神戸映像クラブのブログ

神戸映像クラブの催し・お知らせ等

神戸映像クラブ8月例会案内

2017年07月16日 16時36分02秒 | 神戸映像クラブ


8月例会のお知らせ
 日時:2017年8月  19日(第三土曜日)13時30分~
  場所:東川崎町老人憩いの家 神戸市中央区東川崎 6-4-13

              

7月例会報告
     
 【出席者】 石川 今井 上中 北沢 豊田 広瀬 
                       
松田 和田 8
作品上映

1『ぶらり京都・真宗本廟』 9分3秒 北沢 恂 Canon HF-G10
                     AdobePremierePro

    
 
ぶらりと訪ねたのは京都東本願寺。東本願寺は通称で正確には真宗
本廟(しんしゅうほんびょう)と言います。今やいたるところで外国
人観光客が見えますが、外国人どころか日本人も少なく、その分落ち
着いた映像となりました。BGMを全編入れるのではなくあえて控え、
ナレーションのみとしたり語りの途中から自然と音楽が重なるなど工
が見られました。門をくぐる処は歩き撮りでソフト上でも処理さ
ていました。今回の映像には動くものが無く歩き撮りのワンカット

効いていました。後半はナレーションが無くテロップのみとなって

ます。
奇妙な石垣が写っていました。臼や石柱は間に合わせで調達し
たのでしょうか。現代アートのような石垣ですが、そこのところを

り下げて頂きたいと思いました。
    

2『ドローンと私Ⅱ』5分0秒豊田敏夫 Sony FDR-AX35
                    AS200V EDIUS NEO3
             
 
ドローンを始めて1年がたつ作者。室内と須磨海岸の2シーンで構
成されてい
ます。映像から今回はあまり本腰を入れられていないよう
です。それもそのはず
発表映写会に備えて役所に出かけたり段取りな
どでお忙しいのです。
また一度の撮影でカメラ3台分のデータを管理
しなければならず頭も混乱されたようです。
 それはさておき、この1年間作者はドローンにはまりました。若者
なら習熟は早いのでしょうがなかなか思うようにはいきません。作品
とする時、失敗の映像だって苦労を表わすいい素材だと思います。

藤もあったと思いますが、今日に至る様子に物語性があります。エン
ディングではお気に入りの空撮をアップテンポで並べ、やりがいの有
った1年と言う構成はいかがでしょうか。
              

3 『季節外して』10分 今井俊也 Panasonic Lumix
                 FZ1000 V.Studio X8

    
 寒さを心配して出かけた利尻島、礼文島は思ったより気温が高く快
適な旅を楽しみます。もっとも観光バスは錆ちゃんちゃこの老朽バス
で、車内のシャンデリアがやけに豪華に見えました。利尻富士とも呼
ばれる利尻山は池によく映え残雪が美しい。自然の中を自分の足で歩
くコースも用意されていました。島一周360度の景観を楽しんだ後、礼
文島に向かいます。
 デジカメによる動画ですが、撮影モードがSDだったようで折角の性
能が活かせなく残念な映像になってしまいました。
PCの取り込みでト
ラブられたそうですが、その辺りも原因でしょうか。
BGMの方ですが、
全編一つの曲で通されていたのかと思いましたが、2曲使ったそうで
す。曲調が良く似ていて、後半の礼文島は少し趣を変えられた方がメ
リハリが出たように思います。
 

4『絵の具のできるまで』12分 上中孝三 Panasonic LX-100 EDIUS
                                                   NEO3.5
             
  未編集映像です。作者は版画やスケッチも嗜み、画材である絵の具

工場に出かけます。顔料によっては1か月に1回しか入荷できず、
常に高価な絵の具もあるとのことです。この映像を見るまではチュ

ブで買う絵の具は全て同一金額と思っていたので驚きました。係員

丁寧に説明されていましたが、機械音でかき消され聞き取り
にくいで
す。本編集では短いテロップでもいいので、有れば分かり易い
と思い
ました。
 映像の始まりは見ている人に期待感を持たせることが大切だと思い
ます。工場全体の構図や遠景の生駒山から引いて
工場がフレームイン
すると一体何を作っているのだろうかと興味
をそそります。と同時に
場所の説明にもなると思います。
              

 5『風をつかんで・・・』9分20 広瀬友三 Sony HDR-HC1 
                                             FinalCutPro7
   

 将棋の公式戦、加古川青流戦が行われる加古川ですが、それまでは
『加古川ツーデーマーチ』が唯一加古川発のイベントでした。全国か
ら健脚が訪れ、歓迎の意味も込めて凧揚げ大会が行われるようになり
ました。何十畳もある大凧を期待したのですが、大きくてもたったの
3畳凧。それでも変わり種凧も有り、趣向を競っていました。
たまたま知り合った凧の会会長の松下さんに製作中の取材を申し入れ
ました。最後の仕上げ紫式部の顔入れが撮影でき、ドキュメンタリー
風にしてみました。前年は雨で中止。本年は雲一つない天候で凧が大
空に映える幸運に恵まれました。
       

6 『瑠璃光寺と津和野』 11分04秒 松田享工 Sony HDR-PJ630V 
                                                V.StudioX9
    
 大阪南港を夕陽を見ながらの旅立ちです。まだ行先は分りません。

実はミステリーツアーで、到着したのは山口県の小京都 瑠璃光寺で
す。
翌日は津和野で、作者はかつて訪れており少々がっかりの旅とな
りました。でも天候に恵まれたのが救いでしょうか。
 前半と
後半とではナレーションの感じが少し異なるようです。ナレ
ーション
は苦労するところですが、質を保つためにはマイクとの距離、
一定の音
量、一定の速さ、防音対策、残響対策、などを心がけたいと
ころです。
別にお金をかける必要は無く、例えば自分の周囲をカーテ
ンを吊るす
だけでも違ってきます。また読む時は一気に読み上げない
と違和感が
残ったりします。マイクはカメラマイクでも十分だと思い
ます。
         

以上作者のコメント、ナレーション、会員の意見を中心にまとめてみました。

 
編集後記
 
父の日と言うことで子供からドローンが贈られました。日頃から忍者
のようにドローンドローンと言ってたからだと思います。はやる気持
ちで遊んでいると10分もしないうちにプロペラをへし折る。予備のプ
ロペラは内径が小さくて刺さらない。そのうちモーターの一つが動か
なくなってしまう。まだ床から10センチも上がっていないのにです。
箱を見ると中国製となっていました。既に1ヶ月も経つのに1歩も進ん
いません。それでもドローンの入り口に立ったことは確かで、今は
れで満足しています。(苦笑)

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸映像クラブ7月例会案内 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL