堕落と墜落という文字は似てるね

息抜きの合間に人生を

やっぱり面白いんですわ、ウィザードリィ(戦闘の監獄)

2017-06-17 21:26:02 | ゲーム
こんばんわ、Ekdahlです。
今日も午後から歯痛。歯というか炎症している歯茎か。
耳の上辺りに響く。
ずっと痛むのではなく、時折ズキン!と痛む。
ってわけで、ロキソニンのお世話になってます。


さて。
10年以上前、XPマシンで戦闘の監獄をプレイ。
リュードの洞窟後半辺りで、他のゲームに手を出し、放置してしまった。
そのうちXPマシンがロートルになり、Windows7搭載PC(GTX580をSLIにした)に買い換える。
その際、戦闘の監獄のセーブデータをバックアップし忘れる。
Windows7環境では戦闘の監獄をインストールしたものの、
最初からプレイしなくていけないという事で、
モチベーションが上がらず、大分後になって2013年頃にプレイ。
だが、またも別のゲームにのめり込んで、放置する。
そして、昨年秋Windows10搭載PCへと買い換える。
ここでもやはりセーブデータをバックアップし忘れる・・・。
性懲りもなく戦闘の監獄をインストールはしておくが、数ヶ月プレイせず。
エルミナージュORIGINALがDMMでDL版をリリースとの報を聞いて、
無性にWizがやりたくなって再開したものの、
昨日の記事の通り手違いでセーブデータを消してしまう・・・。
そして、気を取り直してキャラ作り直してプレイし、
先程なんとか消してしまったデータと同じところまで来た。
デュエルの洞窟B5でレベルは9~10という所。
・・・何度この辺りをプレイした事かねぇ。
でも楽しいんですよ。
それと、戦闘の監獄や五つの試練の良いところは、
Wiz絵師末弥純のデザインしたモンスターが高解像度で見られる所にある、と思う。

LLYLGAMYN SAGAやNew Age of Llylgamynもキレイだったけど、
ちょっとグラフィックが小さめだったよね。

Wizはストーリーは兎も角、RPGとして非常に面白いし、楽しい。
レベルが上ったり、現状より少しでも良いアイテムが出ただけで、嬉しい。
これ、他のゲームじゃあまり感じないんだよなぁ、何故か。

ウィザードリィはコンピュータRPGの祖ではないにせよ、礎にはなってると思うんだけど、
日本じゃやはりドラクエだよね、RPGをメジャーなジャンルにしたのは。
ファミコン持ってなかったから、
ドラクエってⅠ、Ⅱ、V、Ⅸ位しかプレイしてないんだけど、俺。
Ⅲやってないのはどうよ?って話もあるが。
Ⅰは友人宅のFCで、Ⅱは自前のMSXでプレイしました。


プレイしては放置繰り返して、オマエ本当はWiz好きじゃないだろ?
と思われるかもしれないけど、好きですよ。
なんつーか、Wizも魅力的なんだけど、
学生と違って社会人になってから、半端に金あるから他にも魅力的なゲームがあれば手を出しちゃうのと、
仕事が忙しいのと、長期休みだと家族サービスもあるしって事で、
のんびりゲームしてる暇もないので、こんな事になっちゃうんだわ。

Wizで特に好きなのはVでしたね。と言うか、一番ハマったのがSFCのVでした。
プレイしていたのは専門学生の時。
高校時代、自宅のPC98でプレイはしていたんですが、専門学校進学時に家を出て寮住まいになってしまい、
PC98は父が仕事で使っていたものなんで、持っていけなかったんですよね。

で、専門学校入学前にSFCを購入し、「真・女神転生」を終わらせた後に、
SFC版のVを買ったんです(中古で)。
いやー、もうハマってねぇ。
98版の攻略本も持ってたし、サクサク進みましたわ。
クリア後もプレイ続けて、レベル3桁まで上げてました。
その頃は同時進行で「伝説のオウガバトル」もプレイしていましたね。
オウガバトルは何度もやり直して、エンディング「THE WORLD」を目指したモンです。
危うく出席日数足りずに卒業できないところでしたよ。


家で俗に言うテレビゲームを遊ぶようになったのは、小学校3年だった1984年でした。
1983年に発売されたファミリーコンピュータではありません。
家庭用パソコンのMSXです。
アスキーとマイクロソフトが提唱したMSX規格自体も1983年ですけれども、
CASIOが1984年に電卓基板のノウハウを駆使して低価格MSX PV-7を発売し、
それを父が買ってくれたんですよね、データレコーダーと一緒に。
ソフトは「エクセリオン(ジャレコ)」、「ちゃっくんぽっぷ(タイトー)」でした。
両ソフトは母と、今は亡き母方の祖母(同居してた)も遊んでましたねぇ。
30代だった父はたまーにベーマガ買ってきて、プログラムを組んで遊んでいたように思います。
俺もFCで遊ぶ友人たちを横目にMSXでBASICを独学で学び、基礎はここで身につけたように思う。
カセットテープで売られていたゲームも改造できたし。
それが高校卒業後に情報処理系の専門学校へ行くことに繋がるんだけど、
結局就いてる職は建築系の会社で営業職と言うw
お父様は学費返せって思ってるだろうなぁ。

そんなわけで、ゲーム歴は33年。
人生で初めてプレイしたRPGはMSX版ハイドライドだった。
アクションRPGなんで、取っ付き易いんですが、ゲーム中はノーヒント。
小学校5年の時の担任(まだ現役教員)がX-1版を大学生時代に(徹夜して24時間で)クリアしたというので、
先生にヒント貰ってクリアしましたねぇ。
そして中学生になった辺りで、父が仕事で使うと言ってPC9801VM21を購入し、
母が悲鳴を上げていた(本体・モニタ・プリンタで60万近かった)。
音源ボード非搭載で、お年玉等や小遣い掻き集めてFM音源ボードを購入。
この時に音源ボードは高かったのでNEC純正PC-9801-26Kは買えず、
互換音源ボードの「Little Orchestra PC-9801-26互換ボード」を購入。
音源チップはYAMAHA YM2203。
確か押入れにしまってあるよなーと思って探したら、あったわw

どーすんだ、コレw 98はもう実家にも無いし使い道ないよ・・・。
ちなみにどんな音が出るかと言えば、YOUTUBEにありました。


で、音源ボード積んでアホのようにプレイしたのが、
イースシリーズやソーサリアンでしたねぇ。
MSXではT&E SOFTのゲームをよくプレイしてましたが、
98でプレイしたのは今はすっかりPCでゲームを出さなくなった、
ファルコムブランドが多かったように思います。
エメラルドドラゴンやブルトンレイ、アークスなんかもプレイしましたが。
その後は、SFC、SS、PS、PS2、DC、XBOXと流れて、今はPCオンリー。
今のPCでゲームをするようになると、ゲーム機でプレイするのが億劫なんですよね。
自室にテレビが無いというのもあるんですけど。

なんか似たような記事を2006年にも書いてるねぇ、俺。
成長してないんだな、俺は。


あー、ゲームする時間が欲しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« セーブデータロスト 戦闘の監獄 | トップ | 始まりました、STEAMサマーセ... »

コメントを投稿

ゲーム」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL