ワードで秘真呟し(ひまつぶし)

ひまつぶし、日々の出来事や秘められた真実を一人呟いています。

米国迎撃ミサイル基地配備

2017-05-06 11:15:15 | 日記
>米国防長官、「弾道ミサイル防衛の見直し」指示、ICBM配備目指す北の脅威念頭に
5/6(土) 8:22配信

よほど迎撃ミサイルの性能が上がったのかアメリカは全国土を
カバーする迎撃ミサイル基地配置の見直しを本気で始めた

>漁船誤射でバレた台湾製「空母キラー」 “最強ミサイル”驚きの高性能とは…
2016.8.6 12:00
> 台湾で2016年7月1日、停泊中のミサイル艇が対艦ミサイル「雄風3」を誤って発射し、命中した漁船の船長1人が死亡する事故があった。その後の調査や報道で、台湾海軍の規律の緩みが浮かび上がる一方、「空母キラー」と呼ばれるこのミサイルの性能が注目されることになった。超音速で飛行し、小さな漁船を自ら探知して船体の中央部に命中した雄風3の性能の高さが、図らずも内外に示された形だ。
>雄風3は、台湾の国防部(国防省に相当)系列の研究開発機関「中山科学研究院」が自主開発した超音速の対艦ミサイル。同研究院は詳細を公開していないが、超音速であることや、シースキミングと呼ばれる海上を超低空で飛行する方法で目標に接近すること、終末段階はアクティブレーダー方式で目標を探知すること、射程は「100キロ超」であることなどを公表している。

今回の日米合同迎撃ミサイル訓練は日米共同開発と発表されたが日本の
大学研究所で研究開発されたものです、2月にハワイ沖にて日米合同実験を
行われていた、アメリカのICBM発射実験と照らし合わせると解ります
着弾地はマーシャル諸島でハワイ沖にて迎撃実験を行った、大きな
実験でもさりげなく発表されているので注意してみるとわかります
ひまヒマの妄想爺
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蓮舫という人物 | トップ | 危機対策 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。