神戸映像クラブのブログ

神戸映像クラブの催し・お知らせ等

神戸映像クラブ5月例会案内

2017年04月22日 03時00分05秒 | 神戸映像クラブ

5月例会のお知らせ
 日時:2017年5月20日(第三土曜日)13時30分~
  場所:東川崎町老人憩いの家 神戸市中央区東川崎 6-4-13
                                              

★ 4月例会報告
            
 【出席者】 石川 今井 上中 北沢  坂口  豊田  広瀬
                            
松田  横山  和田  10

作品上映
1 『夜空を焦がして』 6分40秒 今井俊也 Sony VX2000   
                                                                            V.StudioX8
                                                      
 冬、奈良の風物詩と言えば若草山の山焼きです。最近では花火も登場し、
よりエンターテイメント性を高めています。作者はいきなり山焼きに入るの
ではなく、鹿のいる風景や消防団の様子を入れ期待度を高めていました。
印象は少し地味な感じがしましたが現場での興奮、例えば見ているお客
さん
の歓声とか表情が有ればと思いました。やや控えめの
BGMも影響して
いるのかもしれません。花火をズームで寄る時、フォーカスアウトする演出
は面白いと思いました。


2 『信州夏の旅』上中孝三 7分 Panasonic LX-100 EDIUS NEO3.5
                                                      
 お天気に恵まれてしゃれた感じの映像になりました。遠くに人が写って
います。カメラが近づくと絵を描いているところでした。趣味を同じくする
作者は声を掛けられるが、旅先の出会いとしてもうひとことふたことあれば
と思いました。作者のスタンスは絵を切り取って構成され、映画「男と女」
のように主観を極力排除し見る人に感じてもらうスタイルかもしれません。
スケッチの挿入は効果的でしたが、もう少し見たいものです。



3 『ドローン桜を撮る』6分30秒 豊田敏夫 ミニドローン
                                                                           EDIUS NEO3
 
                                                       
 しあわせの村で桜を撮ろうとしたが、人が多くなり手は擦りむくし家に帰
って来ました。近くの公園で飛ばすと今度は枝にひかかり自宅から竿を持
ち出すがこれは手慣れたもの。でも素晴らしいショットがゲットできました。
桜や電柱のすぐ上を飛行し、桜のトンネルをくぐる浮遊感が楽しめました。
小さなドローンは上空に行けば点ぐらいの大きさしか見えず、向いている
方向も分らず風にも弱い。既にミニドローンでは作者の要求には役不足
です。最後の着地は体操選手のように決めました。
 

4 『桜流るる春のお堀』4分4秒 広瀬友三 DJI OSMO FinalCutPro7
                                                          
 今年は気温が低く雨や強風にも耐え、桜は結構長持ちしてくれました。
お陰で花見
の真似事ができました。撮影ポイントは姫路城北側中濠です。
三の丸の方は大変な
人出ですが、こちらは閑散としています。車で通りす
がり、窓から撮りました。一方
通行をスローで走っているとすぐ後ろからタ
クシーがついて来、幸いクラクションも
鳴らされず3分ほどのノロノロ運転
に付き合ってくれました。営業妨害になったと思
いますが、この場をお借
りしてお詫び申し上げます(誰が見るねん)。この映像には
様々な偶然
(ラッキー)が重なりました。助手席の和田さんのご協力もその一つです。


5 『カニ三昧と三方五湖』11分20秒 松田享工Sony HDR-PJ630V
                                                                              V.StudioX8
                                                         

 三家族で出かけた旅の記録です。カニの甲羅には味噌がいっぱい詰ま
っていてほっぺが落ちそう。定番のカニ雑炊で仕上げます。これが目に焼
き付いたせいか、そのほかのことが思い出せないのです。あっそうそう三方
五湖ではかわらけで願を掛けたり、人気のメタセコイヤ並木を通り近江八幡
を巡る旅です。天候にも恵まれ楽しい家族旅行となりました。やっかみかも
しれませんが、カニ風景はもう少し短くされた方が良かったかもしれません。

6 『2017年マスターズ水泳大会短水路(横山)』 6分 横山雅典
                                           Olympus TG4Windows ムービーメーカー
                                                         

 頑丈な体の持ち主である作者は山登りのほかにスイミングをいそしみます。
日本
マスターズの一部門、競泳が催され年齢別に競います。短水路とは
25メートルプー
ルのことだそうです。ビデオを山登り仲間に預け、作者が登
場します。撮影場所は
選べずレンズが結露する不自由な撮影ですが、撮り
慣れない中 よく頑張っていました


7 『2017年マスターズ水泳大会短水路(福島)』 8分 横山雅典
                                          Olympus TG4 Windows ムービーメーカー
                                                          
 
 続いて登場するのは最高年齢部門87歳の福島さん。普段は毎日のよう
に練習に励みます。他に出場者が無いのでいつも金メダル独占?です。
淡々と進む競技ですが、福島さんを温かく見守るナレーションが退屈させ
ません。ただ福島さんのコメントが有ればと思いました。


8 『両国散歩』10分10 北沢  Canon HF-G10 
                                                                  AdobePremierePro
                                                        
 ツァーなのでしょうか、納得しなかった撮影のようで更に一日をかけて両
国を巡ります。忠臣蔵の吉良邸は広大な敷地だったそうですが、今は小さ
な一角にあり赤穂城との落差に作者は失望します。赤穂と両国で描く企画
は諦めることになりました。ナレーションの密度が高く、痒いところにも手が
届く味わいある作品でした。今回も歩数計が上がったことと思います。

9 『クラウンショー』 9分 和田正人
                           Panasonic AC-AG90 HC-WX970M EdiusNeo3
                                                       

 作者の活動レポートとしての作品です。普段はなかなか外へは出られな
い障害者を、仮装や化粧などすることによって一つの居場所を作り、社会
復帰を目指すクラウンショーを収めました。作者は応援の意味も込めてライ
フワークとしています。出場者に
DVDの形で提供し、イベントの反省や手
応えを感じられているそうです。


10 『花と華』
練り上げ作品 7分 石川 明 CANON iVIS HF S11
                                                                            EdiusPro8.31
                                                       

 花と華。面白いタイトルです。花とは桜、華とは中国人。桜に映える和服
ですが、
なかなか見たくても見られるものではありません。ところがここ清水
寺界隈では大勢
の和服姿がそぞろ歩きしています。作品には出ていませ
んが、タクシーの運転手は
「プリントの和服なんて…」と眉をひそめていた
そうです。おそらく旅行会社のキャッ
チコピーで「和服を着て京都を歩いて
みませんか」とか言うことでしょう。昼から夜に
かけての撮影で、清水寺の舞
台から俯瞰する同じ場所を夜、昼を並べられたり工夫
が見られました。まだ
制作途上で、ナレーションは絵を見ながら考えるそうです。
作品に命を吹き
込む楽しい作業ですが苦しんで下さい。(笑)

以上作者のコメント、ナレーション、会員の意見を中心にまとめてみました


編集後記
 私の町ではベッピンさんが多いことで有名な店が2軒あります。そのうち
1軒
は私のかかりつけの歯科医院です。新年度を迎えて新しく入ったスタ
ッフはやはりベッピンさんでした。歴代?の私を担当してくれたスタッフは
その中でもベッピンさんなのです。院長の暖かいご配慮に感謝するのです
が、腕がいいので1回で済むのが悩ましい。診察当日、女房の前でにやけ
た顔を戻すのが大変ですが、気分は朝からルンルンなのです。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神戸映像クラブ 4月例会案内 | トップ |   
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL