gooEisen の とーくおーばー

一足 また一足。 

友がいて、花があって
時にお気に入りを見つけたらシャッターを押す

お疲れ様でした

2017-03-05 16:43:57 | 徒然なるままに
正月2日に入院していた母 2か月間 人工呼吸器をつけたまま 頑張ってくれましたが
先週日曜日に 逝ってしまいました。
人工呼吸器をつけた母の姿は痛ましく  主治医に食って掛かったり 
モニターを見ながら自問自答する日々が続いた。
医療サイドは 生命の維持が最優先。
患者、患者家族サイドの ”人としての 生きる”ことにある距離
その狭間 で葛藤。  
 モニターでは正確に 脈も 血圧も安定。
意志とは別に  呼吸器の作用で動く肺、打つ脈
納得はできないが時間とともにうけいれていく。
顔を拭いて髪を整えると いつものきれいな 母。

毎日通う病院の前のホームセンターで見つけた黄色いクリスマスローズ を買って庭へ
いくつかのつぼみが開いて可憐な姿。


大きな株になっていた白が絶えさみしくなっていたが
少し離れた椿の株もとにちいさなかぶが2,3つ。 その子たちが 花をつけた。


 椿や、からたち、柊南天、水木・・・植え込みの足元で  
5,6種のクリスマスローズ 花の色形を違えて さいている。


今年は少し大きい花を期待して ボタンに肥料を。
その残りを クリスマスローズたちにも入れました。 大きく育ってくれ!!




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

まだ寒い

2017-01-31 21:13:24 | 徒然なるままに
過保護かな
本来は寒くても平気な犬種のはずなのだが
やはり柔らかな温かさは惹かれるのだろう。
数年前に横浜のおじさんから送られた直径1mはあるだろうクッション二つ。
時間とともに変形して小さくなっていく。何年たってもやんちゃな親子。 
散らかった綿を拾い繕い直して。
今年は不要になったボア敷きパッドを袋にしてカバーに仕上げた。
気に入ったのかな。 ずーとクッションの感触を楽しんでいるような。
ネックウォーマーもプレゼント。
これも気に入ったようです。


 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017

2017-01-23 18:35:05 | 徒然なるままに
秒針が動くように 日々が過ぎていく。
年が明け 新しい風を運んで来るように孫たちの明るい声に
いい年になるだろうと。
2日の夕方 ショートスティに行っている母が救急で運ばれたと連絡。
それから  病院と葛藤に時間が過ぎる日々。
母の容態すこし安定し  庭の春を撮る


緑に少ない冬の2派はやや殺風景。

クリスマスローズを二鉢植えました。どんな花が咲くかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新幹線で4時間

2016-12-22 19:30:10 | 徒然なるままに
午前11時前 家を出発。新幹線に乗って東京へ。
のぞみであっても東京につくのは4時間余り。
都内で途中電車を乗り間違えて ホテルに着いたのが午後5時を回っていた。

友達に誘われて 懇親会に参加。
ホテルから会場までタクシーに乗る。
花金とプーチン氏の来日とで 渋滞…渋滞。
タクシー 運転手が申し訳なさそうに
何もなければ 15分余りで行ける距離なのにと・・・。
1時間近くかかってしまいました。
(東京に住む人であればタクシーには乗らないだろうな)
なんとか時間に間に合って ほっと胸をなでおろす。

翌日から 日比谷公園でのリスマスマーケットに
友達の出店 そこで お手伝い。
平常の生活とは全く逆、買い手が売り手になって
レジを打ったこともなく 初めはうろうろ。。
そのうち 人の動き、表情の動きが興味深く 面白くなっていく。
銀座の中のホテルに宿泊
何度か東京に来ているものの  街の美しさに感動。
建物、ウインドウ、付随したモニュメント 歩道、街路樹
通り行く人  流れる車  すべてが相まって絵となる。
 

ちょっとお茶目な像


 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

つるべ落とし

2016-11-13 11:07:58 | 徒然なるままに
半月ぶりのももぞのの里。
稽古を終え 遠回りして山道へ。
今月に入って 幾日か 夜に寒くなってきて
さすがに山も衣替え。

木立の合間を走る道 車を止めて 見る。   pm・4:48


木立が少し開けたところ 2軒の家。周りから何も音が聞こえないだろう静かな山間。
家わきの南天。 毎年真っ赤な身を付けている。
今年は道路の拡張工事の影響か やや 気の勢いが縮小。
ついた実の色は見事です。



底を通り抜けて峠に差し掛かる手前に私設の公園。
いつもロープを張られ立ち入ることが禁止されている。
が 道路からでも十分楽しませてもらえる。

下草もきれいに刈りこまれ、 直径30m弱の小さなスイレン池  それらが木々の姿を際立たせている。
春には桜、夏にスイレン、秋にもみじの紅葉。

山道を降りて国道180号線から県道 高梁川に沿って倉敷へ。
総社を抜けてくるころには 陽も落ち 
行き交う車のライトが景色の陰影を浮かび上がらせる。

大丈夫です 信号待ちでとらえた景色です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加