還暦社労士の「ぼちぼち日記」

還暦を迎えた社労士の新たな挑戦!ボチボチとは、いい加減でなくせこせこせず確実に、人生の価値を見出そうとするものです。

週休2日の休日は、どちらが「法定休日」なの<就業規則の定め>

2012-07-01 14:01:07 | 社会保険労務士
法定休日と所定休日とは?

 週休2日制を取っている会社においては、その休日の日に勤務した場合は、その休日勤務について、全く違った2つの意味があります。労働基準法で定めている、与えなければならない休日は、原則として1週間に1日与えることになっているわけです。これを「法定休日」といいます。では、週に2日取っている休日の後の1日は、なんなのでしょうか。これは、会社が法以上に定めている休日として、会社の「所定」の休日として、「所定休日」と言っています。

 
 したがって、この法定休日に働いた場合に、法定休日労働と言い、また、所定休日に働いた場合に、所定休日労働といい、割増賃金の率に大きな違いがあります。労働基準法の割増賃金は、法定休日の場合は、3割5分増し以上にすればいいわけですが、所定休日の場合は、いわゆる時間外労働でして、一般的な2割5分増し以上であればよいわけです。すなわち、所定休日の労働は、休日とはいえ、法定休日ではないため、イメージとしては、仕事の終了時間後の残業としての扱いと同じ2割5分増しであればいいわけです。

 
 では、この法定労働と休日労働は、どこで区別しているのでしょうか。通達において、就業規則に法定休日を日曜にするとか、土曜日にするとか定めることが適当であるとされておりますので、この通達に沿えば、一般的には、就業規則に定められていることになります。

 
 しかし、適当であるとされてはされてはいますが、法的な義務ではないわけですから、かならずしも、法定休日が就業規則に定められているとは限りません。

 就業規則にどれが法定休日なのか定めていない場合には、どこで区別するのでしょうか。土日の休日のうちどちらか働いた場合は、働いていない日が、法定休日となります。一週間のうち1日の休日を取らなければならないので、働いていない一日が法定休日のなるわけです。

 では、土日どちらも働いた場合は、どうなるのでしょうか。通達では、降順、後ろの方に位置する日が法定休日になります。この後ろの考え方は、一週間は、月火・・・となっていますから、一般的には、後ろの方は、土曜日における休日が、法定休日になります。

 間違われる方がいるかもしれませんが、週の始まりは、日曜日であって、月曜日ではありませんので、注意してください。月火水・・土日であれば、後ろの方は、日曜日になりますが、月火・・・ですので、土曜日が法定休日になるのです。この週の考え方を変えるためには、同じ就業規則の中で、週の始まりは、「月曜日とする」とするしかないわけです。この場合は、月火水・・・土日なので、日曜が法定休日になります。

「法定休日」(行政実例を中心として)の説明へ 行政実例(国の解釈)を中心にして詳しく、「法定休日」「所定休日」の区別、そして割増賃金(2割5分か3割5分かなど)との関係について述べていますので、参照してください。
ジャンル:
宮崎県
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 事前の有給休暇申請方法を就業規... | トップ | 年によって異なる時間当たりの給... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。