの紹介となります。このテープをしばらく前にCDに変換し、いまは筆者のバウル歌CDコレクションの貴重な1枚になっています。

というわけで後半部だけですが、それでもベンガルのバウルのことが、簡潔で短い解説のなかにきちんと伝えられていて、すばらしいのです。

 

なお、小泉文夫さんが収集されたバウル歌は、キング・レコード制作『ベンガルのバウル』(シリーズ「世界宗教音楽ライブラリー」)で出ています。また2003年以降、これは、同社制作「ザ・ワールドルーツ・ミュージック・ライブラリー」の『インド ベンガルのバウル』に引きつがれ、現在ははこちらのシリーズでCDが入手できるかと思います。

 

それでは、次回から2回くらい連続で、小泉文夫さんの解説のみをざっくり紹介していきたいと思います。

 

 ベンガルのバウル歌については、拙著『ベンガル夜想曲』(版元:柘植書房新社 2005年)もどうぞよろしく。

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 限りなきものよ タゴール | トップ | 小泉文夫さんバウル歌を語る... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。