ケ・セラ・セラ なるようになるさ!

気張らずに、自然体で行きまっしょい。

加計学園問題

2017-05-26 | 国際・政治
 加計学園の獣医学部新設問題について国会論議は揺れている。
「総理の意向」忖度文書の存在について、文科省は否定しているが、昨日の前川前文科省事務次官記者会見で、確実に存在していると言明した。
 直ちに菅官房長官は、激しく前川前事務次官の発言を否定している。
先の森友学園問題、今回の加計学園問題ともに安倍首相、明恵夫人すなわち安倍一族を取り巻く友人関係者との関連であり、はなはだ疑惑に囲まれた問題である。
 文科省を初め関係官僚は真実を述べていないと、私は思う。
今の官僚は、憲法上の”国民全体への奉仕者”ではなく、安倍政権への奉仕者”に成り下がってしまった。
 真実を官邸・官僚がひた隠し、真実を国民へ知らしめない。
これは恐ろしいことである。先に強行採決した共謀罪にしても運用次第では戦前の治安維持法に匹敵するくらいの権限を政権・官僚の恣意に任せることとなろう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 世界情勢 | トップ | 船乗り込み »

コメントを投稿