裁判長の記録帖

バスや鉄道など私の趣味を掲載させて戴きます。主にバス多め。ヘッダーは瀬戸内海交通で活躍中の58MC

宮交866

2017-08-10 17:18:38 | 西工58MC (宮崎)
宮交866
宮崎22か866

投稿日 2017-08-10 17:18:20

所有 宮崎交通
番号 宮崎22か866
社番 866
商標 U(UA33系)
車体 NSK58MC B-I
床下 日デ(PF6H)
型式 P-UA33L
年式 1989年式
所属 宮崎中央営業所

1989年に導入されたU33系+58MCです。宮崎では西工製車体の導入は多いものの、西工58MCに限っては少数派でB型スタイルでは僅か2台のみの導入となり、2台はそれぞれ宮崎22か866•867が付与されています。この時期の大型車両にはいすゞ純正や富士重車体のUDで特に後者が長尺仕様での導入で幅を利かせておりました。

U33系でU32系からUA44系移行する僅かな時期に発売されたもので、角型前照灯でフォグは市光正方形を始めベゼルも1989年からは彫りが深めになった新型が標準装備となり、パッと見ではUA44系の前影のような印象が見られることもあります。

公式側を切り下げていないB-IでエアサスTS仕様の低床標準尺です。側面窓は黒サッシ逆T字窓の拡大版で非公式側非常口より後方の窓はスペース確保により標準サイズが嵌め込んでいます。運転席横窓は西工が標準とされているサイズを採用しています。扉は前扉は狭幅2枚折戸で中扉も2枚折戸が選択されています。ナンバーステーは標準位置に収まり、リア窓は一枚ガラスを嵌め込まれ、リアフラッシャーはT65-21を装備しています。冷房はデンソー直結を搭載。







ではまた──
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 昭和0633 | トップ | 宮交867 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

西工58MC (宮崎)」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL